義史のB型ワールド

2009年2月7日

中島みゆき「夜会Vol.15 ~夜物語~元祖・今晩屋」大阪公演シアターBRAVA!行って来た!!!

Filed under: 音楽 — 代理人 @ 12:10 AM
 
代理人記録
 
先日、行った中島みゆき夜会、大阪公演の様子・・・、漸く写真の整理が出来たので御紹介・・・。
 
中島みゆき「夜会Vol.15 ~夜物語~ 元祖・今晩屋」東京公演を観に行ってから早二ヶ月経った・・・。ネットのファンクラブ会員になりながらうっかりしていて大阪公演のチケットの先行発売を申し込むのを忘れてしまったので、もしかしたら大阪では観れないかも・・・、と言う不安もあり、東京まで観に行ったのだった。
 
その後、大阪公演分は一般発売で無事入手。てな事で、東京に続き、夜会/大阪公演を観にシアターBRAVA!へ行って来た!!!
 

まずはJR大阪城公園駅で発見したシアターBRABA!の夜会告知のポスター。東京はTBS主催で、しかも地下鉄の駅周辺もTBSの支配下?って事もありあちこちに夜会の告知看板があったが、流石に大阪はJR駅だし、この一体は読売テレビ近くって事もありMBSの力が弱いと見えてあまり目立った告知看板は見当たらなかった・・・。
 

小雨降る中、夜会パネル展等も見たいと思って早めにやって来たのが、こちらのMBSシアターBRAVA!。思えば、3年ほど前、ちょうどこのブログを始めるちょっと前に、初めて夜会が開かれたのがシアターBRAVA!だった。あれからもう3年経ったのねえ・・・。早いもんだ。
 

こちらがシアターBRAVA!正面入口。3年前のTV番組「ちちんぷいぷい」で角淳一が中島みゆきへのインタビューで訪れた時も、この階段を登る角淳一の映像から始まったものだ・・・。あれから3年、フェスティバルホール亡き後、今や、中島みゆきの大阪の聖地を言えば、このシアターBRAVA!しか無いでしょう!だけど、流石に開演までまだ3時間近くある事と小雨が降っている事もあり、人っ子一人居ない。数時間後、この場所が熱気を帯びた人々で埋め尽くされる事になるのは、この時点では誰にも想像がつかない・・・。
 
てな事で、とりあえずシアターBRAVA!の様子を見た後は、向かいにあるホテル・ニューオオタニ大阪の中島みゆき展を見学しに行く事に・・・。ちなみに3年前、初めて夜会が大阪で行なわれた年は、ニュー・オオタニの他に近くのツイン・タワーのロビーでも中島みゆき展が開催されていたのだが、今回は無かった。これも不景気なご時勢の影響なのかな?
 

こちらがホテル・ニューオオタニ大阪のロビーで開催されている、中島みゆき夜会展???と言っても、まさにこの写真の一角だけで「過去の舞台写真パネルの展示及びピアノ演奏」をやっているだけ。平日と言う事もあってか、ホテルロビーには沢山の客が居るのだけど、この一角に興味を示しているのは私だけ???みたいな・・・。ちなみに自動演奏されている曲は前回の夜会の曲や、今や中島みゆきの代表曲となった「地上の星」等、まさにみゆきワールド炸裂!!!
 
ここでの目当ての一つに、中島みゆき「夜会Vol.15 ~夜物語~ 元祖・今晩屋」大阪公演の告知チラシを手に入れる事にあったのだが・・・。流石に開演後、土日を挟んでの5日目?って事もあってか、既にチラシは無し・・・。残念無念。近くだったら、先にチラシだけでも貰いに行ったのになあ・・・。まあ、チラシは東京公演分は沢山貰ったからまあ良しとしておこう!
 
