義史のB型ワールド

2009年4月20日

大西商店ならぬ大西食品でラーメン&餃子定食!うどんもあるでよ!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:20 PM
 
代理人記録
 
その昔、某草野球チームが健在の頃?時々、試合を行なった阪神加古川グランドの近くにある加古川工業団地の一角麺を作る工場があってその工場が敷地の一角でラーメン屋さん?をやっていると言う事で、前々からこの近辺を通る度に気になっていたのだが、時間帯が合わず中々行く機会に恵まれなかった。が、しかし、先日、ワーナーマイカル加古川へ映画を観に行った際に、ちょっと足を延ばしてそのラーメン屋さん?に行ってみた。
 

こちらが加古川工業団地内にある「麺工房おおにし」。何処かで聞いた事がある?大西商店ならぬ大西食品と言う会社がやっているようで工場にある円筒の建物に大きくラーメンと書かれているのが特徴的。上でラーメン屋さんと書いたがお店の名前が麺工房とあるように、麺全般を作っているようで、ラーメン以外にうどんや蕎麦等の麺も作っているようだ。
 
話は違うが、この様に製麺工場がそのままお店を出してラーメンやうどんを売っているお店は多い。ラーメン屋さんで言えば、西明石(住所は神戸市西区だが・・・)にある、瑞穂庵と言うラーメン屋さんは、カウンター席に座ると、そのまま製麺所の工場内を拝む事が出来ると言う、一風変わった店舗になっている。ちなみに瑞穂庵の本山であるミズホヌードルは、ラーメンの麺の他、餃子の皮とかシュウマイの皮、うどん等の麺などを幅広くやっている製麺所で、加古川・高砂近辺でも業者に卸す為の車が良く走っているのを見る事が出来る。(ラーメン好きな人で無いと、業務車を見ても記憶には残らないかも・・・。)
 

店内はこんな感じで外から見るよりは広く感じる。普段は工業団地で働く人で賑わっているらしいのだが、ちょっと時間が早かった事もあり先客は無し(お店に入る時に出て来た人は客じゃ無いような雰囲気)。
 

今回の訪問の目的は一応ラーメンって事でまずはメインの定食メニューの中から、今回はラーメンと餃子がセットになった、その名も『ラーメン餃子セット』ってのを注文。
 

ちなみに煙突やお店前の幟にはラーメンが大きくうたってあるが、上にも書いたようにうどんや蕎麦のメニューもある。他にちゃんぽん麺などもあって、所謂、麺系なら何でもあり!と言うような感じだ。こちらも気になるメニューではある。
 

壁には通常メニューに載っていないお薦め?メニューが沢山。通常メニューにはとんこつ醤油ラーメンの他、とんこつと鰹のWスープのラーメン・・・、ってのは消されていたが、代わり?なのか壁のメニューには醤油ラーメンなるメニューも貼ってある。麺工場って事で、やきそばまであるので、とてもラーメン屋さんとは呼び難いような・・・。
 

餃子は焼くのに時間が掛かっていると見えて、まず最初に運ばれて来たのが、こちらのとんこつ醤油ラーメンと小ご飯。とんこつ醤油スープなのだけど、見た目的には白濁の九州とんこつラーメンのようにも見える・・・。スープはやや甘めのまったりとした、でもあっさり味のスープ。大きなインパクトは無いが、悪くは無い味。単品で550円だし、値段的には悪く無いかも
 

麺工房って事で、やはり注目は麺に集まる。こちらがその麺。中細の割りと何処にでもあるような麺。どの辺りのお店に卸しているのか定かでは無いが、一般的な業務用の麺って事で、当たり障りの無いオーソドックスな麺になっているようだ。印象には残りに食いけど、悪くは無い麺だとは思う・・・。
 

ラーメンの写真を撮っていたら間も無く運ばれて来たのがこちらの餃子。上で書いたミズホヌードルだと麺の他、餃子の皮も作って卸しているので、もしかするとこのお店も餃子の皮も作っているのかも。味的には普通に美味しい餃子だった
 
その他、ご飯とお漬物が付いて850円は、工場直営店としてはちょっと高いような気もするけど、一般的な値段なのでとりあえず許容範囲内かな?でもお漬物は、ややカサカサでイマイチだったけど・・・。
 
てな事で、こちらも以前から存在を知りつつも、中々行くチャンスに恵まれなかった麺工場直営のらーめん屋?さんなのだが、うどんやそば、それ以外のメニューも豊富なので、また次回、映画を観に行った際にでも寄ってみる事にしよう。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.