義史のB型ワールド

2009年1月26日

割引券があったので、再びまこと屋別所店へ!今度は牛骨白湯スープ・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:21 PM
 
代理人記録
 
昨年の10月にイオンタウン姫路別所内にオープンしたラーメン屋「まこと屋/イオンタウン姫路別所店」に行った時の事をこのブログにも書いたのだが、我々が行った後、割引券の付いた折込チラシが新聞と共に入っていた。どうせならもっと前に入れて欲しかった・・・。しかし割引券を見ていると定食の200円引き券とか、餃子無料券とかあったので、勿体無い性である私なので、使わずには居られない。その前には隣の喃風のランチにも行ったばかりだったのだが、再び割引券を持ってまこと屋/イオンタウン姫路別所店」に行って来た。
 
ちなみにこのお店の本店(大阪にある)は、あの島田紳助が資金提供した?とか言う話のあるお店である。詳細は以前の記事、または公式サイトをご覧あれ。
 

こちらがまこと屋/イオンタウン姫路別所店。前回と同じ、午後8時近い時間帯だったが客足は数組。店員は3人体制になっていた。この時間帯にしてはそこそこ客が入っていると言えるのかな?
 

前回訪問時に、公式サイトに載っている牛骨を使ったスープが売りの牛醤ラーメンってのがメニューに無かったのだが、流石にお店が落ち着くまでは限定メニューにしていたのか、今回行ったら牛醤ラーメンがメニューに載っていた。普通の「鶏醤ラーメン」が590円なので、60円ほど高い価格設定なのだが、果たしてそれだけの価値があるのかどうか・・・。
 
ちなみに牛骨を使ったラーメン・・・と言えば、その昔、加古川にもあった事を知る人は少ない・・・。(その後、牛骨ラーメンって言うお店も出来たのだが、私が行く前に、狂牛病が問題となり、直ぐにお店は無くなってしまった・・・。)
 

こちらは牛醤ラーメンがセットになった定食メニュー。基本的には「鶏醤ラーメン」がセットになった定食と種類は同じでどれもラーメンの差額分60円ほど高くなっているだけ。今回は定食200円割引券を利用するのが目的だったので、私はこの中から「ミニ焼豚丼定食」、950円を注文。このままの値段だと物凄く高く感じるが、200円引きの750円になると思えば・・・、お得感はあるかな?
 

こちらが、牛醤ラーメン。どんなスープかなと思いきや、白濁したスープでパッとみは塩豚骨系のスープに見える。表面にはネギ油?がちょこっと浮いている。具は焼豚の他、半熟味玉が半玉、それにモヤシとネギ等。
 

牛醤ラーメンのスープと麺はこんな感じ。ちょっと甘目のスープで、何も思わずに食べると豚骨ラーメンと勘違いするようなスープ(ただし、当然の如く?豚骨臭さの無い関西風とんこつ系に近い)。絶賛する程の味では無いが、まあ美味しい方じゃ無いかな?この手のスープは、この辺りではちょっと珍しいから、これはこれでありかも。
 

続いて定食のセットのミニ焼豚丼。ご飯の上に細切れの焼き豚と、半熟目玉焼、それに薬味のネギと海苔が乗っていて特製のタレと相まって、こちらもそこそこ美味しい。雰囲気はラーメン太郎のチャーシュー丼に近いような気がする。ただラーメン単品と定食の差額から計算すると、このミニ焼豚丼は300円って事になるので、セット物としてはちょっと高いような気がする。何も大阪価格に合わせる事無いのにね・・・。値段は重要な要素なのだけど、ランチタイムにも特にお得なセットも無いようだし、このままのメニュー設定では苦戦するんじゃ無いかな?
 
  
こちらは前回訪問時は売り切れだったのだが、それ以来にずっと気になっていた「コロコロ卵フライ」。お値段が一個10円って事で、とりあえず一人一個注文。その実態は半熟ゆで卵をそのままフライにした、シンプルな物。近頃のうどん屋さんに良くあるゆで卵の天ぷらのフライ版・・・、と言う感じなのだけど、まあどうって事の無い味。フライなので、ラーメンに入れる気にも成れず・・・、まあ一度食べたら十分かな・・・。みんなそんな感じで、きっと今回は売れ残っていたのだろう・・・。
 
写真を撮り忘れたのだが、餃子無料券もあったので、今回も餃子を食べた。ネーミングは「パリパリ餃子」なのだが、相変わらず、ふにゃふにゃの餃子だ。調理時間とこのふにゃふにゃ度を併せて考えると焼き置きした餃子かも知れ無いと言う疑惑で頭の中が一杯・・・。餃子と言えばラーメン屋の重要な看板メニューの一つだと思うのだが、それがこんなフニャフニャ餃子を出していると、お店の足を引っ張る事になるんじゃ無いかな・・・。
 
 
 
ちなみに前回も今回も昨年の10月にオープンしたイオンタウン姫路別所内にあるお店に行ったのだが、間も無く加古川の野口に出来るイオンタウン野口?にも、今回行ったラーメン屋「まこと屋」がオープンする。
 
  
姫路城下らーめん宿場町にある「まこと屋」は場所的に風前の灯状態なのだが、イオングループと手を組んだのか、イオンタウン内の出店には力を注いでいるようだ・・・。でもねえ・・・、やっぱ一番重要な味がこの程度だと、ちょっと厳しい物があるんじゃ無いのかなあ・・・。何はともあれ、餃子が姫路別所店みたいなふにゃふにゃ餃子を出していると、一気にそのお店の評価は下がってしまうよねえ・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.