義史のB型ワールド

2009年1月21日

麻婆豆腐と坦々麺の専門店?こりゃあまた大胆な!!!

Filed under: 中華料理, — 代理人 @ 10:55 PM
 
代理人記録
 
ちょっと前に姫路で陳麻飯と言う麻婆豆腐丼のような物を食べたのだが、神戸には麻婆豆腐専門のお店がある。場所は神戸ソフマップの向かいにある阪急百貨店神戸店の6F?のレストラン街。以前、豚まんで有名な「一貫楼」があった場所に出来た。てな事で神戸ソフマップに行ったついでにちょっと寄ってみた。
 

こちらが麻婆豆腐専門店で、その名も「重慶麻婆豆腐店」。以前あった「一貫楼」の店舗がどんなんだったか、記憶が無いが、パッとみお洒落な店舗に見える。ただこのお店、反対側からも入る事が出来て、そちらはちょっと大衆中華料理屋風で、以前の「一貫楼」のままっぽいような・・・。
 

重慶麻婆豆腐店」のメニューはこんな感じで、基本的には麻婆豆腐と坦々麺しか無いメニュー構成になっている。ランチタイムとディナータイムが同じメニューなのかどうかは定かでは無いがお店の名前、及びメニューの雰囲気からするとやはりこれだけしかメニューが無いような気がする・・・。
 

きっとこのお店に来るのは最初で最後?と言う気がするので、看板メニューである麻婆豆腐(丼)と坦々麺が同時に味わえるメニュー「Half & ハーフ」ってのを注文する事に。名前の如く、半分サイズの麻婆豆腐丼と坦々麺がセットになったメニューだ。
 

こちらが実際に食べた「Half & ハーフ」、1100円也。量にも寄るのだけど流石に神戸価格と言うのか百貨店価格のお値段のような・・・。まあ美味しかったら、それはそれで構わんのだけどね。
 

麻婆豆腐丼(ハーフサイズ)はこんな感じ。見た目的にはご飯の上に麻婆豆腐をかけただけのシンプルな料理だ。お店の公式サイトに寄ると、
 
辛味のきいた台湾産と味に深みのある四川豆板醤を独自にブレンド、麻辣(マーラー)の爽やかな辛味と花椒(ホワジャオ)の香りの中辛味だけではなく豊かな旨みが広がる横浜中華街の食通もうならせる逸品
 
との事。
 

お店自慢の麻婆豆腐はこんな感じ。果たしてそのお味は・・・・。確かに旨い!オーソドックスな麻婆豆腐・・・、と言ってしまえばそれまでなのだが、確かにどっか一味違うと言う気がする。ご自慢のメニューだけの事はあるかな
 

続いて坦々麺(ハーフサイズ)はこんな感じ。お店の公式サイトに寄ると、
 
四川料理の麺の看板メニューである胡麻の香りときりりとした辛味が特徴の坦々麺
 
との事。
 
こちらもオーソドックスな坦々麺だけど、そこそこ美味しい。ただ、個人的には坦々麺があまり好きじゃ無いと言うのか、あまり食べないので、麻婆豆腐ほどの感動は無く、まあ美味しい坦々麺かな・・・、と言う程度。坦々麺好きな人が食べるとどう思うかは判らないけど・・・。
 
てな事で、ちょっと前に姫路の中華居酒屋みたいなお店で同様のメニューを食べたばかりだったのだが、麻婆豆腐に限っては、確かにお薦め出来る味で、この麻婆豆腐を食べるだけの為にこのお店に行くのはありかも知れ無い。ただ、メニューがこれだけ・・・、ってのは長きに渡って営業を続けるのは、ちょっと苦しいのじゃ無いかな?既に日替りの麺セットがあったように、もうちょっとメニューが無いと、折角、神戸まで来て食べるには、ちょっと寂し過ぎるかも・・・。

2009年1月20日

またもや、ごち村でランチ。今度は味噌ちゃんこ鍋・・・。何か味噌ラーメンみたい?

