義史のB型ワールド

2008年11月12日

博多ラーメン「虎と龍」も復活!!!でも客は復活を知らない?

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:09 PM
 
代理人記録
 
6年ほど前、姫路以外では始めて?の支店だった希望軒(ホープ軒)加古川店がオープンしたのだが、昨年、希望軒が民事再生法を申請した為、多分、FC店だった事もあり別の名前のラーメン屋「来龍軒」となり、また今年の春頃に別のラーメン屋「虎と龍」になったと思ったら、夏頃には閉店してしまった。ところが先日、お店の前を通ると何と「虎と龍」が営業しているでは無いか!!!希望軒加古川店オープン当初からこのラーメン屋を見守っている?私としては、復活した「虎と龍」もチェックしない訳には行かない。てな事で早々行ってみた。
 
こちらが復活した「虎と龍」東加古川店。店舗自体は以前のまんま(基本的には希望軒の頃から変わって無い?店内に飾っていたレトロな看板は無くなっていたが・・・)。「虎と龍」の本店は姫路にあるのだが、路地裏のとっても汚い?お店なので私はオープン直後から何度も前を通った事があるのだが、未だ入る勇気が無く、姫路店では食べて無い。ところがこの「虎と龍/姫路店」の人気は高く、最近、大阪にも支店が出来た?とか言う、知る人ぞ知る人気ラーメン店になりつつある。そんな余勢を勝って再び東加古川店が復活したのだろう
ちなみに聞くところに寄ると、以前の「虎と龍」東加古川店とはオーナーが違うらしい。ラーメンを作っている人が変わったのか同じなのかは定かでは無いが・・・。
 
虎と龍」の最大の売りは何と言っても、この近辺では珍しい?本格的な博多とんこつスープ。(珍しいと言いつつ「めんめん」とか「片岡屋」とか九州ラーメン系のお店が増えて来たけど・・・)。それ以上に、メインのとんこつラーメンが今時に580円なのがちょっと嬉しいかも
 
こちらが「虎と龍」東加古川店のとんこつらー麺メニュー。とんこつらー麺以外に「博たん塩らー麺」とか「激辛!!味噌らー麺」とかのメニューがあった。博多ラーメンのお店で、未だ「激辛!!味噌らー麺」が残っているのは、(激辛味噌ラーメンが自慢だった)希望軒の呪縛から逃れられないのか・・・。
 
こちらが復活した「虎と龍」の「博多天神とんこつら~麺」、580円。値段が安いのに、味玉が半分だけど入っているやん!と思って食べてみたら、味玉は薄切りされたぺらぺらの物だった。チャーシューは薄っぺらいタイプだけど、それなりの量が入っているので、値段の割りにお得感はある。
 
こちらがお店自慢の「超極細麺」。スープはまったり、こってりした、ややトロみのある豚骨スープ。本場の博多ラーメンのような豚骨臭さは無いが、結構濃厚。とろみ具合は天下一品のこってりラーメンに近い物がある。(あちらのスープは野菜と鶏ガラだけど)。味的には悪く無い感じ。加古川・高砂近辺には数少ない博多とんこつラーメン屋なので、今度こそ頑張って欲しいものだ。(その割に客は少なかったけど・・・)
 
ちなみにお店に来た時はラーメンだけを食べて帰ろうと思っていたのだが、この場所にあるラーメン屋の伝統?なのか、チャーハンのセットが用意されていて一番小さいサイズは150円。白いご飯と同じ値段だ。ちなみに一番最初の希望軒加古川店の頃から、この値段でミニチャーハンのセットがあり、しかもラーメン屋のチャーハンとしては結構美味しかったので、この日も勢いで注文してしまった。ミニチャーハンなのだが、今の私には十分過ぎる量がある。しかもラーメンのチャーハンは薄っぺらいのだが、チャーハンに入っているチャーハンの切れ端は結構分厚く、味もしっかりとしていて、チャーハン全体もそこそこ美味しい。(以前はもっと美味しかったような気がするのだが・・・)。まあ、セット価格で730円だったので、値段的にお得かどうかは微妙なのだが、このセットのチャーハンは夜(午後9時まで)、OKなので、良心的な方針だと思う。
 
てな事で、最近は閉店して行くラーメン屋さんの方が割合が多い中、見事復活した「虎と龍」東加古川店だし、姫路では話題のお店になりつつあるので、ぜひ今度こそ頑張って欲しいと思うのであった。(意外と世間の人は一時閉店していた事を知らないかも知れ無いが。)

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.