義史のB型ワールド

2009年5月29日

話題の花畑牧場生キャラメル、並んでも買えないけど、豚丼と一緒なら買えるって???

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:26 PM
 
代理人記録
 
知る人ぞ知る、今、超人気の生キャラメルがある。田中義剛が牧場主を務める北海道・十勝/花畑牧場の生キャラメルがある。今までのキャラメルの食感とは全く次元の違う食感!と言う事で、一部で話題になっている、人気の生キャラメルだ。北海道のお店とか空港でも入手困難!、ネット通販も販売開始直後に売り切れると言う人気商品で、山陽百貨店/北海道大物産展でも、この生キャラメルを買うには早朝から並んで整理券を入手しないと買えないと言う代物
 
が、しかし、先に書いたように「花畑牧場ホエー豚亭の豚丼」を食べると2箱だけ一緒に買える!って事で、話のネタ・・・、と言うのかブログネタ、あるいは知合いへのプレゼント用に、ちょこっと買ってみた。
 

こちらが巷で超人気沸騰!入手困難な北海道・十勝/花畑牧場の生キャラメルの箱。今までに無い食感の秘密は『口の中でやわらかくとける冷凍タイプのキャラメル』との事。まあ、この辺りの情報?はTVや雑誌で、すっかりお馴染だけど・・・。
 

北海道・十勝/花畑牧場の生キャラメルの箱を開けたらこんな感じ・・・。
 

中身はこんな感じで、生キャラメル12個入り。この一箱のお値段は850円って事で、一個、約70円のキャラメルだ!!!
 

こちらが超話題?の花畑牧場の生キャラメル・プレーン。生キャラメルには全部で12個入り。一箱750円だから一個、約70円也。中々高価なキャラメルだ。で、お味・・・、噂どおり、口の中に入れると噛まなくてもそのまま溶けて行く。普通のキャラメルとは全然違う全くの別物と言うような感じ。まさに新食感と言う言葉通りかな?でも、やっぱちょっと甘い。まあ話のネタに買っては見たけれど、個人的には一度食べてみたら、もうエエかな・・・。
 
ちなみに花畑牧場の生キャラメルの箱の中には、田中義剛ご挨拶も入っておりました。大ブームになって、ぼろ儲けでウハウハなんだろうなあ・・・
 
で、この超話題の花畑牧場の生キャラメルは、早朝から並ぶ、あるいは、今回の私のように、ホエー豚丼を食べると2箱だけは買えるのだが、それ以外は購入不可。しかし生キャラメル売場には新商品の『NEW TYPE』(キャッチコピーは「生キャラメル」を超える生キャラメル新登場!との事)ってのが売られていて、こちらは並ば無くとも購入可能。まあ、並ばんでも買える?って事は、それほど人気が無いわけで・・・、実際、並ぶどころか、自由に商品選び放題。てな事もあり、こちらもブログネタ?って事で一箱買ってみる事に・・・。
 

こちらが今回買った『北海道・十勝/花畑牧場の生キャラメル ~New Type~』。普通の生キャラメル同様、数種類の味があったのだが、売場のおっちゃんに聞くと一般的なのはこれ・・・、って事で「ホワイト&ブラックってのを購入。2種類の味が楽しめる?と言うのがNEW TYPEの売り文句らしい。
 
ちなみに

パッケージの絵は、北野 武 氏描き下ろし!
黒い猫が、遠くにいる恋人の白い猫を見つめているという作品は、2種類の生キャラメルを使用したこの商品にぴったりです。
プレミアム!漆黒のパッケージです。

だそうです。
 

生キャラメル ~New Type~』の箱の中にも田中義剛の挨拶文が入っていた。
 
 

生キャラメル ~New Type~の箱を開けるとこんな感じ。こちらは一箱980円?・・・、だったかな?
 

生キャラメル ~New Type~を食べてみると・・・。おお!!!二種類の味と言うのは、外と中身が二種類になっているって事のようだ。中身は所謂、生キャラメルで、その回りをちょっと苦味のあるブラックチョコっで包んでいる。生キャラメルの単調?な味に飽きたら、こっちを食べてね?みたいな感じなのかな?
 
お店の公式サイトに寄ると、

従来の生キャラメルの特徴である「手造り」ならではの柔らかな食感、そのままお口に放り込むと舌の上であっという間に溶けてゆく「今までにない口溶け」。その生キャラメルのみを使用し、すべてプレーンをベースに、各フレーバーを二層に練り込み、お口に入れた瞬間に溶け、「ホワイト」はプレーン&蜂蜜にこだわったホワイト、「ブラック」はプレーン&香り高いビターなチョコ。
2種類の味が同時にお楽しみいただける新感覚の「生キャラメル」です。

だそうです。
 
てな事で豚丼を食べに行った序でに、ブログネタとして、思わず買ってしまった『北海道・十勝/花畑牧場の生キャラメル』ではあったが、噂どおり中々楽しいキャラメルであった。後日、ヤマトヤシキ加古川店の「うまいもんまつり」でも売られていたが、例に寄って早朝から並ばないと買えないみたい・・・。その影響か、今まではダントツの人気を誇っていた六花亭『マルセイバターサンド』は、大量に売れ残っていた・・・。以前は、生キャラメル同様に、あっと言う間に売り切れていたのにねえ・・・。人の心は移り変わりが激しいものだ・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。