義史のB型ワールド

2009年6月12日

コンビニ弁当シリーズ?今回は角の☆印弁当!!!肉たっぷりと思ったら!!!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:02 PM
 
代理人記録
 
私は駅弁も好きだが、ご存知の通り?コンビニ弁当も結構、好きだ。今の若者はコンビニ世代と良く言われるが、私なんか、まだ巷にほとんどコンビニの姿が無かった頃に始まり、コンビニの黎明期(れいめいき)の頃から良くコンビニを利用していた、正に真のコンビニ世代なのだ。当時、大阪に住んで居たのだが、近くの酒屋がコンビニに変わったり、大好きだった明石焼き屋のお店が地上げに合い、これまたコンビニに変わったりと、大阪に住み始めた頃にはほとんど姿が無かったコンビニが、大阪を出る頃には、街中が溢れんばかりのコンビニだらけになっていたのだった・・・
 
で、そんな頃から良く利用していたコンビニ弁当だが、コンビニの黎明期には全く無かったが、今ではすっかりお馴染になっている弁当に、有名料理店やTVとタイアップした、企画物のスペシャルな弁当がある。この手の始まりと言えば、定期的に発売されて、その度に私も買って食べていた「神田川の弁当」が最初ぐらいじゃ無いのかな・・・。今では、私も把握出来ない位の数多くの企画商品・弁当が出ているので、反対に関心も薄くなってしまったのだが、先日の『わだ家特製アッコのW焼肉弁当』に続いて今度は『ちちんぷいぷい角の☆印弁当』ってのを買って食べたので御紹介!!!
 

コンビニの入口やあちらこちらで、このような「ちちんぷいぷい角の☆印弁当」のポスターやポップが貼られていて、知らない人でも、自ずとなんじゃらほい?と目を引く様なぐらいの力の入った宣伝をしている。
 

買いに行った日は発売間も無い日でしかも毎日放送系で朝から晩までTVのCMがかなりの頻度で流れてた事もあり、ちちんぷいぷい角の☆印弁当は売り切れ寸前。偶々一個だけ残っていた弁当をGET!
 

こちらが買って帰ったちちんぷいぷい角の☆印弁当695円也。コンビニ弁当としては結構高い方の部類だ。で、この弁当のコンセプトは
 
・夏だけど、「美味しいすきやき・揚げ物の入ったちょっと贅沢な和風のお弁当」を食べたい!
・近畿地区2府4県の食材を取り入れた、地産地消のお弁当を作りたい!
 
てな事らしい。
 

弁当の中身はこんな感じ。値段がちょっと高いが、その分、おかずの品数も結構多いような気がする。すき焼きには白いご飯が合うような気がするが、ご飯は塩飯おむすびと梅おむすびの二種類が入っている。見た目的にも結構豪華。
 

公式サイトに書かれたちちんぷいぷい角の☆印弁当の中身の説明図。こう言った企画物の弁当は、解説を見ながらおかずを食べる方が美味しいように思うのは、私だけ???おかずの種類も豊富で中々楽しそうでしょ。
 

で、こちらがTVのCMで盛んに宣伝していた「夏にすきやき!おいしいやん!」でお馴染の、ある意味、ちちんぷいぷい角の☆印弁当のメインのおかずである、黒毛和牛のすきやき。生卵では無く、大根おろしのつけダレで、さっぱりと食べるすき焼きとの事。本当に黒毛和牛なのかどうかは別として、弁当のおかずとしては十分美味しい
 

黒毛和牛のすき焼きもお肉たっぷりやん!!!と思ってお肉を食べていると、何と肉の下には・・・うどんの姿があーーーっあ!!!これって、思いっ切りの嵩上げやん!!!しかもすき焼きの中にうどんが入っているなんて何処にも書いて無いやん!!!これって完全に食品偽装?と言うのか、誇大広告?と言うのか、何かそんな感じで、目茶印象悪いやんけえ!!!
 