開場までまだまだ時間もあるし、ブログの更新もしたいし・・・、って事で、ホテル・ニューオオタニのロビーでお茶を飲みながら・・・、と思ったのだが、コーヒー一杯で1000円ちょっとと言うお値段を見てスゴスゴと退散。嫌あ、流石日本を代表するホテルの喫茶コーナー、お手軽に利用は出来無いよねえ・・・。
 
ちなみにこのホテル・ニューオオタニ大阪と言えば、私が大阪在住の頃、同じ部署に居た後輩?の結婚式の二次会で、私が司会を担当した思い出の場所でもある。嫌あ、あの時の司会業は10年近い、某大阪の会社勤務の中でも一番のお仕事では無かっただろうか・・・。嫌まあ、懐かしい・・・。
 
で、シアターBRAVA!開場まではまだまだ時間がある。今回は甥っ子同伴では無く、私が務めて居た某大阪の会社の頃の知人と一緒。彼も今は、某会社の写真では無く小学校の先生。先生なので、就業時間は早めに終わる・・・、って事だったのだが、メールで確認を取ると会議で会場に着くのはギリギリとの事。実際、彼が到着したのは、開演10分前。高砂から行った私は数時間前からその場に行っていて、大阪在住の人間が10分前に到着って、何か矛盾している???
 

そんなこんなで時間を過ごしていると外は夕闇に・・・。シアターBRAVA!前の通りもイルミネーションが点灯して中々綺麗。そう言えば3年前には夜会告知の旗が街灯にぶら下がっていたのだが、今回は全く無く、例に寄って読売テレビの旗ばかりだった・・・。
 
で、まだまだ時間はあったのだが、知人の到着が遅れた事や、相変わらず小雨も降っているって事、また、東京で貰い損ねたDVD・CD購入特典の先着限定直筆サイン色紙をGETする為に、入場待ちの行列に並ぶ事にした。その為、夕飯はさっき食べたマクドの120円のマック・ポークだけ・・・、って事になってしまった。知人が着たら一緒に夕飯を食べてから夜会を見ようと思っていたのだが、当てが外れてしまったのだった。それなら近くにあったスープカレーでも食べておけば良かったかなと思っても後の祭り・・・。
 

こちらが夜になってライトアップされたシアターBRAVA!の様子。段々と気分が盛り上がって来ましたねえ。しかしながら、平日だし、開演までまだちょっと時間があるし、小雨が降ってる事もあってか、人影はまばら。東京は土曜の夜だったし、TBSの近くだったので、大勢の人で賑わっていたが、シアターBRAVA!の周辺は、これと言ってたむろする場所が無いし(IMPはあるが・・・)、何と無く閑散としていたのが、ちょっと寂しい・・・。
 
入口では夜会オリジナルグッズの先行販売も開始されている。グッズは東京で既に観たのだが、今回は特に興味をそそるようなグッズは無かったのだが、この後、どうせ待つなら列に並んで・・・、と言う事で、まだ一人しか並んで無い列に加わる事に・・・。まあ、列の前の方だと屋根の下で雨に当たらずに済むってのも大きなポイントでもあったのだけど・・・。
 
で、当初の目的は、DVD・CDの購入特典として先着限定の直筆サイン色紙をGETする事にあるのだが、並んでいる間に、どうせ並ぶなら、こちらも限定数しか売って無い「夜会オリジナルカステラ」ってをの買う事に・・・。まあ、値段も1500円と、そんなに高くは無いし、晩飯の代わり?にでも成れば・・・、と軽い気持ちで・・・。
 
この後、午後7時15分(実際は雨の影響からか、午後7時10分に入場開始となったのだが・・・)まで列に並び、開場と同時に、まずはグッズ売場で「カステラ」をGET!!!(売場のねえちゃんの手際が悪くて、カステラを袋に入れたりレシートくれたりで、結構な時間のロスをしたが、)続けて、DVD・CD販売コーナーの列に加わる。みんな先着限定のサイン色紙を狙っているのか、既に何名か並んでいたのだが、販売コーナー入口で、番号入りのサイン色紙交換用紙が渡された。番号は8番。これさえ手に入れてしまえば、気分的には楽勝。嫌、嫌、今回はDVDとCDの2枚を買うつもりをしていたのだが、多分、一緒に買うとサイン色紙は1枚しか貰えないだろう。東京公演の際に、甥っ子もサイン色紙をGET出来なかった事もあり、もう一枚サイン色紙は欲しい。って事で素早く前回の夜会のDVDを購入、再度列に加わる事に・・・。二回目に並んで手にした交換用紙の番号は24番。まだまだ余裕の番号かな?てな事で、今度はライブCD「旅歌」を買って二枚目のサイン色紙も無事GET!!!早くから並んだ甲斐がありましたとさ・・・。
 
