義史のB型ワールド

2009年3月26日

カレーうどん専門店で、鬼おろしぶっかけうどん食べた。まあ、普通の味だった・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:18 PM
 
代理人記録
 
ちょっと前に久々に行ったら、ランチメニューが増えていたカレーうどん専門店「玉家」のランチがちょっと気になったので、まだ前回訪問からそんなに日は経って無いのだが、またもや行ってみた。
 

麺茶屋・玉家』ちょっと出遅れて午後12時過ぎにお店に着いたのだが、既にお店前の駐車場は満車。ちょっと前までは何時行っても駐車場は空いてたのに知らぬ間に人気店になった?のかな?
 

前回(2月)に行った時は2月のランチメニューである「牛あんかけカレーうどん」と言う限定メニューを食べたのだが、3月の限定うどんは「茸と大葉のバター醤油うどん」と言う事で、何か魅力薄。まあデザート付きだし値段も高いしワザワザこのメニューを選ぶ必要は無い・・・
 

で、カレーうどん専門のお店だけど、カレーうどんにも飽きて来た?ので、今回は普通のうどんメニューの中から「鬼おろしぶっかけうどん」、560円を注文。ぶっかけうどんを食べるなら・・・、隣の讃岐うどんやで食べた方が安いしトッピングも自由に選べるし・・・、とは思いつつ、今回はランチのセットメニューを食べる!ってのも目的の一つだったもんで・・・。
 

で、そのランチのセットメニューの中から今回私が選んだのは「海鮮かき揚げ丼」、好きなうどんに+250円でこの丼が付いて来るのだ。
 
こちらが今回食べた、鬼おろしぶっかけうどんと海鮮かき揚げ丼のセット合計810円也。高いと思うか安いと思うか微妙なとこだけど、カレーうどんを食べるともっと高いからねえ・・・。味さえ良ければこの値段でも納得出来るでしょう!
 
で、こちらが鬼おろしぶっかけうどん。基本的にはぶっかけうどんの上に「鬼おろしでおろした大根がふわっと」乗っているだけど言う、至ってシンプルなうどん。これで560円はちょっと高い?かも。
 
鬼おろしぶっかけうどんはこんな感じ。確かに荒めの大根おろし・・・、と書いてあるだけの事はあって、大根の粒々みたいなのも沢山入っていて、所々、ゴリゴリと言った食感がある。うどんの麺は看板どおりの手打ち麺だけど、お出汁はちょっと濃いような、今一歩のような・・・。基本的には隣の讃岐うどんやと同じ出汁じゃ無いの?と毎回思うのだけど、やっぱ何か違うのよね。
 
で、セットの海鮮かき揚げ丼はこんな感じ。かき揚げには小海老がたっぷり入っていたが、海鮮と言う割りに海老の他の存在感が凄く薄かったような・・・。海鮮かき揚げの定番の具と言えば、貝柱に烏賊なのだけど、そう言った具は入って無かったような・・・。で、丼つゆも結構辛目。小海老の量はふんだんに入っていたので、文句は無いけど、もうちょっと美味しいかき揚げを期待してたのだけどね・・・
 

ちなみに上のセット写真では見辛いけどセットにはかぶら漬も付いておりました。
 
 
ちなみに玉家と同じ系列で、隣にある讃岐うどんやは平日にも関わらず、駐車場は常時満車状態で大賑わい。この加古川市役所一帯のうどん激戦地区の中で、一番か二番ぐらいの賑わいでは無いかな?

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。