義史のB型ワールド

2008年11月30日

姫路で帯広・十勝名物の豚丼食べた!そう言えば前回は大阪で・・・。

Filed under: — 代理人 @ 11:26 PM
 
代理人記録
 
ちょっとした用事で、姫路の街中をうろうろ。例に寄って昼飯時だったので、ちょっと前に西二階町にオープンしたと言う北海道料理のお店で「豚丼」を食べてみる事にした。お店は西二階町の中にあるのだけど、ちょっと西の方で若干閑散とした通りにある
 
こちらが今回行った、北海道料理のお店花とかち」。何時もならお店の写真も撮るのだけど、お店が暇そうで、店内から店主っぽいおっちゃんが、店前をじっと睨んでいる?し、向かい側のイタリアンのお店も、店内呼び込みのお兄ちゃんがずっと立っていてこちらを見つめているので、流石の私も写真を撮る気になれず・・・。上の写真はホット・・・、からの借用。内緒にしてね・・・。
 
こちらが「花とかち」のメニューの一部。今回はお店に行く前から「豚丼」を食べるぞ!と心に決めていたのだが、メニューにはそれ以外にも気になるメニューが一杯。まずは「超目玉・豚汁定食」が何と450円。この安さは魅力的かも(しかもご飯の大盛りもサービスらしい)。それに私の大好きな「北海道産牛/ステーキ丼」や北海道の丼の定番「海鮮丼」等もあって中々楽しそう。
 
ただ店内はカウンター中心のこじんまりとしたお店・・・、な割りにちょっと洋風な雰囲気や、安っぽい居酒屋の雰囲気や、何かごちゃまぜな感じのお店なので、ちょっと落ち着かないような感じ。この辺り、もうちょっと工夫が必要では無いかなあ・・・。
 
で、こちらが今回私が食べた「豚丼」。「豚丼」の他に、汁物で「豚汁」、それにサラダとたくあんがついている。ところで「豚丼」と言えば、B.S.E.問題発生以来、吉野家等の牛丼屋で、一気にメジャーになったが、本来は北海道は帯広の名物。しかも、その辺りの牛丼屋で食べれる、牛丼もどきの豚丼では無く、本当の豚丼は肉厚のある豚丼を甘目のタレで焼いた物をご飯の上に乗せて、更にタレをかけた物だ。吉野家の豚丼みたいな薄っぺらい豚バラ肉を煮込んだだけの豚丼は、北海道帯広名物の豚丼とは、ほど遠い丼なのである。
 
で、こちらがその「北海道十勝名物/白樺ポークの豚丼」、豚汁とサラダが付いて750円也。見た目的には、正当な北海道帯広の豚丼の姿をしている。そう言えば、私は都合、3回ほど、北海道一周の旅行をしたけど、3回とも帯広にも行ったけど「豚丼」って話題に出なかったなあ・・・。私が帯広名物/豚丼を初めて口にしたのは、大阪の百貨店の北海道物産展での時だった。今でも、本格的な「豚丼」を食べれるお店は少ない(と言うか、皆無)なので、姫路に誕生したこのお店は結構、貴重な存在かも。
 
豚丼の豚肉はこんな感じ。甘辛い特製のタレで焼き上げた、ちょっと分厚い豚肉がご飯の上に載っている。ご存知の通り、豚肉どご飯は良く合う。って事で、この丼も、豚肉とご飯を一気にほおばれば、口の中で、豚肉とご飯が混ざり合って絶妙なハーモニーをかもし出す。肉は、想像していたより、ちょっと薄めだったけど、味的にはオーソドックスな豚丼の味。加古川名物と同じで、豚丼もタレの味に大きく左右されるし、お店に寄って味の違いはある。このお店の豚丼も絶賛するまでは行かないが、播州近辺で食べれる正統派の豚丼としては貴重な存在だと思う。
 
