義史のB型ワールド

2009年6月21日

冷しゃぶうどんを頼んだのだけど、どう見ても中華麺にしか見えないのだけどお!!!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 7:54 PM
 
代理人記録
 
比較的近くにある飲食店って事もあって良く利用している『喜両由』。今回も手っ取り早く夕飯を・・・、って事で、またまた『喜両由』へ行って来た。一般的には讃岐うどんのお店で通っているのだがかつめし丼ぶり、あるいは定食系のメニューも豊富で、私も最近は、もっぱらうどん以外のメニューを食べているのだった・・・。
 

偶には別の角度から見た『喜両由』の様子をどうぞ。この日は確か土曜日の夕刻・・・、って事もあって店内の半分以上の席が埋まっていて、後からも続々と客がやって来る。相変わらず高砂界隈では人気のようだ
 

で、GW明けぐらいから目に付きだした夏メニュー張り紙。『冷麺始めました!』って中華料理屋とかラーメン屋の定番の文言だけど、うどん屋でも似たような事を書くのね・・・。うどんやそばやソーメンは判るのだけど、冷めんって・・・。中華風の冷麺の事なのかな・・・。直接は関係無いとは思うけど、この冷めんってのが、後で暗い影を落とす事に・・・・・・
 

壁に夏メニューの張り紙はされていたが通常のメニューにも季節メニューとして普段から記載されている。ちなみに冬メニューは牡蠣をメインとした料理で私も以前食べた事がある「カキフライ定食」とか「カキ鍋定食」等。まあ牡蠣なんで、冬しか駄目なんでしょうけど、冷しうどん系って冬にあっても良さそうな気はするけど・・・。
 
で、この日、私が食べたのは・・・、やっぱ普通の冷しうどんじゃ満足出来ない(その癖、値段も高そうだし)。てな事で、注文したのは「冷しゃぶうどん定食」。冷しゃぶうどんに、おにぎりと小鉢とお漬物が付くセットだ。
 

こちらが実際に運ばれて来た『冷しゃぶうどん定食』、990円也。冷しゃぶうどん単品だと840円で150円アップでおにぎり、小鉢、お漬物が付いている。定食価格は兎も角としても、単品で840円するうどんだと考えると結構高いような気もする・・・
 

メインの冷しゃぶうどんはこんな感じ。パッと見ると、サラダうどん?みたいな感じの物に、豚肉の冷しゃぶが上に載って、それにごまダレがかかっている。冷しゃぶは至って平均的な味で、可も無く不可も無く。
 

レタスやトマトたっぷりのサラダを食べ進めると漸くうどんの姿が・・・・・・・・・・、って麺がどうみてもうどんじゃ無いぞ・・・。店員のおばちゃんは自身たっぷりに『冷しゃぶうどん定食です・・・』と言って持って来たから間違い無いはずなんだけど・・・。大阪にはそばの太さに近い細うどんってのがあるので、最初は細うどんなのかな?と思って食べてみたけど、どうみても、どう味をかみ締めても中華麺のような・・・。これって絶対に冷麺用の麺だよなあ・・・。冷しゃぶうどんはこれが普通なのかなあ・・・。お店の人に聞いてみようかと思ったけど、もう大分、食べ進んでしまったので、今回は泣く泣く?このまま食べたのだった・・・。
 
誰がどう見ても、絶対にうどんじゃ無いよなあ・・・。それとも正直者にはうどんに見えるのかなあ・・・。
 
こちらは冷しゃぶうどん定食に付いていた小鉢で、中身はカボチャとかフキとかを煮たもの。家庭的な素朴な味だった。まさに定食の小鉢!!!って感じかな。
 
てな事でまたまた『喜両由』に行って来たが、この日食べた「冷しゃぶうどん」の麺はどう考えてもおかしい。もう一回食べて確認してみたい気もするけど、また同じ麺だったら、それはそれで悲しいし、仮にうどんの麺だったとしても、全体的にはサラダうどんっぽくてイマイチっぽかったので、もうどうでもエエかな。喜両由』のうどんは基本的に好きなのだけど、今回だけは麺疑惑やらお出汁も何と無く好みの味では無かったので、もう食べる事は無いかも。しかしふと思ったのだけど喜両由』で長い間、そばって食べて無いなあ・・・。次回は久々にそばでも食べてみるかな・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。