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:28 PM
 
代理人記録
 
この秋頃、ランチタイムにごちそう村へ行ったら、日替りのサービス和膳が結構豪華で楽しかった。その後、行ったらメニューが若干変わってたりしたが、日替りなので、また違う曜日に行ってみた。 
 

この日のサービス和膳は木曜日で「味噌ちゃんこ鍋」。天ぷらやヨコワのたたき等も、何時ものように付いていて、相変わらずボリューム満点で、豪華に見える。ご飯の量も結構詰まってたりもする。 
 

味噌ちゃんこ鍋」はこんな感じ。味噌ちゃんこと言うのか、メインの具がサーモンなので、何と無く石狩鍋っぽい感じがする。個人的にはちゃんこ鍋に豚肉とか鶏肉とか入れて欲しかったのだが、そう言った肉系の具は一切無くて、唯一、つくねが・・・鶏つくね・・・、だったかな?で、鍋にはちょこっとだけ蒸し麺が付いている。これも一種のかさ上げ?味噌ちゃんこなのだけど、上にバターが乗っていたりもする。 
 

麺を入れると雰囲気、味噌ラーメン風に。鍋は大きかったけど、若干底が浅いようで、思ったほどのボリュームは無かったような・・・。でも他に天ぷら等のおかずが付いているので、一人鍋だしこの程度で十分だったかも。 
 

こちらは何時もの「海老と野菜の天ぷら」。可も無く不可も無く、普通に何時もの天ぷらだ。 
 
同じく何時もの「ヨコワのたたき」・・・、何だけど、この日のは、ちょっと切れ端っぽい感じで見た目も味もややイマイチだったかな・・・。
 
てな事で、またまた行ってしまったごち村のサービス和膳だが、好みの問題かも知れ無いが、やはり曜日に寄って当たり外れが大きいような気がする。今回の味噌ちゃんこ鍋の具が肉系だったら印象も変わったかも知れ無いが、鮭じゃねえ・・・。今度行く時は、自分でこのブログを見て日替りのメニューを調べてから行く事にしようっと!

2009年1月19日

寒くなって来た・・・、って事で久々に喜両由ですき鍋定食。お肉もたっぷり!

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:14 PM
 
代理人記録
 
大阪在住の某会社勤務時代、昼飯に時々行くうどん屋さんの冬限定のメニューに「すき鍋うどん」ってのがあった。名前が現しているように、すき焼きにうどんを入れたような小鍋風のうどんで、お肉たっぷり、また生卵も付いていて、まさにすき焼きを食べているかのごとくで、そのお店の冬の人気メニューでもあった。
 
時代は移り、もう私も兵庫県に戻って来て20年近く、そのお店にも二度と行く事は無い。が、しかし、寒い季節になると思い出すのがその時の「すき鍋うどん」の味。それに近いかどうかは判らないが、最近良く行っている荒井のうどん屋「喜両由」にもそれに近いメニュー「すき鍋うどん」ってのがあって、前々から気になっていたのだが、寒くなって来た事もあり思い切って?そのうどんを食べに行って来た。 
 

このお店もこのブログで度々登場しているので、すっかりお馴染だと思うが、こちらが荒井のうどん屋「喜両由」の暖簾・・・。讃岐風・手打ちうどんのお店で高砂界隈では他にこれと言ったうどん屋さんが無い事もあり?人気のお店だ。しかし流石に夜のやや中途半端な時間帯って事もあってか、やや店内は閑散としている。このお店には居酒屋メニューもあったりするので、居酒屋風に使っている客と、数人、うどんを食べてる客が居る程度。昼間の賑わいとはちょっと違う。まあ、土日だと夜でも結構、混んではいるのだけど・・・。 
 

入口のショーケースに飾られた「すき鍋うどん定食の見本」。このお店の人気の秘密?は、こう言った定食系のメニューが豊富にある事では無いかな?今回食べた「すき鍋うどん」の他にもボリューム満点の「牡蠣フライ定食」等、冬限定のメニューが豊富にある。ただどれもボリュームがあり過ぎて、お腹満腹になってしまうのが難点。どちらかと言うと量を減らして値段を下げてくれるとありがたいと思うのだけど・・・。 
 

こちらが今回食べた「すき鍋うどん定食」、1090円也。鉄鍋は私の好きな「喜両由鍋」と同じ鉄鍋のような・・・。ご飯もテンコ盛り。みただけでもボリューム満点だ! 
 