すき焼きの他、もう一つのメインのおかずとも言える「鶏とキャベツのはさみカツ」と海老フライとジャガイモのフライ。「鶏とキャベツのはさみカツ」ってのが、ちょっと楽しみであったのだが実際に食べてみると、鶏なんだか、キャベツなんだか良く判らん味。ちょっと期待し過ぎたかも・・・。
 
てな事で、コンビニ弁当とは切っても切れないくらい、依存度の高い生活を送っているような日々であるが、今回食べた弁当は文句を言いつつも中々楽しいお弁当だった。次回はどんなコンビニ弁当に出会えるのだろう・・・。こちらもまたお楽しみの一つなのであった。

兵どもが夢の跡!!!明石ラーメン波止場に続いて姫路城下らーめん宿場町も・・・???

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:58 PM
 
代理人記録
 
ラーメンまこと屋の話題が出た処で、関連ネタをもう一つ・・・。5年位前に姫路・広畑にホームセンター・ムサシがオープンした。その2Fに、当時のフードテーマパークのブームに乗っかってラーメン店が6店集まった『姫路城下らーめん宿場町』が一緒にオープンした。オープン当初はそこそこの客が集まっていたが、その一年ぐらい前にオープンした明石ラーメン波止場に比べ、イマイチ有名なお店が出店していなかった事もあり、徐々に客足が遠のき、その後、お店の入れ替えは何度かあったものの、2、3年前からは閉店するお店も増え、今ではあとから入った『ラーメンまこと屋』だけが残っているのみとなってしまった・・・。
 
こちらがつい先日、ホームセンタームサシに寄った際に見に行った『姫路城下らーめん宿場町』の跡地?。思い起こせば、ここが出来た直後には『尾道らーめん柿岡や』と言うお店に並んでまでして食べたのだが、このお店、尾道らーめんと言う看板を揚げながら尾道にお店は無く、本店は東京と言う、まさにご当地ラーメンブームに便乗しただけの粗悪ラーメンチェーン店。姫路城下らーめん宿場店オープンの半年後ぐらいに、JR明石駅高架下にも明石店がオープンしたのだけど、私の予想通り、姫路店・明石店共々直ぐに閉店してしまった味に煩い関西では当然の結果だと思うが、未だ東京にはお店が残っている処を見ると、やっぱ東京の人って自分の舌より頭で食べているんだなあ・・・、って思ってしまうのでが・・・。
 
で、その後も忍者ラーメンとか、トマトラーメンとか、何か亜流のラーメン屋さんばかりが出来て、それに釣られて何度か行っては見たものの、徐々に魅力は薄れ、今や風前の灯(って言うのか実質、潰れているのだが・・・)。まあ、完全に跡形が無くなってしまった明石ラーメン波止場に比べると、当時の面影?を残していると言う点では、まだまし?でももう復活する事は無いだろうねえ・・・。
 
で、現時点で唯一営業しているラーメン屋がご存知?『ラーメンまこと屋』。昨年の秋に姫路・別所のマックスバリューの敷地内に、今年に入ってからは加古川野口のイオンタウン野口内にオープンしたラーメンチェーン店だ。以前にも書いたが本店は大阪にあり、元を辿って行くと、あの島田紳助が出資した?『ふかひれラーメン専門店』の店主がやっているチェーン店なのだ(多少の勘違いがあるかも知れ無いけど・・・)。
 
こちらが今も営業中のラーメンまこと屋/姫路城下らーめん宿場町店。この日は平日の夕方近くって事で、ほとんど客は居なかったけど、未だ営業しているって事は、土日だと多少、お客さんは入っているのかな?まあ、姫路・別所加古川・野口にお店が出来た事もあり、私がこのお店に来る事は二度と無いと思うけど、果たして何時まで続くのやら・・・。
 
ちなみにホームセンタームサシ姫路店の1Fには大阪で事件を起こして有名になった『ペッパーランチ』の支店もあったのだが、そちらも一足先に閉店してしまい、唯一残っている飲食店がこの「ラーメンまこと屋」なのであった。まあ、ホームセンター内に食べ物屋さんを作ったってところが、そもそも大きな間違いなのかも知れ無いけど・・・

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.