義史のB型ワールド

2009年7月7日

私が育てた?姫路のずんどう屋も、早4店目。来年には大阪にも進出する予定だとか・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:44 PM
 
代理人記録
 
7年前の今頃、パソコンショップのT-ZONEとジャスコが連携したJ-ZONEと言うお店でパーツを買う為に良く姫路のジャスコ岩端店に行っていた。30番さん家のパソコンのCPUやマザーボードを買ったあのお店だ。その帰り道である国道2号線東向き沿いに、時を同じくして新しいラーメン屋さんがオープンした。昔長柄のラーメン好きである私がそのお店を見逃す訳が無い。早速、入ってみると背脂たっぷりのこってりスープに、トッピングする前に一度、七輪で炙ったチャーシューなど中々斬新なラーメン屋さん。一気に私はそのお店のファンとなり、その後、先輩、甥っ子、そして管理人さん、30番さんと、数多くの人にそのラーメン屋さんを紹介して来た。そのお店の名は、ご存知『ラー麺ずんどう屋』。私の布教活動のおかげ?もあって、今では姫路を代表するラーメン屋さんとなった。(当時、店主は神奈川で塩ラーメンが有名だった中村屋に勉強行ったりした・・・、と言うような話も小耳に挟んだような・・・。)
 
当然の如く、当時は本店しか無かったのだが2007年には姫路駅前地下に2号店が、2008年には3号店の姫路南店がオープンし、そして今年になってからは先々月の5月に4号店である『姫路北店』がオープンした。しかも予定では来年辺りに大阪にも進出する予定らしい。『ラー麺ずんどう屋』の誕生以来、温かく見守って来た私なので、ちょっと場所は遠い?のだけど、ご祝儀の意味も兼ねて『ラー麺ずんどう屋姫路北店』に行ってみた。
 

こちらが先月の5月頃にオープンしたずんどう屋の4店目の店舗となる『ラー麺ずんどう屋姫路北店』。国道312号線沿い、二本松の交差点から私の大好きな「海老とステーキかもめ屋」方面へちょっと進んだ西側にある。この近辺には以前「大統領(その後、桃太郎にチェンジ)」と言うラーメン屋さんがあったり、手前には今直、営業している「関白(偶に改名してたが)」と言うラーメン屋さんがあったり、もうちょっと進むと「真実(まこと)」と言うお店もあったりで、もうちょっと範囲を広げると、その倍位のラーメン屋さんが乱立する、ちょっとしたラーメン激戦区にもなっている。ただ、どのお店もイマイチマイナーなので、世間一般的にはあまりラーメン激戦区と言う意識は無い・・・。
 
で、この4号店だが、外から見た感じは『姫路南店』並の大きな店舗に見えたのだが、幅は兎も角、奥行きが狭くて、中へ入ってみると結構、窮屈な感じのする耕造になっている。今回は、新店チェックの意味合いも混めて行ってみたのだけど、場所柄、あるいは店内の雰囲気から考えると、もう二度と行く事は無いかな(ずんどう屋へ行くなら姫路南店とか駅前地下店に行くと思う・・・)。
 

とんこつ系のラーメン屋さんでは最近定番となりつつある、食べ放題の高菜。ラーメンに入れるも良し!ご飯のお供にするも良し!まあ、ラーメンが来る前に食べ過ぎると、口の中に辛さが残ってラーメンの味が判らんようになってしまうと言う欠点もあるが・・・。
 

このお店は出来たばっかりなので、普通なら定番の元味らーめんを食べるのだが、ずんどう屋の元味らーめんは既に食べ飽き気味だし、7年前のオープンの頃に比べて明らかに味が変わっているし・・・。って事で、この日は今までまだ食べた事が無かったメニューの『和風らーめん』を注文。最近増えて来た白菜入りの・・・、しかもこれまた最近多い、魚介系あっさりのスープらしい。ずんどう屋二店舗目の姫路駅前地下店がオープンした時は『和風ゆずそば』ってのがメニューにあったのだが、今は全店統一メニュー?となり「和風ゆずそば」と言うメニューは無い・・・。
 
ちなみに『ラー麺ずんどう屋』の新店オープン時には、ホットペッパーとか新聞折込チラシとか、あるいは駅前で配っているチラシに餃子無料券が付いて、私が「ずんどう屋」で餃子を食べる時は、何時も無料だったのだが、今回は見逃した?のか、餃子無料券を入手出来なかった・・・。てな事で、この日はラーメンだけを食べたのだった・・・。
 

こちらが今回食べた和風らーめん780円。単品のラーメンでこの価格はちょっと高いかも。まあ、半分だけど、味玉も入っているし、具沢山?に見えるからこの値段でも仕方無いのかな?それにしてもラーメン鉢が大き過ぎるのか、スープが少ないのか、全体的に少量に見えてしまうのだけど・・・
 

麺は定番の細麺かちぢれ麺が選べるとの事だったので、和風スープには中太っぽい方がエエかな?と思い、ちぢれ麺を選択したのだけど・・・、うーん、イマイチ、ちぢれ麺に見えないのだけど・・・。まあ、ちぢれ麺のちぢれ度合いってのが、どんな基準なのか良く判らんので、お店的にこれが当店のちぢれ麺です・・・、と言われるとそれまで何だけどねえ・・・。私にはストレートの細麺に見えるのだけど・・・、視力が落ちたかな?
 

和風らーめんの売り魚介風味のスープに、白菜が入っている事。白菜の他にも白髪ネギやら青ネギがたっぷり入っていて、何と無く健康的?スープも何時もの、こってりしたずんどう屋のスープとは違う、あっさりで、それなりに美味しかったかな
 
何時もならスープも最後の一滴まで飲み干すのだけど、底の方には魚粉?が溜まっていて、これが結構、しつこい味だったので、底の方は残してしまった。この魚粉?こそが和風らーめんの命の素とも言える、存在なのかも知れ無いが・・・。
 
てな事で、私が育てたと言っても過言では無い?(まあ、そこまで押しては無かったか・・・?)姫路のラー麺ずんどう屋の4店目の支店に行って来たが、実のところ、このお店のラーメンは開店当初の頃と何か変わってしまったような気がしている。最初の頃はもうちょっと醤油味のあるようなスープで、チャーシューもひと手間かけて炙ってからトッピングしていたのだが、今はそんな事はして居ないような・・・。お店自体が有名になり、大きくなって、しかも大阪へまで進出すれば、私もそれなりに鼻が高い?ってもんだけど、何かこのままだと希望軒とかの二の舞になるような気がする・・・。もう一度、原点に戻って開店当初の味を追求して欲しいような・・・

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。