義史のB型ワールド

2009年5月15日

姫路のとんかつ屋さんシリーズ?カウンターだけの小さなお店だけど・・・、高い!

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:45 PM
 
代理人記録
 
以前から時々、姫路のとんかつ屋さん巡りをしているが、営業時間が短くて前々から気になりつつも、一度も行く事が出来なかったとんかつ屋さんがあるのだが、先日、姫路に行った際、お店が開いていたのでちょこっと寄ってみた。
 

こちらが今回行った『とんかつ赤心本店』。姫路おみぞ筋にあるカウンター7席だけの物凄く狭いお店だ。今は無くなってしまったが、ずーっと以前に食べに行ったこだわりのカツ丼のお店「安兵衛」が隣にあった。この近辺は昔長柄の姫路の香りがする、ちょっとレトロな一角で、今回行ったとんかつ屋さんは、まさにそんな昭和の香り漂うチープなお店なのである。
 

店内はカウンター席のみで、若いご夫婦?とおばさんの3人で接客から調理まで行なっていて、メニューは真正面の壁に張られているだけ。一応、とんかつ屋さんなので、とんかつを食べるつもりでお店に入ったのだが、先客の大半はヤキメシと豚汁を食べていて、一人がカツ丼を食べている・・・、って事で、とんかつを食べている客は居ない・・・。後から来たおじいさん?はヘレとんかつとエビフライを頼んでいたが・・・。
 
で、私は初訪問と言う事もあり素直にとんかつのセットを注文。セットの内容はとんかつと豚汁と白いご飯と言うシンプルな内容。ただセットとは言う物の、値段は単品で頼んだ場合の合計と全く同じなので、お得感は無い。
 
 
最初に出て来たのがこちらの豚汁と白ご飯。この豚汁は一杯400円する。味的にはサッポロ一番味噌ラーメンのスープを濃くしたような、味噌味の濃い豚汁。豚肉ゴロゴロで、玉ネギも存在感が十二分に伝わる大きさと量が入っていて中々楽しいが、値段を考えるとちょっとどうかな?と言う印象。個人的には、もうちょっと味噌味を控え目にして出汁の味を前面に出して欲しいかな。それと値段はやはり300円までで無いとちょっと高いような気がする。
 

豚汁とご飯を先に食べていると揚げたてのとんかつが登場。第一印象はちっちゃぁ・・・・・。単品で550円する割りにはスーパーの揚げ物売場で売っているとんかつよりも一回りか二回りは小さいような気がする。今まで食べて来た姫路のとんかつ屋さん(『とん龍』『ふなこし』『むさし』)のとんかつと比べても、ちょっと小さいような気がして成らない。でお皿にはケチャップが添えられているのと辛しも別途出て来た。ソースはテーブルに用意されたトンカツソースを使うようだ。でも意外とケチャップだけで食べても中々美味しい。でもやっぱ極々普通のとんかつと言う印象かなあ・・・。やっぱ今まで食べたふなこし』や『むさし』の方が美味しいような気がする。何よりも、このとんかつと豚汁とご飯のセットで1150円もするのは、お店の雰囲気とか場所柄を考えるとかなり高い気がする。個人的には850円レベルの味と内容だと思う。
 
後からあらためてメニューを見るとカツ丼850円、天丼950円と、それぞれの専門店と比べても高めの値段設定になっている。店内が広々としてゆったりした席で食べるならいざ知らず、狭苦しいカウンターで食べる料理としてはやっぱちょっと高いよねえ・・・。まあ、お店の人達の愛想は凄く良かったので、その分が値段に上乗せされている(あるいは誤魔化している)のかも知れ無いが・・・。
 
てな事で、漸く行く事が出来た、ちょっとレトロな感じのするとんかつ屋さんであったが個人的にはこの値段と内容なら他のお店を選ぶかも。ただ、ヤキメシが意外と人気らしいので、次回訪問する事があればヤキメシを食べてみようかな?と思うのであった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.