義史のB型ワールド

2009年5月2日

昼はGOEMON、夜は木枯し紋次郎・・・、ってお前一体誰やねん!!!

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 11:25 PM
 
代理人記録
 
昨日(5月1日)は、映画の日って事で「GOEMON」を観て来た。宇多田ヒカルの元旦那の紀里谷和明が監督する今、石川五右衛門をイメージした架空の時代設定の、TVのCMでお馴染の映画だ。紀里谷和明と言えば・・・、あのCG満載だった実写版「キャシャーン」を作ったおっさんだ・・・。って事で「GOEMON」も「キャシャーン」の臭いがプンプンする映像・・・、って云うのか、マンマ一緒じゃん!風景から戦闘シーン等、映画全編ほぼ全てがCGで作られているところや、リアリティの無い殺陣など、キャシャーンをそのまま戦国時代に設定を代えただけのような・・・。まあ、この辺りは映画の予告編を観た時点で予想は出来ていたのだけど・・・。
 
で、GOEMON役は、十数年前に私もはまったTVドラマ「東京ラブストーリー」等のトレンディードラマ俳優だった江口洋介。もう結構エエ歳になってるはずだけど、未だにこんなアクション映画の主役に抜擢されるのね・・・。まあ、我々の年代には馴染みの多い役者さんなんで不満は無いのだけど・・・。
 
でもって映画を観た後、帰って来て夜にTVを点けると・・・、あらま懐かしい木枯し紋次郎をやっている・・・。しかも主演はまたまた江口洋介!!!おいおい、さっきまでGOEMONでハチャメチャなちゃんばらをやっていたんとちゃうんけえ!!!何か、GOEMONと紋次郎は全然、キャラちゃうやんけえ!!!何か、頭の中でGOEMONと紋次郎がグチャグチャになって来たぞお・・・
 
で、木枯し紋次郎と言えば、我々が中学生の頃に流行ったTVドラマ。その紋次郎に対抗して作られた裏番組が「必殺仕掛人」だったのだが、奇しくも昨夜は「必殺仕事人2009」の裏番組に「木枯し紋次郎」をぶつけるとは、TV局も中々やるもんだ。江戸の敵を長崎で・・・、ではあるまいが、内容的には何かパッとしなかったなあ・・・。しかも江口洋介の紋次郎ってのはミスキャストっぽいような気がする。中村敦夫の無口で無表情に近いクールさが全然無かったような気がして成らない。GOEMONのようなノー天気っぽい方がマッチしてたかな?
 
てな事で、何かこの日は1日中、江口洋介を見ていたような気がするけど、映画公開初日に、全くキャラの違うドラマ(しかも同じ時代劇だし・・・)に出るのは辞めて欲しかったよねえ。これってTV局側の映画を壊そうとする謀略なのかな

WordPress.com Blog.