すき鍋うどん」はこんな感じ。ご覧の通り、牛肉の他、白菜やえのきや玉子焼き等も入っていて具沢山、と言うか、見た目的にはすき焼きにうどんを入れただけ・・・、とも言える。 
 

一番上に玉子焼きが乗っていたので、もしかして生卵は無いの?と思っていたが、しっかりと半熟加減になった卵は入っていた。それ以上に、最初観た時はお肉が少ないように見えたのだが、何の何の、鍋の中にはこれでもか!と言うぐらいの牛肉が入っている。1090円でこれだけのお肉が入っていると結構お得なお値段じゃないのかな? 
 
出汁は確かに甘めだけど、思い出の大阪のうどん屋さんのように、すき焼きに近い出汁では無く、どちらかと言うとうどんの出汁に、牛肉を甘く煮た時の出汁が混ざったような感じの甘さだ。個人的には結構好きな味かも
 
てな事で、寒い季節になったって事で、「喜両由」の「すき鍋うどん定食」を食べたが、個人的に今まで冬の定番メニューと言えば「喜両由鍋」であったが、これからは「すき鍋うどん」もお気に入りのメニューの一つになる事は違い無い。この冬、もう一回ぐらいは食べに行こうっと!

2009年1月18日

以前から一度食べてみたいと思っていた旭食堂のかつめし・・・。タレの味が・・・。

Filed under: かつめし — 代理人 @ 8:47 PM
 
代理人記録
 
色々あるかつめしのブログ記事を読んでいると良く名前が出て来るのが、加古川の寺家町通りの西に外れにある「旭食堂」のかつめし。以前から気になっていたし、何度もこのお店を見に行ったり前を通ったりしていたのだが、古びた町の飯屋風だったので、中々入る気にならなかった。が、しかし先日、近くを通った事もあり遂にこのお店に入ってみる事に。 
 

こちらがかつめしの話題が挙がると度々登場する「旭食堂」。どうみても古くからある田舎の町の飯屋さんだ。地元民相手のお店・・・、としか思えないような店構え??? 
 

店内はこんな感じ。昭和の香り漂う、4人掛けテーブルに加え、壁のメニューを見ても、うどんや丼もの中心の、まさに昔長柄の飯屋さんと言う感じ。しかし、かつめしだけは特に大きく書かれてあって、このお店の人気メニューのようだ。
 
それにしてもランチタイムにも関わらず、店内は閑散としていて、客は他に一人しか居ない。とても人気のあるお店には見えない・・・。おじいさんとおばあさんに近い夫婦の二人だけでやっている、ホンマ昔からやっているお店のようだ・・・。 
 

で、こちらが今回食べた「旭食堂のかつめし」、800円也。付け合せはボイルドキャベツでは無く生レタス。ドレッシングとかはかかって無い。ちなみに、味噌汁とかそう言ったものも付いて来ない。 
 

こちらは特製カツメシタレのかかったビーフカツ。タレは甘めを押さえた、どちらかと言うと洋風テイスト漂う酸味のあるような感じ。ちょっとお店の雰囲気で想像していた味とは違う。タレ的にはやっぱ食べ慣れた伊保の一平とか東加古川のロッキーとかの方が好きかな? 
 
ビーフカツの肉はこれまたかつめしの定番で、かなり薄い。肉の味もあっさり・・・。まあ、このお店で、このお値段で多くを期待しては行けない・・・
 
てな事で、もう何年も前からずーっと食べてみたかった「旭食堂のかつめし」だが、やはり私には伊保の一平とか東加古川のロッキーの方が合っている。美味しいとか言う評判を聞いたのだが、お店の客の入りが全てを物語っているのじゃあ無いかなあ・・・。まあ、個人的には一度行けば十分かと・・・。やはり「かつめし」は奥が深い???

