義史のB型ワールド

2008年12月25日

フカヒレ炒飯なのかフカヒレあんかけ炒飯なのか不明だけど、フカヒレスープだけは旨かった!

Filed under: 中華料理 — 代理人 @ 1:00 AM
 
代理人記録
 
東京二泊三日の旅の記録もようやく終了・・・。てな事でここからは再び日常のグルメ情報を・・・。
 
ヤマトヤシキ加古川の前身であるそごう加古川店がオープンした当初から6Fのレストラン街に君臨するのが中華料理のお店「赤坂飯店」。亡き父がまざ存命の頃、良く行ったものだ。ここには少人数用の個室があり、法事か祝い事でその個室も利用した事がある。しかし、父が亡くなってからは、他の中華屋さんへ行く機会が増え、ここ数年「赤坂飯店」はご無沙汰していた。しかし先日、お店の前を通ると「フカヒレ炒飯セット」ってのを発見。フカヒレ好きの私には、見逃す事が出来ない一品とも言える。てな事で、数年ぶりに「赤坂飯店」へ行って見る事に 
 
こちらが「赤坂飯店」加古川店。巨大では無いが、お店の名前が現しているようにチェーン店である。しかしこのお店は昔から、日本語のたどたどしい中国人が沢山働いている。(昔行った時は、日本語がほとんど理解出来ないような店員も居た)。今回もエスパー伊藤似の兄ちゃんを筆頭に、明らかに日本語が怪しい店員さんが数名いらっしゃった。それは兎も角、平日でも他にエエお店が無いからか、大変な賑わいで、ランチタイムはほぼずっと満席に近い状態だった。流石、そごうオープン当初から残っているお店だけの事はある・・・。 
 
 
こちらが私の心を引き付けた「フカヒレ炒飯セット」の陳列見本。以前から時々チェックしているのだが、おまけの一品の「酢豚」が、時には「エビチリ」だったりとか、何か月替わりになっているような気がする。ちなみにこのお店はセットメニューが豊富でやはり人気があるのは1000円以下のセットみたいだ。
 
 
こちらが今回食べた「フカヒレ炒飯セット」、1155円也。ちなみにオーダーを通してから運ばれて来るまで約3分。吉野家の牛丼並の早さだ。ランチタイム用に酢豚とか炒飯は沢山作って用意してあるのだろう。ただメインのフカヒレスープは熱々だったけど。
 
 
 
こちらがある意味、今回のメインの料理でもある「フカヒレスープ」。いわゆるカレーソースを入れるような器に入っている。これを見る限り、どうみても、ただのフカヒレスープでは無く、炒飯の上にかける「あんかけ炒飯」ように見えるよね・・・。
 
 
 
フカヒレの塊は・・・、入ってる訳が無く、良くある繊維状(春雨型)のフカヒレが、まあまあ、入っている。他の具はえのきに竹の子と、フカヒレスープ定番の具で構成されている。スープはやや醤油味が濃いが、結構私の好みに合っていて、そこそこ美味しい。フカヒレスープだけでも満足出来る味だ。
 
 
炒飯はこんな感じで、これまた見た目はオーソドックス。具は海老が目立つが、焼豚の切れ端はあまり入って無い?ような。ご飯はそこそこパラパラ。味付けはあっさり。まあ、可も無く不可も無いって感じの炒飯かな?
 
 
 
で、フカヒレスープの器が、どうみても、炒飯にかけてね!と言ってるように見えるので、フカヒレあんかけ炒飯にしてみた。上に書いたようにスープの味が私の好みにマッチしているので、あんかけにしても十分美味しい。このスタイルが正しいのかどうかは、お店の人の説明が無かったので、良く判らないけど、これはこれで美味しかったので、個人的には満足だ。
 
 
こちらは炒飯のおかず?とも言える「酢豚」。ややあっさりで薄味。個人的にはもうちょっと濃い目の味の方が好きだけど・・・。
 
 その他、シュウマイとサラダが付いているのだが、このシュウマイは極々普通・・・か、ちょっとイマイチなレベル。サラダは見たまんまで語るところはありません・・・。
 
てな事で、数年ぶりに訪れたヤマトヤシキ加古川店のレストラン街にある「赤坂飯店だけど、店構えとは違い、相変わらず庶民的な味付け(値段もセットメニューは割りとリーズナブルな設定かな?)で、如何にも加古川にある!と言うローカルな味のように思う。単品料理を頼むとそこそこのお値段がするが、セットメニューが豊富なので、ぜひまた行って、違うメニューも食べてみたいと思ったのだった。それにしても結構、流行っていたのが、ちょっと意外だったけど・・・

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。