こちらは豚丼に付いて来た豚汁。メニューには汁物としか書いて無かったので、どんな汁物かな?と不安?だったのだが、期待通り、豚汁が出て来た。豚丼&豚汁は、ある意味、豚料理の黄金のコンビでは無いだろうか。ただ味的にはオーソドックスな味の豚汁だった。豚汁も、中々、個性が出ない料理よねえ・・・。
 
てな事で、久々に食べた「帯広名物/豚丼」であったが、このお店の他のメニューも結構、気になる。定食系以外のメニューには、蟹などもあって、個人的には興味をそそるメニューが多いのだけど、上に書いたように、ちょっと入り難いようなお店でもある。しかもあまり流行って無いようにも見えるし・・・。てな事で、早めにお店に行かないと、このお店無くなってしまうかも。何と言っても場所がちょっと悪いよねえ・・・。

加古川で鮨を食べるなら与多呂しか無いですね。って事で再び・・・。

Filed under: — 代理人 @ 12:09 AM
 
代理人記録
 
下の甥っ子が10月から大阪で一人暮らしを始めた。その甥っ子が一ヶ月ぶり?に帰省。って事で何か美味しい物を食べに行こう!と言う事で、甥っ子がまだ行った事の無い鮨屋与多呂」に行く事に。前回、行った時に定休日と開店時間をしっかり聞いて来たので、今回は正午過ぎにお店に着くように出発!
 
こちらがこのブログでもすっかりお馴染?の鮨屋「与多呂」。この日は土曜日って事もあるのか、加古川市役所関係の客が少ないのか、お客さんは少ない。それでもお店の高級っぽい店構えとは違い、毎度の事ながら、気さくな大将が元気な声で迎えてくれる。この温かい雰囲気も味の一つなんでしょうねえ。
 
 
で、今回は運転手付きだったので、この日は気兼ねなくビールを注文。そしたらサービスなのか、料金を取られたのか定かで無いが、ビールのあてに、運ばれて来たのが、こちらの佃煮風の物。魚のホルモン?系の物に見えるのだけど、実態は不明。レバーの味やら、蛸の足みたいなのがあったりして、ちょっと不気味。でも甘辛い味が、ビールに良く合い、結構、お箸を運んでしまった・・・。全体的には中々美味しいおつまみだった。
 
 
そうこうしている間に運ばれて来たのが、こちらの「特上にぎり盛合せ」、3150円。お店の格式高い風格からは想像出来ない位のリーズナブルな価格。この日は「ヒラマサか、鯵のたたき」(ちょっと記憶が曖昧)が選べたのだが、私の好みで「ヒラマサ」をチョイス。個人的にはトロがあれば、後はどんなネタでも、あんまり気にならない。ちなみに手前の海苔で巻かれたものは、蒸し穴子。この穴子も結構旨いのだ。
 
 
こちらが私のお楽しみ「大とろ」。女性用には例に寄って二つに切ってあったのだけど、男性陣のは一貫そのまま。勿体無いから、先に半分食べて、残りの半分は後から・・・、と思って口に入れたのだが、ちょっと筋があったので、一気にまるまる食べてしまった。口の中で、ふわーっと、とろーっと、やっぱ、大とろは鮨の王様ですねえ。うーん、トロだけあったら、もう言う事無し。
 
 
ご覧のように、お鮨の写真を撮りまくっていたら、お店の大将(店主?)のおじさんが、席までやって来て「写真撮ってくれてんのかあ。それならもうちょっと見栄えようせんとなあ・・・」みたいな事を言い長柄、お鮨の上に金箔を振ってくれた。「金箔は安い時に買っておく」との事。それは兎も角、中々エエ大将でおま。
 
てな事で、久々に訪れた「与多呂」であったが、相変わらず鮨も旨いし、大将も気さくで愛想が良い。鮨ネタ的には海老が生じゃ無いのがちょっと残念だけど、このお値段で、この内容なら文句は言えないでしょう!もうちょっと通って常連になったら、夜に行って時価で食べて・・・、みたいよなあ・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.