義史のB型ワールド

2009年7月9日

佐世保バーガーじゃ無いけど、特大バーガー食べた。でもお値段はホテルなので、高けえ!!!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:04 PM
 
代理人記録
 
今でこそB級ご当地グルメブームに乗って佐世保バーガーが全国的に知名度を上げ、巨大バーガーと言えば佐世保バーガーと言われるぐらいの代名詞になっているが、そもそもの始まりはアメリカンバーガー。幼い頃から、映画、特に洋画が好きだった私は、アメリカ映画のワンシーンに良く登場する、NYの街角で自分の食べたい具材をチョイスして食べるホットドッグとか、マクドとは比べ物にならないほどの大きさのハンバーガーに憧れを抱いていたものだ。
 
10年ほど前、まだソフマップ神戸がハーバーサーカスにあった頃に、ハーバーサーカスの1F(だったと思う)に、その巨大なアメリカンバーガーのお店がオープンしたので、ぜひ食べてみたい!と思ったのだけど、当時はそれほどアメリカンバーガーが世間的に認知されて無かった事や、食事として中途半端(お酒を飲む場でも無いし、ご飯代わりにはちょっと・・・みたいな)な存在だった事もあり、食べに行こう!と友人・知人を誘っても、それに乗っかって来る人は居なかった。(そのお店自体も長続きしないまま、消えてしまったし・・・)
 
時代は移り、B級ご当地グルメのブームが到来、漸くその巨大バーガーと言うのか、アメリカンバーガーと言うのか、要は佐世保バーガーってのが、全国的に広まって来て、最近では大阪でもなんばや梅田のあちこちに巨大バーガーを出すお店が増えて来ている
 
そんなわけで、古くから巨大バーガーに憧れを持っていた私なので、ここ数年、加古川や姫路の百貨店で行われている長崎物産展等でもB級ご当地グルメとして佐世保バーガーが登場するようになったので、チャンスがあれば、買って食べている。今年もちょっと前に食べた佐世保バーガーを紹介したばかりだが、物産展と言う場所柄、作りたてをその場で直ぐに食べると言うわけに、中々行かない。その時も家まで持って帰って食べたので、若干冷めてしまったのが、残念。
 
そんな最中、雑誌の関西ウォーカーとラマダホテル大阪が、期間限定で巨大バーガーを発売する!って言う事を小耳に挟んでいたので、先日、大阪へ出掛けて行った際に、ちょこっと足を延ばしてその巨大バーガーを食べに行ってみた。まあ上でも書いたように、大阪まで来ると、今では梅田のヨドバシカメラにも佐世保バーガーのお店があったりして、特に珍しいほどでは無くなって来ているのだが、今回のコラボバーガーは期間限定!って事で、今しか食べれ無い!って事もあり、このホテルまで行って来たのであった。ヨドバシカメラの佐世保バーガーはまた次回?って事で・・・。
 
まずは今回食べた巨大バーガーのご紹介から・・・。関西ウォーカーの宣伝文に寄ると、
 
~関西ウォーカー15周年×ラマダホテル大阪~ コラボバーガー
200食以上のバーガーを食べ、バーガーブロガーでもある関西ウォーカー編集部・藪氏と、ラマダホテル大阪の総料理長・吉田泰宏が「無類のハンバーガー好き」という共通点のもと、関西ウォーカー創刊15周年の記念にふさわしい、こだわりのスペシャルバーガー制作が実現!!
 
との事。まあ、個人的には藪って言う人も知らなければ、ラマダホテル大阪ってのが何処にあるのかも知らなかったのだけどねえ・・・。(ラマダホテル大阪近くの豊崎町は最近、豊崎麺ず倶楽部として良く話題になっているけど・・・。)
 

で、ラマダホテル大阪は中津にあるって事で、梅田から歩いてもそう遠くは無いのだが、午後からお仕事?の話をしに行く予定があったので、こんなとこで時間を取ってる場合じゃ無い。って事で一駅だけど地下鉄で移動。ラマダホテル大阪は地下鉄御堂筋線・中津駅に繋がっているので、直ぐにホテルに到着。1Fのカフェレストランの前には、御覧のような巨大バーガーの見本が展示されている。早速、お店に入店。場所的に閑散としたホテルかな?と思っていたのだが、このカフェのバイキング形式のランチが人気のようで、物凄く賑わっていて、大半の客がバイキングのランチを食べている。この雰囲気の中で、ハンバーガーを頼む勇気は・・・、と思ったら、一応、他にも何組かの客がこの巨大バーガーを食べていた。って事で私も早速、この巨大コラボバーガーを注文!!!
 

