義史のB型ワールド

2009年3月11日

何時ぞや行けなかったバイキングのお店に漸く行ったけど・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:08 PM
 
代理人記録
 
もう3年ほど前になるが、管理人さんが会社のパソコンの具合が悪いので見て欲しいとパソコンを持って来た事がある。その日は嫁&ジュニアも一緒だったので、折角ならば・・・、と言う事でランチに行く事に。最初に行ったのは尾上にあるホームランスタジアムの中の惣菜料理食べ放題のお店「ひな野」。しかし親子3人で入るにはちょっと値段が高いって事で却下。2番目に行ったのが、野口にちょっと前に出来たばかりのバイキングのお店「ワールド・ビッフェ/野口店」。しかしオープンして間もないって事もありお店に入るどころか、お店の駐車場に入るだけで、車が列を成して待っている状態。で、結局、その時は近くのラーメン屋「麺屋麦亭」に行ったのだが、それ以来「ワールド・ビッフェ/野口店」に行く機会は全く無かった(と言うか存在すら忘れていた?)のだが、最近、明石のラーメン波止場跡に「ワールド・ビッフェ」が出来たと小耳に挟んだので、ふと思い出した事もあり、最近良く食事に行く近所の幼馴染と行って見る事に。
 

こちらがオープンして約3年、漸く訪問する事が出来た「ワールドビッフェ/野口店」。平日の午後7時過ぎなのだが、そこそこ客は入って居る。何と無く年齢層が若いように感じたのだが、それはきっと高校3年生が、入試時期&卒業前で学校が休みになっているので、このお店でたむろしている?と言うような感じだった。そんな若者グループや主婦のグループ、それにファミリー客で結構賑わっていたような・・・。
 

駐車場の広さから想像していたように、店内は思いっきり広い。印象的にはスキーツアーで行った先の巨大ホテルでのバイキング形式のレストランのような・・・。入口近くには鉄板焼きコーナーがあって、ここではディナータイム時間限定の料理や、パスタ、ピザ等を目の前で調理してくれる。その他の料理はバイキングコーナーに用意されている。ちなみに料金は時間無制限食べ放題で男性1480円也。女性や子供はちょっと安い。アルコール系は別料金だけど基本的に一杯380円なので、安い事は安い。ただグラスがちょっと小さかったような気がしたけど・・・。
 

席に着くなり早速料理を選びに・・・。まず最初に鉄板コーナーで焼き立ての焼きそばを・・・。その後、セルフコーナーで美味しそうに見えた?フライドチキン、それに野菜炒めに唐揚げ、チキンのトマト煮等をチョイス・・・。焼きそばは焼き立てだったので、そこそこ美味しかったが、フライドチキンは最悪!!!スーパーのよりも、あのロッテリアのチキンよりも数段上を行く不味さ・・・この日、一番最悪だったのが、このフライドチキンだった
 

鉄板コーナーで焼きそばと一緒に貰って来たのが、ビーフストロガノフ。ホテルのバイキングだと、ステーキを代表とするような肉料理が付き物なのだが、このお店には基本的に牛肉系のメニューが無い。このビーフストロガノフの時間限定のメニューだったのだが、一応、まだ残っていた・・・、みたい。味的には・・・、イマイチだったけど・・・。
 

続いては我々の席近くに用意されていたスープ系の中から豚汁を。他に呉汁?とか普通の味噌汁、あるいは洋風系のスープも何種類か用意されていた。この日食べた中では、以外とこの豚汁が一番まともで美味しかったかも。個人的には、焼きそばと豚汁とご飯・・・、それだけあったら十分だったかも・・・。(それなら他の定食屋さんみたいなとこへ行け!って言われそうだけど・・・。)
 
ちなみに別途、生ビールを一杯飲んだ後は、アルコール抜きの無料系のサワーに切り替えたのだった。
 

続いては健康的な惣菜を中心にチョイス。何か値段的に安そうなもんばっかりだけど・・・。味も・・・、見たまんま、想像通りの味でおま・・・。
 
途中、ディナータイム、しかも時間限定のメニューとして「海老チリソース」が出来ました・・・、と言う案内があったので、料理を取りに行こうかと思って席を立ったのだが、鉄板コーナーの前には、オバタリアンを中心とした客で溢れ返っている。また、後で良いや・・・、と思ってこの時は取りに行かなかったのだが、何と海老チリソースの追加は無く、一回こっきりだった・・・。そうか、限定メニューは一回しか出て来ないのか・・・、だから、オバタリアン達はどっと押し寄せたのかな?常連のみなさんは、その事を良くご存知だったって事なのね・・・。
 

バイキング料理のご飯物の定番と言えば、カレー・・・、てな事でこのお店にもカレーはあった。今回私が食べたのが煮込みカレー。他に辛そうなレッドカレー?みたいなのがあったかな?で、この煮込みカレーなのだけど、何と無くキーマカレーに近いような食感。挽き肉が煮込まれてこうなったのかな・・・???とは思うけど、個人的にはもうちょっと普通に近いカレーが食べたかったかな?
 
で、カレーも食べたし、この辺りから、既にお腹はパンパンだったのだが、まだまだ食べてみたいような料理があったので、再びセルフコーナーに出陣。
 

カレー繋がり?では無いが、トルティーヤもあったので、とりあえず適当な具材を入れて食べてみた。味的には極々普通。きっとカレーに付けて食べても美味しかったかも・・・。
 
で、今度こそ、お腹一杯・・・。まだ席に着いて1時間ほどだったのだが、これ以上食べれ無いし・・・、もう帰ろうか・・・、と相談していたら、またまた館内の案内で・・・「鴨ローストが出来ました・・・」との事。てな事で、食いしん坊な小市民な私は、思わず今度こそ、これが最後!って事で「鴨ロースト」を取りに行った。この時間帯はオバタリアンの姿も少なく、また鴨ローストの人気も低い為か、競争率は低かった
 
こちらが最後に食べた鴨ローストと、そばにあった焼き立てのそばめし。お腹がパンパンに近かったので欲張らず、鴨ロースト一枚と、そばめしも一口分。まあ、鴨肉は極々普通。そばめしはソースの味が濃い目だったけど、焼き立てだったので、まずまずのお味。
 
てな事で、このお店がオープンして約3年経ってから漸く行く事が出来たが、一回行ったら、もうエエかな・・・、と言う感じ。そもそも、この歳になっては食べ放題ってのは体に悪いし、食べないと勿体無いし・・・、って事でやっぱイマイチ。今は量より質な年頃だからねえ・・・。まあどんなお店か知るだけで十分だったかな?
 
ちなみにお腹満腹状態は次の日まで影響して、次の日も全然、お腹減らなんだ・・・。そう言う意味では一度で二食、三食分?って事でお徳だったのかも???って、そんな苦しい思いはもうエエかな・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。