義史のB型ワールド

2009年6月27日

6年前に泊まった滋賀ロイヤルオークホテルで食べた中華料理は旨かった!!!

Filed under: 旅行,中華料理 — 代理人 @ 11:14 PM
 
代理人記録
 
ただいま旅行中・・・、って事で続けて6年前のメールを御紹介。この時のディナーは中華料理を食べたのだが、我が人生の中で一番美味しい中華料理だったかも。
 
 
今回の旅行の目的は滋賀ロイヤルオークホテルに泊まること。と言うことで、ホテルには午後4時前には到着。後はホテル内をうろうろ。
てな感じなので、夜食までが非常に長かったのでした。で、昼は和食、2日目は近江牛ってこともありホテルでは中華料理を選択。
 
ホテル内の「湖園」(ふーえん)と言うお店でした。
 
 
①まずは前菜
鶏肉に海老、くらげの盛合わせ。後から思うとこれは要らないような一品だった・・・。
 
 
蟹肉入りフカヒレスープ
2500円プラスするとフカヒレの姿煮に出来ますと言われたが当然の如く、却下された。私は姿煮が食べたかったけど・・・。

でもこのフカヒレスープは美味しかった。蟹身も沢山入っていたが、ベースのスープが美味しい。フカヒレ自体は量的にも少なかったけど、何杯でもお替りしたくなるようなスープだった。
 
 
鮑のXOジャンソース煮込み
お昼の鮨に続いて鮑だよーん。でも鮑の煮込みは初めてだ。これもソースが美味しい。個人的に鮑はそれほど好きでは無いけど、ソースが美味しかったから何も言うことは無い。
 
 
伊勢海老
メニューには本日の海老料理としか書いてなかったけど、何と出てきたのは私の大好きな伊勢海老だった。しかも中納言で食べた伊勢海老よりもかなり大きかった。当然、味も最高。下のソースは余分なくらい。やっぱ伊勢海老は旨い!

 
 
↓は綺麗に殻から身を外した状態。既に半分ほと食べた後だが、美味しいからもう一枚写真を撮ってみた。海老の頭の後ろのミソも残ってて、こちらも美味しかった。うーん、伊勢海老最高! ナイフと比較してもらうとその大きさが判る・・・。

 
 
北京ダック
伊勢海老を食べてる間に持って来た北京ダック。でも食べてる間に店のスタッフが巻いてくれました。でも北京ダックって皮の味より味噌の味の方が強いよねえ・・・。実際、お店の人も味噌が自慢と言う店多いし・・・。本国では北京ダックを焼く専門の人が居るくらいの料理なんだけど、日本ではどうなんだろう・・・。 と言うことで↑の北京ダックは普通に美味しく食べれました。
 
 
牛フィレ肉の特製ソース
お肉は柔らかかったけど、味はソースの味しかしない。まあ、この時点でお腹満腹になってしまったってこともあり、半分どうでも良い料理になってしまっていたかな?
 
 
炒飯
締めのご飯ものは、季節の食材を使った炒飯。炒飯自身も美味しかったが、上に乗っているシラスを揚げたようなのも香ばしくて美味しかった。ただシラスの量は多すぎ。シンプルに炒飯だけでも良かったかも。
 
 
デザート
タピオカとココナッツ入りのアイスクリーム。これも美味しかった。
 
 
ホテル内の店と言うことで、あまり期待はして無かったけどどの料理も美味しかった。伊勢海老が出たのもポイントが高い。
 
てなことで非常に満足の行った夕食でした。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。