義史のB型ワールド

2009年2月20日

土曜日の昼にかき幸へ行ったら、てんやわんやで焼牡蠣食べれず・・・。

Filed under: グルメ — 代理人 @ 10:31 PM
 
代理人記録
 
毎年、必ず一度か二度は一族で行っている高砂の有名牡蠣料理店かき幸だが年始早々、周りは風邪ひきだらけ・・・、って事で中々行く機会が無くて、漸く、先日みんな元気になったので、一族揃って「かき幸」へ・・・。まあ、私は昨年の12月に管理人さん達と一度訪れているので、久々って感じでは無いのだが・・・。
 

こちらが「かき幸」。普段は正午開店なのだが、この日はシーズン真っ盛りの土曜日って事もあり、正午前からオープンしていたような。で、当然、予約を入れてからの訪問なのだが、この日の店内はテンヤワンヤ。昨年の12月に来た時はかきふらい膳を食べる前に先、殻付焼き牡蠣を食べたのだが、この日は予約で先に料理を言っていた為か、あるいは、店内がテンヤワンヤしているからなのか、焼き牡蠣は出来ないとの事。前回の訪問時から気になっていた「牡蠣朴葉味噌焼」を食べようと楽しみにしていたのに・・・。
 
それにしてもこの日は、ざっと観ただけでもカキフライ揚げてるし、隣は土手鍋食べてるし、厨房の奥では牡蠣めし炊いてるし、目の前には注文出来なかった焼き牡蠣が通過して行くし、仲居さんもバタバタと、そこに居るだけでこちらも落ち着かないようなドタバタな昼時だった。旬真っ盛りと言えど、ここまで流行っているとはちょっと驚きだったかな
 

で、予約して居た事もあり、お漬物と塩とポン酢は既に用意されていて、席に着くとすぐさま「かきの山葵味噌和」が運ばれて来た。前回訪問時と内容は同じようだ。
 

まずは「かきの山葵味噌和」をいただく事に。前回も思ったけど、この山葵味噌和は中々美味しい。この日は運転手だったので、お酒もビールも無しだったのだが、絶対にアルコール系が欲しくなる一品である。一緒に行った叔父さんが、この手の変わった物は嫌い・・・、って事で全然食べなかったので、私と義兄で叔父の分まで食べたので、何かたっぷり山葵味噌和を食べたって感じだった。
 

で、この日は事前に料理まで予約を入れていた事から(確か前回、管理人さんと行った時も事前予約してたのだけど・・・)、山葵味噌和を食べ終えて間を置かず運ばれて来たのが、こちらの「かきふらい」、パッと見た印象は数は多いが牡蠣のつぶが全体的に小さいような・・・
 

かきふらいのアップ写真を見れば良く判るのだけど、やはり牡蠣のつぶが小さい。前回の記事でも書いたけど、大きい牡蠣は焼き牡蠣用に廻して、小さい牡蠣をフライにしてるのでは・・・、と言う気がする。小さい方が味がある???と言う人も居るかも知れ無いが、気持ちのせいか、やはりやや物足りない味のような気がする。まあ、この日は店内全体がバタバタしていて、ゆっくりと食事を楽しむと言うような雰囲気じゃ無かったのが、一番大きな要因かも。
 

すっかりお馴染になった塩「セル ド ゲランド」もちゃんと付いている。やっぱこのお店のカキフライはポン酢よりもこちらの塩を付けて食べる方が美味しいねえ・・・
 
てな事で焼き牡蠣とか、最近、昼メニューに出来た昼御膳が食べてみたいな・・・、とあれこれ考えながら訪れた「かき幸」ではあったが、お店がテンヤワンヤでそれどころじゃ無かったのが、ちょっと残念。まあ、昼御膳は今シーズンに一度は食べに行く事になるとは思うけど・・・

WordPress.com Blog.