2009年1月17日

100割引券があったので、久々にかつやのカツ丼。でも今回はヘレカツ丼だ!

Filed under: — 代理人 @ 8:07 PM
 
代理人記録
 
例に寄ってワーナーマイカル加古川に映画を観に行ったので、またもや「かつや」でお手軽ランチをする事に。 
 

こちらがすっかりお馴染、かつや東加古川店。播州近辺だと東二見近辺にも支店があって、まだ東加古川店が無かった頃には東二見店に行ってたのだが、東加古川店が出来てからはこのお店しか行って無いような・・・。まあ、基本的にはワーナーマイカル加古川へ来た時に利用する場合が大半なのだけど・・・。 
 

でちょっと前にもかつやに行ったばかりなのに、続けてかつやに来たのは、この100円割引券がまだあったからしかし定番のカツ丼を初め、加古川店限定のかつめしや、期間限定のカレーカツ丼等、CoCo壱のカレー屋同様、定番メニューはほとんど食べ尽くして来た感があるので、今回はちょっと赴きを変えてヘレカツ丼を食べてみる事に。ヒレカツ丼と言えば・・・、アスパ高砂の中にあるうどん屋で食べて以来かな? 
 

こちらがヒレカツ丼のメニュー。何時ものロースカツ丼(梅)だと、80gのカツで490円なのだが、ヒレカツ丼(梅)の場合、ヒレカツ2枚で590円也。って事で、トンカツのg数は判らないが、お値段的には100円ほど高い・・・、って感じかな? 
 

こちらが実際に運ばれて来たヒレカツ丼(梅)、通常価格590円が割引券使用で490円也。今回はお腹もそんなに空いて無かったので、何時もの豚汁は頼まなかった。相変わらず卵の半熟度は低くて?しっかりと卵に火が通ってしまっているような感じがする。 
 
ヒレカツはこんな感じ。ロースカツと違って厚みはあるけど肉質的には似たり寄ったりなので、まあロースカツであろうとヒレカツであろうと、かつやの味には変わり無いような気が・・・
 
てな事で、かつやは兎も角、久々にカツ丼を食べたような・・・。加古川駅前にあった今は無き「菴羅食堂」が値上げをする前であれば絶対にあちらのカツ丼の方がお薦めだったのにねえ・・・。おっちゃんに代わって、値上げしてから、あっと言う間に潰れちゃったもんねえ・・・、勿体無い事だ。話は変わったけど、まだ100円割引券が残っているので・・・、また近々、かつやに行くかも知れ無い・・・。まさにお店の思う壺・・・。東加古川近辺にはこうやって客を誘うのが巧い店が多いのかも?

2009年1月16日

加古川店が無くなったので久々に東加古川店へ・・・!しかも豚キムチ定食だあ!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 7:18 PM
 
代理人記録
 
今年(年が変わったので昨年の話になってしまったが・・・)も発売されたラーメン来来亭のカップ麺、例に寄って買いだめして、ちょっとずつ食べている。 
 

こちらがエースコック製ラーメン来来亭のカップ麺背脂がたっぷり入ったスープが付いている。この背脂の量はカップ麺一の量では無いかな? 
 

当然の如く、蓋には来来亭の割引券が付いている。って事で、早々割引券を持って来来亭に行く事に・・・。今まで一番近かったサザンプラザ加古川店は無くなってしまったので、ちょっと遠いけど東加古川店まで足をのばす事に・・・。 
 

こちらが久々に行ったラーメン来来亭/東加古川店サザンプラザ加古川店は無くなってしまったけど、来来亭の店舗ってあちこちに増えたような気がする・・・。やっぱちょっとお店増やし過ぎじゃ無いのかなあ・・・。 
 

入口及び店内の壁のメニューには、サザンプラザ加古川店には無かった「豚キムチ定食」のメニューが・・・。しかも「復活ーっ!!」と書かれている。東加古川店にはこんなメニューがあったのか・・・、知らなかった・・・。 
 

