義史のB型ワールド

2009年5月9日

東加古川にあるハンバーグ屋さんに行ってみた。素朴な感じのするお店でんな。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 10:52 PM
 
代理人記録
 
先日、行こうとしたらたまたまその日のディナータイムだけお休みだった東加古川の県農の近くにあるハンバーグのお店にあらためて行ってみた。
 
昼の様子
こちらが今回行った「Kitchenまなべ」、お店の紹介文に寄ると100%国産和牛を使用した手作りハンバーグと鉄板焼きステーキの店との事。私が良く利用しているミスター・バーグびっくりドンキービッグボーイ等のチェーン店とは違い、細々と個人でやっているお店のようで、基本的にはランチタイムの女性客でもっているような感じのするお店だ。
 

Kitchenまなべ」の店内はこんな感じ。古くからある町の洋食屋さんっぽい店内。週末金曜日の午後7時半過ぎだけど、先客は無し。後から一組お客さんは来たが、ディナータイムを見ただけでは決して流行っているお店のようには見えない。
 

お店入口にも沢山のメニューを書いた黒板が置かれていたが、店内の壁にもお薦め料理を書いた黒板メニューが掛かっていた。この中でちょっと目を惹くのが左下に書かれてあった薬膳カレーなるメニュー。薬膳は兎も角として、意外と美味しいカレーを食べれるお店が少ないのでカレーのメニューはちょっと気になるのであった。でも今回は、初訪問と言う事で、普通にお店の看板メニューであるハンバーグを食べる事に。
 

こちらがフライパンハンバーグのメニュー。初訪問と言う事で、とりあえず一番最初に書いてある「まなべのグリルハンバーグ」ってのを注文。メニューに寄ると「チーズとベーコンをのせた煮こみハンバーグ」との事。メニュー表に書いてある値段は単品価格なので、ライスが欲しい場合は別途セットを注文する事になる。Aセットはサラダとパンorライスで400円で、Bセットになるとそれにスープが付いて450円と50円しか違わないので、迷わずスープ付きのBセットも注文。
 

まず最初に運ばれて来たのがこちらのサラダ。洋食屋さんのサラダって感じのするサラダ。ドレッシングも自家製っぽくて中々美味しいサラダだった。
 

続いて運ばれて来たのは季節の温野菜のポタージュスープ。この日はカボチャのスープ?みたいな。味的にはこちらも巷の洋食屋さんに良くあるお味だったかな。
 

そしていよいよ登場したのが、本日のメイン料理『まなべのグリルハンバーグ』、1,100円也。実際に料理が運ばれて来るまではフライパンハンバーグって言う意識が無かったのだけど、フライパンハンバーグって、そのまんま、フライパンに乗ったまま出て来るのね。
 

まなべのグリルハンバーグ』はこんな感じ。たっぷりのチーズに隠れてハンバーグがあまり良く見え無い。トッピングはベーコンの他、マッシュルーム等のキノコ系。ハンバーグの肉厚は薄いし、煮込みハンバーグ?って事もあってか、肉汁はほとんど出て来ない。ハンバーグソースもこれと言って特徴の無いソース・・・、みたいな。何か値段が1100円もする割りには、あまり大した事は無いような印象だ
 
食後にはデザートのサービスがありパンナコッタが運ばれて来た。確かこのサービスはホットペッパー持参の方?とかになっていたと思うのだけど、他にあまり客が居なかった事もあり、余ってたのかもしれない。普通に美味しいパンナコッタだった。
 
てな事で、数年前から新聞のチラシやホットペッパーで観てからずっと気になっていた東加古川のハンバーグ屋さんではあったが、味的には期待が大きかったせいもあってか、ちょっとイマイチ。もうちょっと肉汁溢れるハンバーグがメニューにあるのかも知れ無いが、値段もちょっと高いし、やっぱランチで行くお店みたいな感じかな?でも薬膳カレーはちょっと気になるし、もう一回だけカレーを食べに行ってみようかな

WordPress.com Blog.