義史のB型ワールド

2009年5月19日

GW中も、もんどの限定ラーメン登場で、またまた長蛇の列!!ラーメン食べるのも一苦労でんな。

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 9:04 PM
 
代理人記録
 
すっかりこのブログでお馴染になった東加古川にある新在家ラーメンもんどからGW中に限定ラーメンで『塩ラーメン』を発売すると言う案内が来た。もんどの『塩ラーメン』は既に何度も食べているので、行こうか行かまいか思案したのだけど、この日の昼間は特に予定も無かったので、様子見がてら行ってみた。
 

もんどは限定ラーメンがある日は必ず行列が出来ているのだが、どの程度の行列が出来ているのかは、お店に着くまでは判らない。この日は昼からちょっと用事があったので、ランチタイムど真ん中?となる正午前後にお店に到着案の定・・・20~30人の行列が出来ている。この時間はお店のオープンと同時に入った客がぼちぼち出て来る時間帯なので、回転は良いはず?なのだけど、一向に行列は進まない。何度か帰ろうと思ったのだけど、列に並んでしまったので、とりあえず待ってみることに。
 

ちなみに、お店の入口や壁には関西ウォーカー誌主催の賞『関西殿堂店2009』を受賞した事が書かれたパネルや張り紙があちこちに飾られていた。先日は新聞の折込チラシも発行したそうで、そのチラシみたいな物も貼られていた。その影響もあってかこの日は何時も以上に客が集まっていたのかも知れ無い。結局、40分ほど待たされて漸く店内へ。正直、今回はちょっと待ちくたびれました・・・。まあニュースで見る高速道路の大渋滞よりはマシだと思うけど・・・。
 

今回案内された席は、厨房が良く見えるカウンター席の一番奥。何時もは気持ちの良い接客・応対なのだが、この日はお店も客が一杯でパニックになっているのか、すっかり私の存在は忘れられたよう水もくれない・・・)で、こちらから催促するまで注文を取りに来てくれなかった。もんどに何度も行っているが、こう言う事は今回が始めてだったが、やっぱ客が多い日って手が回りにくいのよねえ・・・。でも普通、カウンター席の客を忘れるか?ちゅうの。
 

で、一番奥のカウンターのそのまた奥を覗くと加古川ブラック用のラーメン鉢が積まれている。その隣には鶏白湯ラーメン熟成味噌ラーメンに使われている和風ラーメン用の鉢も積まれていて、次の出番を待っているようだ。以前にも書いたが限定ラーメンの種類ごとにラーメン鉢を変えるこだわりが、ラーメンへの愛情となって伝わって来るようで、その辺りがこのお店の人気の秘密なのかも知れ無い
 

外では長時間待たされたが、ラーメンを注文してからは意外と早かった。で、こちらがこの日食べた限定ラーメンの『塩ラーメン』、前回は750円に値上りしていたが、今回は元の値段に戻って680円也。適正価格?に戻したのか、食材の都合なのか私には判らないが値段が安いのはありがたい。
 
で、お味・・・。流石に何度も食べていると加古川ブラック同様、最初に食べた時ほどの感動も無くなって来たが相変わらず美味しいスープだ。長時間並んだ甲斐があると言うもんだ。具のチャーシューも味玉も美味しかった。限定ラーメンの種類に寄ってチャーシューも異なるのだが、このチャーシューはレギュラーメニューに使われているものと同じかも。
 

塩ラーメン』を食べた時恒例の干し海老のお姿をどうぞ。この日は何時も以上に干し海老が浮いていたような気がする。ちなみに麺も塩ラーメン』用の極細ちぢれ麺で、他の限定ラーメンとはまた違う麺で、これまた楽しみの一つになっている。
 
何時もの如く、スープまで完食したのだが今回はラーメン鉢の底に塩粒ならぬブラックペッパーっぽい物が溜まっていた。今までの塩ラーメンこんなに沢山のブラックペッパーって入っていたっけ?次回、食べる事があれば注意してチェックしてみようと思う・・・。
 
てな事で、またまた限定ラーメンに釣られて行ってしまったもんどであるが、このように何度も登場する限定ラーメンもあれば、鶏白湯ラーメン熟成味噌ラーメンのように滅多に登場しないラーメンもあって、食べたい時に食べたいラーメンを食べれ無いってのが、一番の難点のような気がする。次回はぜひ、久々に『蔵出し醤油ラーメン』が食べたいと思うのだけど、如何なもんでしょ?

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.