ちなみに「豚キムチ」は一品メニューにあるので、それをセットにしただけ・・・、とも言える。単品だと400円もする。定食用と単品の量が同じかどうかは定かでは無いが、定食は結構お得な値段設定になっている・・・、のだろう。 
 

こちらが「豚キムチ定食」、980円(今回は割引券利用で880円也)。 
 

ラーメンは何時もの如く、背脂多めのこってり、ネギも多め、麺は硬め。某ラーメン屋と違い、ネギ多めで頼むとネギラーメンの如く、大盛りのネギを入れてくれるので、物凄くお得感がある。 
 

注文してから直ぐに運ばれて来た割には、硬めで頼んだ麺がちょっと柔らか目・・・、それでも背脂はたっぷりで、何か鉢に飛び散らかっている。ちょっと濃い目の醤油ダレだが、たっぷりの背脂と調和して中々旨い 
 

こちらが今回初めて食べる来来亭の豚キムチ・・・。ネギがたっぷり乗っているけど、基本的にはオーソドックスな豚キムチに見える・・・。 
 
豚キムチのアップはこんな感じ。味的には、大きなインパクトは無いけれどご飯との相性はぴったし。中々エエ感じの定食になっている。
 
てな事で、サザンプラザ加古川店亡き後、来来亭が遠のいてしまうのでは無いかと危惧していたが、カップ麺の割引券もまだまだあるし、豚キムチ定食と言う新たなアイテムを見つけてしまったので、また来来亭に行く機会が増える事になるだろう・・・。

2009年1月15日

姫路のとんかつ屋さんシリーズ?名前はむさしだけど、神戸の名店とは違う・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 8:32 PM
 
代理人記録
 
姫路のとんかつ屋さんシリーズ・・・、第?弾??、今回は前々から気になっていた神戸の名店と同じ名前のお店とんかつ「むさし」に行ってみる事に。 
 

こちらがとんかつ「むさし」。大手前筋、ヤマトヤシキのちょっと北側にある。この通りは「ザ・祭り屋台in姫路城」へ行った時とかも含め、腐るほど前を通っているのだけど、全然記憶が無い。とんかつが食べたい!と思わない限り、全く気が付かないようなお店である。話に寄ると昔からこの場所にある老舗のとんかつ屋さんらしいのだが・・・ 
 

まずは何を差し置いても生ビール。サービスで、レンコンとかゴボウを使った筑前煮風のものが付いて来る。これが素朴な家庭の味で、中々美味しい。ちょっとした心気張りなのだろうけど、こう言ったおまけが付いて来るだけでお店の印象ががらりと変わる物だ。 
 

こちらがとんかつ「むさし」のお品書き。とんかつ屋さんと言うよりも、洋食屋さん的なメニューに思える。トンカツもロース以外にヘレカツがあるし、ビフカツもあったりしてちょっと浮気心が湧いて来たりもしたのだが、ここは初志貫徹、トンカツ定食を注文する事に・・・。
 

こちらが今回食べたトンカツ定食1100円也。メインのトンカツと、豚汁&ご飯がセットになっている。見た目的にはボリューム満点な感じだ。生キャベツやスパゲティの組合せを見ると、昭和の香りを思い出されるのは私だけか? 
 

トンカツ定食のロースかつはこんな感じ。とんかつ専門店的な気持ちで入ったので、所謂、一般的なトンカツソースが出て来るものだと思っていたのだが、かつめしのタレに近いデミグラスソースがたっぷりとかかっている。この辺りはどうみても洋食屋さんのとんかつとしか思えない・・・。
 
ローストンカツはこんな感じ。基本通りのトンカツ・・・、と言うような代物だが、ちょっと甘めのデミグラスソースとの相性も良く、カツもソースもこれまたご飯にもマッチして中々美味しいぞ。値段がちょっと高目なのが、難点ではあるが、このトンカツ定食ならまた食べに来てもエエような・・・。ビフカツ何かも気になるし、絶対にまた来ようっと 
 

こちらは定食に付いていた豚汁。最初、普通のお味噌汁に見えたのだが、底には細切れの豚肉とかが結構入っていて、見た目のインパクトが薄かっただけに結構美味しい豚汁だった。やっぱトンカツ定食には豚汁が合うよねえ・・・
 
てな事で、こちらも以前から行ってみたかったお店の一つだったし、そこそこ美味しかったのでお気に入りのお店の一つに加えておこう。以前、行った駅地下のトンカツ屋さんも雰囲気は似てるのだけど、やっぱデミグラスソースや、豚汁の差で大きく好みが分かれるのかも知れ無い・・・。

2009年1月14日

すき家の限定メニュー、豚とろ角煮丼・・・。直ぐに消えて行くメニュー・・・かな?

