義史のB型ワールド

2009年1月21日

麻婆豆腐と坦々麺の専門店?こりゃあまた大胆な!!!

Filed under: 中華料理, — 代理人 @ 10:55 PM
 
代理人記録
 
ちょっと前に姫路で陳麻飯と言う麻婆豆腐丼のような物を食べたのだが、神戸には麻婆豆腐専門のお店がある。場所は神戸ソフマップの向かいにある阪急百貨店神戸店の6F?のレストラン街。以前、豚まんで有名な「一貫楼」があった場所に出来た。てな事で神戸ソフマップに行ったついでにちょっと寄ってみた。
 

こちらが麻婆豆腐専門店で、その名も「重慶麻婆豆腐店」。以前あった「一貫楼」の店舗がどんなんだったか、記憶が無いが、パッとみお洒落な店舗に見える。ただこのお店、反対側からも入る事が出来て、そちらはちょっと大衆中華料理屋風で、以前の「一貫楼」のままっぽいような・・・。
 

重慶麻婆豆腐店」のメニューはこんな感じで、基本的には麻婆豆腐と坦々麺しか無いメニュー構成になっている。ランチタイムとディナータイムが同じメニューなのかどうかは定かでは無いがお店の名前、及びメニューの雰囲気からするとやはりこれだけしかメニューが無いような気がする・・・。
 

きっとこのお店に来るのは最初で最後?と言う気がするので、看板メニューである麻婆豆腐(丼)と坦々麺が同時に味わえるメニュー「Half & ハーフ」ってのを注文する事に。名前の如く、半分サイズの麻婆豆腐丼と坦々麺がセットになったメニューだ。
 

こちらが実際に食べた「Half & ハーフ」、1100円也。量にも寄るのだけど流石に神戸価格と言うのか百貨店価格のお値段のような・・・。まあ美味しかったら、それはそれで構わんのだけどね。
 

麻婆豆腐丼(ハーフサイズ)はこんな感じ。見た目的にはご飯の上に麻婆豆腐をかけただけのシンプルな料理だ。お店の公式サイトに寄ると、
 
辛味のきいた台湾産と味に深みのある四川豆板醤を独自にブレンド、麻辣(マーラー)の爽やかな辛味と花椒(ホワジャオ)の香りの中辛味だけではなく豊かな旨みが広がる横浜中華街の食通もうならせる逸品
 
との事。
 

お店自慢の麻婆豆腐はこんな感じ。果たしてそのお味は・・・・。確かに旨い!オーソドックスな麻婆豆腐・・・、と言ってしまえばそれまでなのだが、確かにどっか一味違うと言う気がする。ご自慢のメニューだけの事はあるかな
 

続いて坦々麺(ハーフサイズ)はこんな感じ。お店の公式サイトに寄ると、
 
四川料理の麺の看板メニューである胡麻の香りときりりとした辛味が特徴の坦々麺
 
との事。
 
こちらもオーソドックスな坦々麺だけど、そこそこ美味しい。ただ、個人的には坦々麺があまり好きじゃ無いと言うのか、あまり食べないので、麻婆豆腐ほどの感動は無く、まあ美味しい坦々麺かな・・・、と言う程度。坦々麺好きな人が食べるとどう思うかは判らないけど・・・。
 
てな事で、ちょっと前に姫路の中華居酒屋みたいなお店で同様のメニューを食べたばかりだったのだが、麻婆豆腐に限っては、確かにお薦め出来る味で、この麻婆豆腐を食べるだけの為にこのお店に行くのはありかも知れ無い。ただ、メニューがこれだけ・・・、ってのは長きに渡って営業を続けるのは、ちょっと苦しいのじゃ無いかな?既に日替りの麺セットがあったように、もうちょっとメニューが無いと、折角、神戸まで来て食べるには、ちょっと寂し過ぎるかも・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.