間も無く(嫌、結構待ったかも)して運ばれて来たのが、こちらの『~関西ウォーカー15周年×ラマダホテル大阪~ コラボバーガー』、でお値段は何と1500円也!!!当然、ドリンクは別料金。午後からの事も考え、当たり障りの無いコーヒーでも頼もうかと思ったのだが、コーヒー一杯が500円ぐらい。どうせな500円も払うなら!って事で、コーヒーを止めてグラスビールに変更。上の写真の右隅に写っている、グラスビールがそれなのだが、このサイズでも一杯500円也。中津と言うちょっと梅田からも新大阪からも離れた場所にあるホテルって事で油断していたのだが、お値段的には一流ホテル並みだった・・・(てか、一流ホテルみたいな・・・)。
 

 
改めて、巨大バーガーのご紹介!!!お皿の上には巨大バーガーの他にフライドポテト、それにブロッコリーやヤングコーンの小さな野菜のピクルスが添えられている。パッと見、フライドポテトで腹膨らませろ!って感じに見えなくも無い・・・。で、コラボバーガーの中身は・・・、ホテルの案内文に寄ると、
 
コラボバーガー内容
バンズ バーガーの味を最大限に引き立たせる天然酵母の風味と甘みが特徴。
パティ 15周年にちなんで、ずっしり重い150grmのジューシーな牛肉と良質な豚肉を使用。
ソース ホテル特製のソースを使用。ちょっぴりスパイシーなソースです。
その他 クリーミーで芳醇なコクのグリエールチーズや、柔らかい厚切りベーコン、カラッと揚げたオニオンフライと相性の良いタルタルソース、そして新鮮野菜もたっぷりサンドしました。
と言う事らしい。なんちゅうても一流ホテルの作るハンバーガーですからねえ・・・、期待しないわけが無い・・・。
 

とは言いつつも、一個1500円もするハンバーガー(100円マックが15個食べれる値段だっせ!)、おいそれと一気に食べてしまうには勿体無い!って事で、まずはじっくりと観察する事に。あらためて見ると、沢山の具が挟まれてある関係で、結構な高さがある。一体どうやって食べるのか?特にスタッフのおねえちゃんからの説明は無かったので、被りつくなり、フォークとナイフで切り刻んで食うなり、自由にしろ!って事かな?
 

コラボバーガーを真横から見るとこんな感じ。作る工程に合わせて下から見て行くとバンズの上にレタスを引きつめ、まずその上にトマトを、そしてメインの具であるずっしりとしたパティ。その上にグリエールチーズ、更に厚切りベーコンを乗せ、一番上にはこれまたちょっと分厚いオニオンフライが挟まれている。佐世保バーガー定番?の卵は、どうやら使って無いみたいだ
 
そしていよいよとこの巨大ハンバーガーを食べる時が来た。どうやって食べようかな?と思案したのだけど、何はともあれ、ハンバーガーと言えばやっぱりそのままかぶりついて食べるのが醍醐味。てな事で、上からちょっと押しつぶしながら持って、がぶり!と一口!!!
 
こちらが一口目、噛り付いた後のコラボバーガーの断面。色んな味が一気に口の中に広がるホテル特製のソースやらオニオンフライの上にかかったタルタルソースが、これまた旨い!!!当然の事だろうけれど、ハンバーグやオニオンフライをそれぞれ単体で食べても美味しいんだろうなあ・・・、と思わず想像してしまう旨さだ。でもやっぱ食べ難い。かぶりついて食べていると、どんどんと形が崩れてくるせいもあって、持ち難くなるし、当然、かぶりつき難くもなる。てな事で、後半は素直にナイフとフォークで・・・、と言いつつも、実際のところ、ナイフとフォークを使っても食べ難かったのだけど・・・。でも味だけは大満足!!!
 
ただ値段はやっぱりちょっと高いよねえ。ドリンク代から換算すると、ホテルって事で約1.5倍の値が付を付けてるようで、実際のところは1000円ぐらいのハンバーガーかな?お腹の満腹度も、体調もあるだろうけど、ちょっと前に食べたヤマトヤシキ加古川の佐世保スペシャルバーガーの方がボリュームあったような気がするし・・・。
 
てな事で、今回は期間限定販売の『~関西ウォーカー15周年×ラマダホテル大阪~ コラボバーガー』ってのを食べて来たが、このコラボバーガーは一日150個限定で、しかも7月12日(日)迄って事で、後わずかしか日が残って無い(って事もあり、ちょっと早目にご紹介。とは言いつつも、もう一週間ほど前の話だけど・・・)。
 
次は素直に?ヨドバシカメラのレストラン街に誕生した佐世保バーガーのお店とか、なんばパークスにあるアメリカンバーガーのお店にでも行ってみようかな?

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.