義史のB型ワールド

2009年3月14日

もんどで『熟成味噌ラーメン』!炒めた野菜と豚バラ肉等、味噌ラーメンの王道だあ!!

Filed under: もんど,ラーメン — 代理人 @ 8:21 AM
 
代理人記録
 
何と無く今年になってから毎週の如く限定ラーメンの案内メールが着てるような気さえする、すっかりお馴染の「新在家ラーメンもんど」であるが、またまた、またまた、裏メニューの案内メールが来た。もしかしてこのお店、裏メニュー(限定ラーメン)が無いと客が来ないのでは無いか?と疑ってしまうような穿った見方すらしてしまう、今日この頃(実際あちこちのブログでも限定ラーメンしか食べに行っていないって言う記事を良く見かけるし・・・)、私も今年になってからは、続けて行ってるような状態なので、暫くは行くのをお休みしようと思っていたのだが、案内メールを読むと・・・、
 
札幌より空輸にてちぢれ麺を直送!!もんど自家製味噌ダレ使用のスープと合わせます!!
濃厚でパンチありますが、あとくちもすっきりしています。
こちらの味噌ラーメンは一年に1回か2回くらいしか販売していません。ものすごく仕込みと提供に手間がかかっいます。
この機会にぜひどうぞ、お早めに。
 
と事。うーん、味噌ラーメンだしなあ・・・、あまり興味無いかなあ・・・、と思いつつも、年に1回か2回しか無いのかあ、もんどで味噌ラーメンは食べた事無いしなあ・・・、ちょうど日曜日が映画の日だから東加古川まで行くからなあ・・・、って事で、結局は行ってしまった・・・。
 
まあ、最近はあまり味噌ラーメンを好んで食べ無くなったのには理由があり、この近辺で美味しい味噌ラーメンを食べれるお店が無いからだ。この近辺のラーメン屋の味噌ラーメンと言えば、スープに味噌さえ入ってたら味噌ラーメン!って言うだけの物が多いのだが、味噌ラーメンの元祖である札幌の「味の三平」の味噌ラーメンのように、本当の味噌ラーメンってのは、野菜と豚バラ肉や挽き肉などを味噌スープで炒めた物の中に麺が入っているのが本来の姿なのだ。これは、そもそも客が豚汁の中にラーメンの麺を入れた事から味噌ラーメンが誕生した!と言う事もあり、これが味噌ラーメンのあるべき姿だと思う。てな事で、札幌で味噌ラーメンを食べると、このような野菜&豚肉がたっぷり入った味噌ラーメンがほとんどと言っても過言では無い。まあ、味噌ラーメンに限らずだけど、私は札幌だけでも10杯以上のラーメンを・・・、北海道全道合わすと20杯ぐらいはラーメンを食べたかなあ・・・。まあ、味噌ラーメンを食べたのは札幌だけな気もするけど・・・。
 

もうすっかりお馴染の新在家ラーメンもんど。この日は映画の日で映画を観終えた後の訪問なので、午後1時半過ぎ。が、しかし相変わらず大勢の待ち客が・・・。何時もは綺麗に並んで待っている姿の行列なのだが、日曜日の午後って事もあってか、初訪問の客が多いのか、あるいはファミリー層が多い為か、列に並ばずにお店周辺に散らばって待っている・・・。何か、この日は田舎もんの客が多い???って言う印象。思いっ切り常連客となってしまった私には、周辺へのご迷惑も考えると・・・、もうちょっとマナー良く列に並んで欲しいよね・・・。
 

で、そんな田舎もんの集まりが多かった事もあってか、30分以上も待たされて漸く店内へ・・・。例に寄って?カウンターの一番奥の席なので、厨房の中の様子が丸見え。マスターが味噌ラーメンを作る様子を見てみると・・・。野菜や豚バラ肉をフライパンでは無く、普通の鍋で二人前ずつ、野菜や肉を炒めている。予想通り、この手間に時間が掛かる為、味噌ラーメンの調理に時間が掛かっているのだ。
 
 

こちらが今回の裏メニュー『熟成味噌ラーメン』、850円也。お店の説明に寄ると
 
麺は北海道は札幌より“西山製麺”。
かなりクセの強い麺ですが、パワフルです!圧延して麺帯のまま熟成させ、切り出し時にはもうすでに熟成状態に。光沢がありかなりのコシ硬さ!麺の風味も独特でうちの自家製味噌ダレと混ざり合う香りは格別っ!!
トッピングは四万十ポークを叉焼ではなく白菜と一緒に炒めた野趣あふれる感じ。。
あとは・・・、気合い入れてます!
 
との事。西山製麺製かあ・・・、って札幌でラーメン食べたラーメンは、ほとんど西山製麺な気がするし、時々、この近辺で売っている生タイプの札幌ラーメンも西山製麺製のが多いから、そんなに珍しい事は無いような・・・、でもお店でちゃんと食べれる西山製麺はやっぱり珍しいような・・・。
 
そして何と言ってもこのもんどの『熟成味噌ラーメン』は案内メールを読んで想像していた通り、あるいは厨房の作る姿を見て判ったように、白菜やモヤシ、それに豚バラ肉などを味噌スープで炒めた具材たっぷりの、私が言うところの味噌ラーメンの王道のスタイルだ。流石、もんどのマスター・・・、味噌ラーメンのあるべき姿を良くご存知で。やっぱ、味噌ラーメンはこうで無くちゃねえ。
 
で、お味。味噌ラーメンの王道と言うだけで好印象だったので、豚肉を食べても炒めた白菜を食べても、何より、味噌スープもコクがあって中々旨い。味も味噌ラーメンの王道を行くって言う感じだったかな?
 

北海道のから空輸したと言う西山製麺の麺はこんな感じ。もうちょっと極太のちぢれ麺を想像していたのだが、見た感じは至って普通。つけ麺の時の麺が印象的なのに対して、まあ、こんなもんかな?と言う印象しか無い。まあ、西山製麺だもんなあ・・・、とも思った事も影響あるのかも知れ無いが、まあ、個人的に麺にそれほどこだわりが無いのが一番の要因なんだけど・・・。
 
今回の限定メニュー『熟成味噌ラーメン』には普段カウンターに置かれた中華風のレンゲの変わりに木製のレンゲが添えられていた。この辺りもマスターのこだわりを感じるものが・・・。ちなみにラーメン鉢は・・・『鶏白湯ラーメン』の時と同じだ・・・。味噌ラーメンと言う事で、和風な感じの時はこのラーメン鉢を使うのかな?
 
てな感じで、またまた限定ラーメンと言う言葉に釣られて行ってしまったのだが、今回の『熟成味噌ラーメン』も美味しかった。日曜日の夕方に、只今売り切れました・・・のメールと共に、また来年やりますね・・・、との文字が・・・。そうか、次回は来年まで食べれ無いのか・・・、と思うと並んで食べに行った甲斐があったと言うもんだ・・・、と思いつつ、この言葉でまた客が集まるのかあ・・・、と思うとマスターの商売の巧さを、ひしひしと感じてしまうのであった。
広告

WordPress.com Blog.