義史のB型ワールド

2009年1月15日

姫路のとんかつ屋さんシリーズ?名前はむさしだけど、神戸の名店とは違う・・・。

Filed under: 焼肉、その他の肉料理 — 代理人 @ 8:32 PM
 
代理人記録
 
姫路のとんかつ屋さんシリーズ・・・、第?弾??、今回は前々から気になっていた神戸の名店と同じ名前のお店とんかつ「むさし」に行ってみる事に。 
 

こちらがとんかつ「むさし」。大手前筋、ヤマトヤシキのちょっと北側にある。この通りは「ザ・祭り屋台in姫路城」へ行った時とかも含め、腐るほど前を通っているのだけど、全然記憶が無い。とんかつが食べたい!と思わない限り、全く気が付かないようなお店である。話に寄ると昔からこの場所にある老舗のとんかつ屋さんらしいのだが・・・ 
 

まずは何を差し置いても生ビール。サービスで、レンコンとかゴボウを使った筑前煮風のものが付いて来る。これが素朴な家庭の味で、中々美味しい。ちょっとした心気張りなのだろうけど、こう言ったおまけが付いて来るだけでお店の印象ががらりと変わる物だ。 
 

こちらがとんかつ「むさし」のお品書き。とんかつ屋さんと言うよりも、洋食屋さん的なメニューに思える。トンカツもロース以外にヘレカツがあるし、ビフカツもあったりしてちょっと浮気心が湧いて来たりもしたのだが、ここは初志貫徹、トンカツ定食を注文する事に・・・。
 

こちらが今回食べたトンカツ定食1100円也。メインのトンカツと、豚汁&ご飯がセットになっている。見た目的にはボリューム満点な感じだ。生キャベツやスパゲティの組合せを見ると、昭和の香りを思い出されるのは私だけか? 
 

トンカツ定食のロースかつはこんな感じ。とんかつ専門店的な気持ちで入ったので、所謂、一般的なトンカツソースが出て来るものだと思っていたのだが、かつめしのタレに近いデミグラスソースがたっぷりとかかっている。この辺りはどうみても洋食屋さんのとんかつとしか思えない・・・。
 
ローストンカツはこんな感じ。基本通りのトンカツ・・・、と言うような代物だが、ちょっと甘めのデミグラスソースとの相性も良く、カツもソースもこれまたご飯にもマッチして中々美味しいぞ。値段がちょっと高目なのが、難点ではあるが、このトンカツ定食ならまた食べに来てもエエような・・・。ビフカツ何かも気になるし、絶対にまた来ようっと 
 

こちらは定食に付いていた豚汁。最初、普通のお味噌汁に見えたのだが、底には細切れの豚肉とかが結構入っていて、見た目のインパクトが薄かっただけに結構美味しい豚汁だった。やっぱトンカツ定食には豚汁が合うよねえ・・・
 
てな事で、こちらも以前から行ってみたかったお店の一つだったし、そこそこ美味しかったのでお気に入りのお店の一つに加えておこう。以前、行った駅地下のトンカツ屋さんも雰囲気は似てるのだけど、やっぱデミグラスソースや、豚汁の差で大きく好みが分かれるのかも知れ無い・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.