義史のB型ワールド

2009年4月16日

ランチタイムは行列で入れなかった、大阪のうどん屋さんに夜行ってみた。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:51 PM
 
代理人記録
 
先日、大阪に行った時は時間が遅かった為、北新地のランチ営業はほとんどのお店が終了していた。その時は仕方無いので駅前ビルまで戻って、最近話題のおうどん屋さんに行ってみたら、なあーんと、午後2時近いのに行列が出来ていた。時間も無かったのでその時は諦めて「つけ鴨」を食べたのだが、やはりあのうどん屋も気になる。てな事で、この日の帰り、時間もちょうどエエ加減だったので、そのうどん屋さんに寄ってみた
 

こちらが最近、梅田の地下街で人気の本格讃岐うどん?のお店「踊るうどん/梅田店」。夜の8時近くって事で流石に行列は無いのだが、店内は満席に近い。店内は10人ぐらい座れるカウンター席と、相席前提の巨大テーブル席が2つほどあるだけの、外から見た感じより狭い印象。
 

こちらが「踊るうどん」のメニュー。うどんの麺が売り?のお店なので、メインは生じょうゆうどんと、ぶっかけうどんなのだが、一応、温かい出汁に浸かったかけうどんや、讃岐うどん店で人気のかまたまもあるようだ。ご飯物は唯一「麦入りのおにぎり」しか無いってところは、まさに本格的なうどん屋さん?的存在?
 

このお店は今、梅田の駅前ビル地下街では結構人気集中なので、時々TVや雑誌などでも紹介されているのだが、そんな中でもほぼ、看板メニューのように紹介されているのがこちらの人気No.1だと言う欲張りメニュー肉まいたけ天温玉生じょうゆうどん」との事。お店の入口や店内のあちこちでも、このようにあちこちで宣伝されている。私も初訪問だし、お肉や温玉が入っているって事でこちらを注文。
 
注文後、ふと気が付いてしまったのだが、お薦めって事で何も考えてなかったのだが、このうどんは「生じょうゆうどん」!!!、個人的には「生じょうゆうどん」よりも「ぶっかけ」の方が好きだし、具が全く同じの「肉まいたけ天温玉ぶっかけうどん」ってのも同じ値段であったので、そちらにすれば良かったと、ちょっと後悔したのだが・・・。(だけど、家へ帰って来てからネットの書込みを見ると、ぶっかけは出汁が薄いらしく、お薦め出来ないらしい・・・。何か判らんけど、生じょうゆうどんで正解だった?ようだ。)
 
流石にこの時間帯でも、店内はほぼ満席に近く、先客もそれなりに居たので、やや待たされて漸く登場!!!
 

こちらが今回食べた「肉まいたけ天温玉生じょうゆうどん」、讃岐うどん屋としては結構高くて930円也。まあ、具の無い生じょうゆうどんでも600円もするので、はっきり言って高いお店!に間違い無い。鉢全体が写っていないが、ご覧のように丼鉢は結構でかい!内容は、生じょうゆうどんをベースに牛肉の煮込みまいたけの天ぷら、それにとろとろ半熟の温玉が乗っているうどん・・・、ってネーミングのまんまだけど・・・。
 

薬味のネギ、大根おろし、すだちを乗せて、その上から生じょうゆを廻し掛けて食べる用意完了。
 
流石に話題のお店?って事で、コシのあるしっかりとしたうどん。加古川近辺に讃岐うどんのお店も増えた物の、これだけのコシのある麺はちょっと少ないかも。うどんも然る事長柄、これまたちょっと珍しい「まいたけの天ぷら」ってのが、揚げたてサクサクで、食べる前はキノコの天ぷらやん・・・、となめていたのだけど、これが中々旨い。海老天と引けをとらないと言っても過言では無いような印象。牛肉はやや甘さが強い物の、私の好みにピッ足しの味で、次回は肉うどんで食べてみたい!と思わせる味。うどんや具の存在感が強かったおかげで?温玉だけは極々普通の玉子と言う印象しか残らなかった。
 
てな事で、今、大阪・梅田近辺はちょっとした讃岐うどんブーム。今更長柄?とは思いつつも、漸く?本格的な讃岐うどんと言うのか、本場を越えた大阪讃岐うどんって言うジャンルが出来つつあるような気がする。昨年の夏頃に食べた大阪ミナミにある人気店「釜たけうどん」共々、中々美味しい、うどんの麺好きには、お薦めのうどん屋さんなのであった。出汁的には釜たけうどんの方が好みに合うような感じだったけど。
 
 
 

ちなみに今回、行ったうどん屋さんに行く前は、ラーメンでもエエかな?と思い、前回も前を通っただけの私の好きな煮干らーめん玉五郎/梅田店に寄ってみたのだけど、午後7時半頃だったけど、スープ売り切れと言う案内表示があって店内にすら入れて貰えない様子だった。午後7時半で売り切れ・・・って、この場所だと北新地帰りの客も見込める場所だと思うのだけど、何かちょっと勿体無いような・・・。それ以上に、ぜひまた食べてみたいと思っている、今では数少ないラーメンの一つである煮干らーめん玉五郎のラーメンを次に食べれるのは何時の事になるのやら・・・。

WordPress.com Blog.