Filed under: — 代理人 @ 10:25 PM
 
代理人記録
 
時々利用している牛丼チェーンの「すき家」。狂牛病の影響もあってか、今や牛丼チェーン店と言うよりも完全に丼屋さんになっているような気がする・・・。まあ、味的に「吉牛」より劣るので「丼系」に力を注ぐのは間違いでは無いだろう。
 
で、最近、すき家に行く時は限定メニューが多い・・・、って言うか、限定メニューに誘われて私が行っていると言うような感じか・・・。それはすき家だけに限った事では無く、例の新在家ラーメン・もんど何か完全にそうなってしまったのだが・・・。
 

で、今回私が食べたすき家の限定メニューはこちらの「豚とろ角煮丼」。豚の角煮が乗っているだけの丼?なので、和風だと思うのだが、何故か「とろうま中華」と言う扱いになっている。
 

こちらが今回食べた「豚とろ角煮丼」、豚汁セット(お新香も付いてるのでお得)にしたので580円也。辛子も付いている。
 

「豚とろ角煮丼」はこんな感じ。ご飯の上に豚の角煮を乗せ、甘ったるいタレをかけただけ・・・、と言うような代物。まあ、商品名の通りと言えばそれまでなんだけどね。
 

豚とろ角煮はこんな感じ。柔らかいお肉でご飯にも良く合う。タレは甘くてちょっと濃い目。もうちょっと薄味でも良いのだけど、煮込んだ・・・感を出す為にはこれぐらい濃い味で無いと駄目なのかな・・・。
 
こちらは最近、とんかつ屋さんや牛丼屋系でも良く食べている豚汁。すき家の豚汁は130円なので、なか卯よりは安いがかつやよりは高い・・・。って事で値段的には真ん中で、量と味的にも真ん中かな?とりあえず具はそれなりに入っていたけれど・・・。
 
てな事で、今回もまたすき家の限定メニューを食べた。すき家やなか卯は、最近限定メニューばかりで長い間、牛丼なんて食べて無いような・・・。まあ牛丼が食べたくなったら素直に吉牛へ行くけど・・・。

2009年1月13日

明日香高砂店でかつめし・・・。しかーし・・・、全く持って美味しく無いのだが・・・。

Filed under: かつめし — 代理人 @ 10:04 PM
 
代理人記録
 
古くから加古川・高砂一帯にチェーン展開をしている喫茶店・明日香であるが、高砂駅北側にもお店がある。オープンしてからもう20~30年経つような気がするが、高砂町内では深夜まで営業している貴重な喫茶店?と言う事で、今直、結構流行っている。私も仕事の打ち合わせとか、明石の某I君が来た時とか、偶に利用しているのだが、暫く遠ざかっていた。何より、喫茶で利用した事はほとんど無かったのだが、この前、お店の前を通るとランチタイムに時々「かつめし」がある事を発見。何時か、その「かつめし」を食べてみようと思っていたのであった。そして遂に、その「かつめし」が食べれる日がやって来たのであった。 
 
   
こちらが明日香/高砂店。上にも書いたように夜遅くまで営業している事や、二階にも席のある結構広い店内と言う事もあって、時間帯に寄っては未だに賑わっている。
 
 
この日の日替りランチメニュー(タイムランチと書いてあるのが、ちょっと意味不明?)には待望?の「かつめし」と書かれてあるので、入る事にしたのだった・・・。長い間メニュー表を観て無いので通常メニューに「かつめし」があるのかどうかは定かでは無い。 
 

こちらが今回食べた「かつめし」、食後のドリンク付きで830円也。ボイルドキャベツでは無く、生キャベツのサラダなところが、喫茶店ならでは? 
 
