義史のB型ワールド

2009年7月14日

お好み焼屋の跡地に出来たお好み焼屋で焼きそば食べた・・・。味は至って普通・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 11:08 PM
 
代理人記録
 
ワーナーマイカル加古川へ映画を観に行った時に時々利用している加古川サティ1Fのレストラン街の中にお好み焼屋がある。確か、以前は『楽天』とか言うお店で、私も偶に利用した事があったのだが、昨年辺りにお店は閉まっていた。が、その後、暫くして再びお好み焼屋がオープンした。きっと店内の設備の関係、あるいは競合店の存在の有無もあって、新しく開くのもお好み焼屋さんしか無い!と言う事なのだろう・・・。で、今回の新しいお店は、今や、この近辺では珍しくなってしまった明石焼きを店頭で焼いている貴重なお店。そんな事もあり、オープン当初から気にはなっていたのだが、如何せん、前のお好み焼屋の印象が良く無いのと、見た目的にも安っぽい(以前とほとんど一緒だが)ので、中々、足を近づける事が無かったのだった。
 
が、先日、映画を観た後、無料の生ビールも飽きて来た?し、車だったし、お腹もあまり空いて無いし、などの条件が揃ったので、その気になっていたお好み焼屋さんに入ってみた
 

こちらが加古川サティ内のお好み焼屋「楽天」の跡に出来たお好み焼・明石焼のお店あすな路加古川サティ店』。パッと見、個人経営の小さなお店に見えるのだが、一応チェーン店って事で、サティ系のショッピングセンター等に数店舗あるらしい。何時もは店長っぽいおっさんと、パート風のおばさん数人で営業しているのだが、この日はおっさんは居なかった。何時も焼いてるのがおっさんだったら、ちょっと残念な日だったかも・・・。
 
で、お店の看板にはお好み焼と明石焼となっていて、最近は明石焼が食べれるお店が減ったので、明石焼でも食べようかと思ったのだが明石焼きを食べると生ビールが欲しくなるような気がしたので、ここはオーソドックスに?焼きそばセットを食べる事に。
 

こちらがこの日食べたあすな路加古川サティ店の焼きそばセット730円也。焼きそばにおにぎりが一個と小鉢が付いただけの、物凄くシンプルなワンプレートなセットだ。テーブルに鉄板があるお好み焼屋さんだと、鉄板を熱して、その上に焼きそばを置くスタイルが多いが、このお店は鉄板は使わずにプレートの上に盛り付けた状態で運ばれて来た。何と無く喫茶店スタイルの焼きそば定食っぽい感じがする。
 
私は某サラリーマン時代から結構、ランチタイムに焼きそば定食を食べるのが好きで、最近食べた焼きそば定食をこのブログから探してみても『大西食品の豚焼きそばセット』、『荒井にある定食屋の焼きそばセット』、『明日香の焼きそば定食』、『喃風/別所店の満腹どんぶりランチ』、『喃風/東加古川店の焼きそば定食』、『喃風/二見店の焼きそば定食』、『喃風/加古川西店の焼きそば定食』と結構な割合で食べている。それ以外にお好み焼を食べに行っても真っ先に頼むのは焼きそばだし・・・。
 
で、ランチタイムに食べる『焼きそば定食』に限定すると、値段と内容で『喃風/別所店の満腹どんぶりランチ』が圧勝かな?確かにちょっと値段は高いけど、白ご飯が豚丼だしボリューム満点だし、味も悪く無いし・・・。機械があればまた行ってみようと思うお店なのであった。
 

で、話はそれたが、今回のメインである焼きそばはこんな感じ。麺は良くある市販品に近いような業務用の細麺。具は豚肉、キャベツ、モヤシ等で、これまたシンプル。ソースはたっぷり目で、まさに家庭的な雰囲気と味がするオーソドックスな焼きそばだった。可も無く不可も無く・・・、と言う印象かな
 
こちらは小鉢で中身は大根サラダ。まあ、普通の味だったけど・・・。
 
てな事で一応、お店が入替わり、新しくなった加古川サティのお好み焼屋さんだけど、内容的には以前と大差の無い・・・、魅力の足り無いお好み焼屋さんみいたいな感じだった。明石焼は一度は食べてみたいので、もう一回ぐらいは行くかも知れ無いが、明石焼きの味次第では、その次の訪問があるかどうか決まるのであった・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。