義史のB型ワールド

2009年6月1日

八角グループのスタンプラリーのポイント稼ぎに久々にぱっぱ屋へ。まだまだ先は長い・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 8:33 PM
 
代理人記録
 
ラーメンの八角グループが発行しているポイントカードは結構お得って言う話をちょっと前に紹介した。で、今そのポイントカードのスタンプを貯めているのだが、有効期限が半年後に迫って来ていながら、未だ半分にも達していない事が判明。こりゃいかん!って事で、スタンプ集めに久々に別府にある大衆食堂「めし炊き名人ぱっぱ屋」に行って来た。
 

こちらが久々に行った八角グループが展開する大衆食堂「めし炊き名人ぱっぱ屋」別府店。全国展開している巨大めし屋チェーンの「まいどおおきに食堂」に対抗して八角グループが始めたお店と言うような感じのお店で、このお店が流行れば、ラーメン八角やお好み焼屋「うまいもん横町」同様にチェーン店化をしたいのだと思うが、今の処、そこまで流行っているとは思えないので、今のところ保留っといった感じかな・・・。
 

こちらが「めし炊き名人ぱっぱ屋」別府店の店内。毎回、同じような時間帯に行っているのだが、流行っているようでもなければ、ガラガラでも無い、何と無く中途半端な客の入りだ。いっそガラガラだったら営業的に閉店なり、他のお店に衣替えも出来ようものなんだろうけど・・・。
 

で、今回食べたおかずは、ちょっと少なめでオムレツとミンチカツ、それにご飯の中のみ。ビールを飲む関係で、今回はみそ汁とか豚汁は止めた。「まいどおおきに食堂」とか街中にある一品の定食屋さん等に行くと、ついつい料理を取り過ぎて、高く付いたり、お腹一杯になり過ぎたりする事が多い。今回はメインっぽいおかずを二品選んだので、ちょっと我慢してこれだけにしたのだった。
 

まずは個人的には久々に食べるオムレツ288円也。オムレツって家で食べなくなってからは意外と食べる機会が無いものなのよね。ソースが特別なのか、最初からソースをかけた状態でラップに包まれて置いてあった。
 

オムレツの中身はこんな感じ。我家でオムレツと言えば、玉ねぎやバラ肉を使った野菜炒めっぽい具を卵で包んだ物だったが、想像していた物とは違い、ジャガモとコンニャクが中心で、卵生地とソースを一緒に食べていると、何と無く高砂名物にくてん焼きを食べているような食感と味がする。これはこれで美味しいし、ソース系の味って事もありご飯とも良く合う。それ以前にビールのおつまみとしてもピッ足しだったかな。
 

もう一品選んだのは、こちらのミンチカツ188円也。定食屋さんに有りがちな、揚げ置いて冷めたミンチカツだったので、お店に備え付けのレンジでチンして食べる事に。
 
ミンチカツの中身はこんな感じ。流石に揚げたてのジューシーさは全く無いが、普通にスーパーで売っているようなミンチカツの味で、まあ普通にご飯のおかずにはなったかな?
 
てな事で久々に「めし炊き名人ぱっぱ屋」に行ったけど、イマイチ活気が無いのと、おかずの全体数も少ないような・・・。昼間はもうちょっと流行っているのかも知れ無いが、夜は地味に客が入っていると言う印象。お店的には「かつめし」や「カレーうどん」、あるいは「朝ごはん」等を前面に出して、宣伝しているようだけど、今のところ、どれも成功していないみたい。おかずが、もっと美味しいとか、名物料理が誕生したら、このお店もブレークするのだろうけど、今のところ、このまま収束していきそうな予感がする・・・

WordPress.com Blog.