かつめし」のアップ写真はこんな感じ。 
 
ビーフカツ自体はこれまた「かつめし」の定番の如く、叩いて薄く引き延ばされたお肉。あまりに薄すぎて?肉の味があまり無い。かつめしのタレも市販っぽい味で、これまた個性が無い。お腹を満たすには十分な量があるのだが、かつめしが食べたい!と思って食べるような物で無い事には違い無い。個人的にはもう食べたいとは思わない味かな・・・ 
 
一応、サラダに味噌汁も付いている。サラダはテーブルの上に用意されているドレッシングを掛けて食べる。見た目の通り、極々普通のサラダ。味噌汁も喫茶店の定食にありがちな味。まあこの辺りは想像通りだけど・・・。 
 
喫茶店?と言うか、明日香?なので、当然の如く、ドリンクが付く。こちらは今回私が飲んだ食後のコーヒー、アメリカン。日頃、あまりコーヒーを飲まないんで美味しいコーヒーなのかどうかはちょっと不明・・・。
 
てな事で、久々に行った明日香/高砂店で、ずっと食べてみたかった「かつめし」を食べたのだが、残念ながら、まさに喫茶店の「かつめし」と言うのか、やっつけ仕事で作られたようなレベルで凄く残念だった。今度、日替りメニューに「かつめし」と書かれていたら、迷わず他のお店に行く事にしよう・・・

2009年1月12日

何かと話題?のVistaの次のWindows7!!!ミーハーなので早速ベータテストだ!!!

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 7:04 PM
 
代理人記録
 
Windows Vistaの大コケで話題の来年発売予定のWindows 7のベータテストが9日から始まった。ベータ版自体は以前からも配布されていたのだが、公式に日本語版が公開されたのは、多分初めてのはず・・・。しかも対象者は一般の人でも可能。(当初は世界中?で250万人とかだったのだが、希望者が殺到した為、とりあえず、日付限定で無制限の公開とかなった・・・・・、と言う話)。
 
てな事で、ミーハー・・・、と言うか、Windows2(Windows3.1やWindwos95の遥か昔)の頃からWindowsに接して来た、代理人としては、この波に乗らずには居れないでしょう!!!てな事で、久々にベータテストに参加、お試しパソコンにインストールしてみた。怪しげなOSを時々試している代理人のパソコンだけど、今回は公式に公開されたWindows7ベータ版なので、堂々とブログに書ける・・・。(これが一番嬉しい事?だったりして・・・。)
 
 

こちらがインストールしたてのWindows 7で我がブログを観てみたところ・・・。インストール直後に近い状態なので、画面も至ってシンプル。とりあえず必要そうなガジェットを3つばかし追加しただけの画面・・・。以前、お試しVistaを別のマシンに入れたことがあるのだが、メモリが512MBだった事もあり悲惨な状態だった。それに比べ、今回のパソコンはセレロンながら4GBのメモリを積んでいるし、アプリがほとんど無い状態なので、今のところは凄く快適。ベータ版につき物のOSのハングアップも・・・、アプリが無い為、今のところ皆無・・・。今後、アプリを入れるとどうなるかは不明だけど・・・。
 
 

こちらはVistaから出来たパフォーマンスの診断。スコア3.3ってのは、完全にチップ内蔵のグラフィックが足を引っ張っているような・・・。ちなみに今回入れたパソコンはDual Core セレロンの2.0MHz、メモリはグラフィック兼用で4GB、グラフィックはチップ内蔵の945Gなので、Vistaで話題になったAero3Dフリップフロップが・・・、出来ないみたい・・・・。
 
まあ、とりあえずのベータ1なので、今のところ何とも言えないけど、噂ではメモリが少なくても快適に動く?って事なので、期待しておこう・・・。と言うか、早くWindows7が出て欲しいな。Vistaは完全にWindowsMeと同じ運命を辿っている・・・
« 前のページ次のページ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.