この後、トイレもすまし、2Fの通路で開催されている過去の夜会展のパネルをさっと見て(東京でやっていたのと基本的には同じ内容)、後は開演を待つのみ。同行の知人は、開演約10分前に無事に到着したのであった。
 
 
 
で、私には東京に続いて今回二回目の夜会が始まった・・・。東京で観た時は予備知識がゼロだったので、ほとんど中身が判らなかったのだが、今回は予習と復讐をバッチし山椒大夫でも安寿と厨子王でも、どんとかかってこい!てな事で、東京よりは遥かに中身が理解出来たし、歌も二回目と言う事もあり馴染みが出て来て東京で観た時よりは、かなり陶酔出来たかな・・・
 
 
最後に私の記憶にカツを入れる為に、某有名サイトから演奏曲目を転載・・・。
 
 
 

<第一幕>      

第1場 縁切り寺
    01 十二天(Inst.)
    02 暦売りの歌
 

暦はいかが 新しき古(いにしえ)を
暦はいかが 1生1度の1日を
総て良き日であるように

    03 百九番目の除夜の鐘

百九番目の除夜の鐘
なり始めたならどうなろか
鳴りやまなければどうなろか
このまま明日にも成りはせず
このまま来生に成りもせず

やさしき者ほど 傷つく浮世
涙の輪廻が来生を迷う

垣衣(しのぶくさ)から萱草(わすれぐさ)へ
裏切り前の一日へ 誓いを戻せ除夜の鐘

    04 夜をくだされ
    05 海に絵を描く

海に絵を描く 絵の具は涙
忘れたものは 捨てたものと 同じことになる
残したものは 邪魔だったものと 同じことになる

    06 旅支度なされませ
    07 私の罪は水の底
    08 逃げよ、少年
    09 百九番目の除夜の鐘
    10 愚かな禿(かむろ)
    11 らいしょらいしょ
    12 ちゃらちゃら
    13 憂き世ばなれ
    14 夜いらんかいね
    15 百九番目の除夜の鐘
    16 旅支度なされませ
    17 らいしょらいしょ
    18 都の灯り

<第二幕>      

第1場 水族館
    19 暦売りの歌
    20 幽霊交差点

幽霊交差点をご存知ですか 何度も会いたくて誰かが招く

    21 旅支度なされませ
    22 百九番目の除夜の鐘
    23 安らけき寿を捨て
    24 夜をくだされ
    25 有機体は過去を喰らう
    26 私の罪は水の底
    27 有機体は過去を喰らう
    28 らいしょらいしょ
    29 百九番目の除夜の鐘
    30 十文字
    31 ほうやれほ
    32 十二天

北の天から 南の天へ
乾の天から 巽の天へ
西の天から 東の天へ・・・・

    33 紅蓮は目を醒ます

第2場 船
    34 赦され河、渡れ

もう充分に泣きました もう充分に散りました
思いあがってはいけません 人ほど弱いものはない
ここまで来たら出来ることはひとつ
赦され河 渡れ・・・・・

第3場 今晩屋
    35 夜いらんかいね
    36 天鏡

その鏡に映るものは 隠しきれぬ愚かさと
拭いきれぬ悲しみと 失くしてから気が付く愛しさ
置き忘れた約束と 通り過ぎて気が付く過ち

その鏡は人の手には 触れぬ事が叶わぬもの
その鏡は 空の彼方 遥か彼方

 
今回の夜会は、最後に必ず中島みゆき本人の舞台挨拶があり「良き夜をお持ち帰り下さいませ。」の言葉で締めくくられていた。
 
開演前に無事に到着するのか心配だった同行者も、第一幕後の休憩時間では、難しい舞台やな、と洩らしてしたけれど、終演後は、凄く良かった!と超感動!、私でも買っていない?パンフレットを購入して開場を後にしたのであった。東京での夜会観賞珍道中?とは、一味も二味も違う、大阪での夜会観賞デーなのであった。
 
カステラの話はまた後程・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。