義史のB型ワールド

2009年5月17日

ラーメン横綱にもつけ麺登場!でもインスタント生麺だけど・・・。

Filed under: カップ麺とインスタント麺 — 代理人 @ 9:38 AM
 
代理人記録
 
14~15年程前、私が京都に住んで居た頃に週一ぐらいで通っていたのがラーメン横綱」。このお店では持ち帰り用の生麺パックが特殊製法により、麺を別に湯掻かなくてもインスタントラーメンみたいにスープの中に麺を入れて作れるタイプだったので、帰省する際に時々、管理人さん邸に御土産で持って行った事がある。
 
私が良く行っていた京都南IC店以外にも支店は沢山あるのだが、京都、大阪で、しかも郊外にしか無いので、京都から戻って来て以来、全く行く機会がなくなってしまったのだった。(甥っ子の下宿に泊まった際に行こうとした記憶があるのだが・・・、その後どうなったか覚えて無い・・・)
 
そんなラーメン横綱だが、時々、スーパーで生麺タイプを、コンビニで冷凍版を売っていたりするので、偶に買って食べている。何度かこのブログでも紹介した事はあるのだが、先日スーパーに行くと、ラーメン横綱のつけ麺!ってのを発見!!!昨今のつけ麺ブーム?に乗っかって、横綱もつけ麺を販売したのか、インスタント用だけなのか定かでは無いが、元々、ラーメン横綱は大好きだったし(そら週一回行ってたぐらいだもん)、つけ麺の出汁が濃厚豚骨醤油味って事で、早々買ってみた。
 

こちらがスーパーで売っていたラーメン横綱製つけ麺の生タイプ。つけ麺と大きく書かれているので間違う事は無いと思うが、ぱっと見た感じは普段売っている「ラーメン横綱の生麺」のパッケージににているような。
 

裏面にはこのつけ麺の特徴と共に、ラーメン横綱の紹介文が書かれてある。ここに書いてあるように、ラーメン横綱は京都を中心に展開するラーメンチェーンで、屋台のラーメンと言うよりも、今風のこってり豚骨醤油ラーメンと言う感じのスープで、ネギが入れ放題だったり、ちょっとピリ辛に出来るニンニク辛しが用意されていたりで、結構、私の好きなラーメン屋さんなのであった。
 

中身はこんな感じ。麺とスープのみのシンプルな内容。麺は当然の如く生麺で、スープも濃縮液体スープ。
 

最近とある処で貰った新兵器の登場。約2リットルのお湯が沸かせて、しかも麺の湯切りようが出来るざる付きのお鍋だ。これで生麺タイプのラーメンを作るのも簡単?になった?
 

そして完成したラーメン横綱製つけ麺はこんな感じ。ラーメン鉢の「らぁめん青葉」の文字はご愛嬌・・・。つけ汁の中にはスーパーで買った薄切りのチャーシューも入って居る。袋には「濃厚豚骨しょうゆ味」となっていたが、個人的にはちょっと物足りない。つけ汁と言うよりも、ちょっと濃い目のラーメンスープと言う感じだし、イマイチコクとか旨味が無いようなスープ。やっぱ「もんどのつけ麺」のような濃厚こってり魚貝風味たっぷりなつけ汁を期待しちゃ駄目よね。
 
麺はこんな感じ。普通のラーメンに比べるとやや太麺だけど、まあ、そんなレベル。どうって事の無い麺だったかな。
 
てな事でスーパーで売ってた「ラーメン横綱製つけ麺」を買って食べてみたが、やはりインスタントレベルの味だったかな。個人的にはラーメン横綱のラーメンは好きだったのだが、もう15年以上お店では食べていないので、久々に食べてみたいような気がする。その時はつけ麺では無く、普通のラーメンを食べようっと!!!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。