義史のB型ワールド

2009年7月2日

京都・滋賀からの帰りに西神そごうに寄って鮨を食べた!久々の菊水だ!!!

Filed under: — 代理人 @ 10:07 PM
 
代理人記録
 
京都・滋賀大津の旅行は、ホテル出発後、特に当ても無く、琵琶湖大橋までぐるっとドライブした後、早々に帰路に着く事に。朝ご飯もしっかりと食べ、その後もケーキセットを食べていたので、昼ご飯は抜きにしたのだが、それじゃあ、夜までもたんでしょ!って事で、反対に夜飯も兼ねての遅めの昼食を取る事に決定。高速道路に乗っているので、その路線から大きく外れるのは得策では無い!って事で、久々?に西神中央にある西神そごう内の菊水に寄ってお鮨を食べる事にした。
 

こちらが西神そごうレストラン街にある、明石菊水西神そごう店。西神には隣のホテルのマグロ解体ショーバイキングや、この西神そごうレストラン街にある中華の名店(の支店)東天閣にも来た事があるので、この菊水西神そごう店の前は何度も通った事があるのだが、お店に入るのは今回が初めてだ。午後の3時近くと言う時間帯だったのだが、そごうと言う場所柄か、店内には数組の客で賑わっているし、我々の後からも、まだ入って来る客が居た。そう言う意味では結構流行って居そう?鮨屋はネタの都合もあるので、流行っているお店で無いと新鮮なネタが食べれない。客の入りが良いって事はそれなりにネタに期待が出来る・・・、はず・・・。
 

まずはお店のショーケースでメニューを確認。私は迷う事無く『特上にぎり』に決定!!!やっぱお鮨と言えば・・・、特上ですよねえ・・・、と言うか、マグロづくし、あるいは大とろづくし見たいなのがあれば、そっちを選ぶ事には違い無いのだけど・・・。
 

こちらが実際に食べた明石菊水西神そごう店の特上にぎり、赤出汁も付いて3990円也。特上にぎりって事で、どうしても最近良く行っている加古川の与多呂の特上にぎりと、内容や値段を比べてしまうが、与多呂は赤出汁が付いて無いし、海老の生では無い。反対に菊水は赤出汁付きで、海老も生海老だけどその分、値段が高い。まあ、どっちもどっちってとこかな。嫌、どっちのお店も好きなんで、どっちでもエエって事ね。
 

あらためて特上にぎりのネタをご紹介。奥から烏賊、とろ、鯛、ハマチ、生海老、とりがい、海栗、蒸し穴子、それに穴キュウ巻きが二個、後は海老の鬼殻焼き。特上にぎりとしては定番の鮨ネタとも言える。久々に食べる生海老や、香ばしい鬼殻焼きも美味しかった。その他のネタも、与多呂と甲乙付け難いぐらいに美味しかった。
 

とは言え、やっぱり鮨と言えば毎度の事ながら『とろ』。この日の『とろ』はこんな感じで、大きさ的にはちょっと小ぶりな気がしないでも無い。とろの霜降り度も、若干少なめ。だぁけぇどぉ、実際にお口の中に入れると・・・、ふわぁ~っとぉ、とぉろぉっとぉとろけて行く・・・嫌ぁ旨いぃ!!!見た目以上に旨いぃ。やっぱとろですねえ、とろ!!!ホンマ、とろばっかりでエエのに・・・。
 
こちらが特上にぎりに付いていた赤出汁。(多分)鯛の切り身も入っていて、ちょっと濃い目だけど中々美味しい赤出汁だった。与太呂でも吸い物や赤出汁だけ頼むと500円するからきっと菊水でも500円ぐらいなんだろう。そう考えると特上にぎりの値段の差は生海老か、そうで無いかの違いぐらいか。
 
 
 

ちなみにこのブログを始めるちょっと前に菊水明石桜町本店で食べた特上にぎりはこんな感じ。その前には、同じく菊水明石桜町本店で、上にぎりを食べたらとろが中とろだったので、この日はリベンジして特上にぎりを食べに来たのだった。味はすっかり忘れてしまったが、ネタの内容は、今回、西神そごう店とほとんど同じ(とりがいが無い?)みたいな。
 
こちらは同じく菊水明石桜町本店で食べたあなご棒すし菊水はあなごの棒すしも名物なんだけど、この日の棒すしは、ご飯がちょっとべちゃっとしていてイマイチだったような記憶が・・・。
 
てな事で、京都・西本願寺大津プリンスホテルの一泊二日の旅の締めくくりは、明石菊水の特上にぎりで〆たのだが、本来ならば、京都か近江辺りで、近江牛とか食べて帰りたかったかも。何はともあれ、一泊二日の旅ではあったが、西本願寺を結構うろうろしたせいもあってか、結構疲れた旅なのであった
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。