義史のB型ワールド

2009年4月9日

喜両由でまたまたすき鍋!!!でも肉の量減ったし肉硬いし・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:07 PM
 
代理人記録
 
ちょっと前に、肉うどんを食べるなら加古川市役所近くにある「讃岐うどんやの肉うどん」やで!と書いたばかりだけど、肉うどんのジャンルを超えてすき焼きうどん風のうどんにまで幅を広げると、やはり喜両由のすき鍋を抜きにして語る事は出来ない。てな事で、またまた喜両由のすき鍋を食べに行って来た。
 

何時もはお店の写真なので、今回は珍しく喜両由の大きな縦看板を・・・。このお店は讃岐うどんのお店と言う印象が強いのだけど、看板には御食事処となっているし、考えたらそばもメニューにあるのだった。蕎麦かあ・・・、喜両由でそばを一度も食べた事が無いなあ・・・。
 

こちらが、今シーズン二度目のすき鍋定食1090円。メインのすき鍋の他、ご飯と小鉢、それにお漬物が付いている。ご飯もこの日は割りとテンコ盛りに近かった・・・。
 

この日のすき鍋はこんな感じ。何と無く以前食べた時に比べて肉の量が少ないように思う。しかも大きさも小さくて、肉質は歯応えがしっかりした硬めのお肉。以前のとは、全く違う物と言う印象・・・。まあ、食べ物屋、特に肉とか鮨屋には良くある事だけど、その日の食材の入荷次第に寄ってエエ日もあれば悪い日もあるからねえ・・・。仕方無いっちゃあ、仕方無いのだろうけど、明らかに肉質のレベルや量が違い過ぎたからねえ・・・。前回食べた時の印象が好印象だっただけに、何か運の悪い日のすき鍋だったかな・・・。
 

お肉はちょっとがっかりだったけど、うどん、出汁、それに玉子は何時もの味で、安心出来る味とも言える。まあ、うどんがメインのお店なので、うどんと出汁が美味くなければ話にならないのだけどね。
 
この日のすき鍋定食に付いていた一品小鉢料理は切干大根。近頃、こう言った料理は旅行でも行かない限り家では食べないので、結構嬉しかったりする。近くにある定食屋のお店でも似たような小鉢が出て来た事もあったけど、味的には喜両由の方が圧倒的に美味しい
 
てな事で、食べに行く前は楽しみにしていた久々の「喜両由のすき鍋」だったのだけど、この日は肉が大変がっかりな質と量だったので、何か一気にテンションが下がってしまったのだった・・・。食べ物は時の運の要素が強いとは言う物の、何かこれだけ差があるとねえ・・・。これじゃあ、人には勧められないぞ。そんな事もあるので、喜両由へ行く際は、普通にかけうどんを食べて見て下さいな・・・、てか?

WordPress.com Blog.