義史のB型ワールド

2009年1月6日

2009年度、新年会も終わってしまいましたねえ。

Filed under: さりげない我家の風景 — 代理人 @ 10:07 PM
 
代理人記録
 
昨年の新年会には参加出来なかったけど、今年は二年ぶりに参加。例年、新年会は管理人さん邸でやる事が多いのだが(何か、一回出来なかった年もあったけど・・・。)、今回は年末から管理人さん邸で風邪が大流行!と言う事で、急遽、30番さんのお宅を借りる事になりました。感謝!感謝!
 
 

こちらが今年の新年会の写真。お正月には嫁の実家に戻ってしまう某I君以外は、ほぼフルメンバーが参加かな?。ここに写っていない奥様方は、管理人さんの奥さんを除くとそれぞれの奥様方は旦那さんの送り迎えだけで、新年会には参加しなかった・・・。折角なのに、ちょっとの間でも寛いで行けば良かったのに・・・。
 
 

何時の間にやら、左端っこには大阪から遥々と駆けつけたT君の姿もちらり・・・。例に寄って何時もの如く、彼のぼやきが始まりました・・・・・。ホンマ、彼も色々あるねえ・・・、まさに波乱万丈の人生也
 
 

 
とりあえず、個別の写真をちょこっとだけ御紹介。それにしても今回は特別参加的な顔ぶれは一切無く、昔ながらのメンバーだけだったねえ。お子様達の参加も無くなってしまった事もあり、年々、参加者も減って来てるような気もするねえ・・・。
 
 
そんなこんなの2009年度早々の新年会であったが、この日はちょっと早目に打上。時間も早いって事で、カラオケに行こう!と言う話になったのだが、管理人さんが行方不明。後発部隊となった我々は某JAの奥様の運転で宝殿近くのカラオケ屋さんに送ってもらったのだが、JAの旦那も帰ると言い出して結局、残ったのは下の二人と私だけ・・・

こちらが、前回、花見の後にも行ったカラオケ屋さん・・・、の部屋の中。このメンバーでカラオケってのも中々珍しい・・・。こう言ったメンバーなので、ちょっと懐かし目の曲オンパレードだった・・・、かな?
 
 

加西のYY君の歌を聴くのも久々な気がする・・・。お疲れさんでした。
 
 
遥々大阪から駆けつけたT君は、終始この大勢でご機嫌に歌っておりました。
 
てな事で、何はともあれ、年初めの恒例の行事である新年会も無事終了!今年こそ、みなさんにとっても、私にとっても良い年でありますように・・・。頑張りましょう!

蟹と牛肉でお腹一杯・・・、でも最後もやっぱり肉!うどん・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:43 PM
 
代理人記録
 
日本海で但馬牛やら松葉蟹やらたらふく食って帰って来たので、もう夜飯は要らんやろ・・・、と言う話になったのだが、夜を食べずに居るときっと夜中にお腹が空くのでは無いか・・・、と言う話になり、じゃあ軽く何か食べて帰ろうと言う事になった。折角なので、帰る途中の小野にある播州ラーメンで有名な「らんめん」何時ぞや、みんなでラーメンツアーで行った事あるよねえ~)に行こうと言う話になったのだが、小野で食べるには、まだお腹がそこまで空いて無い。てな事で加古川近辺で・・・。そうなるとこれと言ってお勧め店が浮かばない。じゃあ、うどんにしようかと言う事で、それなら私の好きな加古川市役所近くの讃岐うどんや」に行こうと言う事になった。
 

こちらがこのブログでも何度か紹介した「讃岐麺うどんや」。加古川市役所の南の方にあるのだが、この近辺には今や飛ぶ鳥を落とすかの勢いがあるトリドール・チェーン「丸亀製麺」の第一号店、あるいは手打ち麺で定評のある「琴平」大阪を代表する関西うどんの雄「力うどん」、それに「讃岐麺うどんや」の姉妹店でカレーうどん専門の「玉家」等、この一帯は、加古川一のうどん激戦区になっている。
 

こちらが「讃岐うどんや」のうどん注文コーナー。普通のうどんはここで注文すると湯掻いたうどんに出汁を注いで渡されるのだが、肉うどんはちょっと違う・・・
 

今回、私のお薦めって事で、甥っ子も同じ物を頼んだ「肉うどん」のメニュー。セルフ形式のうどん屋なのだが、この肉うどんは国産牛を使っている?って事もあってか、600円とちょっと高い。しかも、他のセルフのうどんと違い、肉うどんは注文後、調理場で作られた後、席まで運んで来てくれる
 

こちらが今回食べた肉うどん600円也。牛肉がたっぷりと入っていて中々旨そうでしょ?ネギも気持ち、多めかな?
 
  
麺は讃岐麺うどんやご自慢の讃岐風手打ち麺甘く煮込まれた牛肉と、これまた甘めの関西風のお出汁が中々旨い。シンプルなうどんだけど、個人的には大好きな味だ。帰省中の甥っ子も東京の醤油辛いうどんばかり食べているせいか、絶賛のお味で大満足だった。
 
てな事で、日本海蟹ツアーの二日間の旅であったが、最初に食べたのが但馬牛、帰って来てから加古川和牛?と、何時もの如く肉好きな食生活が現れてしまったが、兎に角、二日間、めい一杯食べて遊んだように思う。当初の予定では5人での旅行だったのだが、今回はこれはこれで良かったかも。
 
これにて一泊二日、日本海蟹ツアーの旅日記も終了。ご清聴ありがとうございました。

WordPress.com Blog.