義史のB型ワールド

2008年11月10日

八角グループがやってるお好み焼屋。以前、管理人さん一家とも行きましたねえ・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 11:27 PM
 
代理人記録
 
管理人さん夫婦はもう覚えていないかも知れ無いが、記録に寄ると3年と半年ほど前、土山の「長崎ちゃんめん」跡に出来たお好み焼屋「うまいもん横丁」土山店に行った事がある。(お嬢が某コンサートをドタキャンした頃・・・、と言えば思い出すかな?)その後、高砂の緑丘のモリスの隣に「うまいもん横丁」高砂店が出来たのだが、土山店の印象がイマイチだったので、全然行った事が無かった。しかしこの前、ちょっとした事と八角グループのスタンプラリー?の事もあり、遂に高砂店に行く事に・・・。
 
こちらが「うまいもん横丁」高砂店。看板に大きく「昭和お好み焼劇場」と書かれているように、店内は最近の流行のように、昭和の頃の雰囲気をかもし出すようなレトロな雰囲気になっている。加古川メガコート(ホームラン・スタジアム)にある花門亭も店内は似たような造りになっていたような・・・。
 
うまいもん横丁」の最大の特徴?と言えば、最初にテーブルに運ばれて来る扉型の巨大なメニュー。このメニューを見れば管理人さんも、土山店へ行った時の事を思い出す?かも?で、今回は食事がメイン?と言うよりも、某丼を食べた後のビールとそのおつまみ感覚で行ったので、軽い物を中心にオーダー。
 
まず最初にお店からのサービス?と言う事で、コンニャクの鉄板焼きが運ばれて来た。コンニャクの鉄板焼きが最初に提供されると言う事で思い出すのが10年ほど前に播磨町にあった人気のお好み焼屋「うんつく」。当時はTVにも紹介される程の人気店だったし、私も良く行ったのだが、あのお店も最初にコンニャク・ステーキ?がサービスで出されていた。「うんつく」のコンニャク・ステーキのタレが美味しくて、その後、甥っ子家でその味を再現しようと、色々とチャレンジした物だった。それに比べて、今回のコンニャクの鉄板焼きは、タレがピリ辛風なのだけど、どちらかと言うとイマイチ。コンニャクステーキの場合、タレがポイントになるのだけどこのタレではねえ・・・。
 
続いて「なす田楽」。なすびを焼いて、上から味噌を乗せただけのシンプルな料理。自家製なすびで育った私には、味気も旨みも無いナスビだったかな。ちなみに上のコンニャクをこのお味噌で食べると、結構、おいしかった。やっぱコンニャクにはお味噌の方が合う。そう言えば「かけてみそ」・・・、ってあったなあ・・・。
 
ある意味、今回のメイン料理とも言えるのがこちらの「豚焼そば」。ややソース少な目、麺は普通の太さ。何処と無く家庭の味に近い、焼そばだ。この夏、キャンプから帰って来た後、私が管理人さん邸で焼いた、焼そばの方が美味しかったかも?と言うレベル。
 
最後に「ねぎ焼」。個人的には「ねぎ焼」とてソース味の方が好きなのだけど、このお店は選択が出来ず、醤油味。こちらも至って普通の「ねぎ焼」だったかな?
 
上にも書いたようにこのお店の看板には「お好み劇場」と書かれている為か、入口は何と無く昭和の映画館の入口ロビー付近っぽくて映画のポスターが貼ってあり、私の好きな黒澤明版「椿三十郎」のポスターも貼ってあった。私が幼き頃には、高砂にもまだ二館の映画館が残っていて、何と無くこんなポスターが飾ってあったっけ・・・。
 
てな事で、スタンプラリーの事もあり久々に行った「うまいもん横丁」(今回は高砂店)だが、やっぱ印象的には以前、土山店に行った時と同じ印象。まあ、基本であるお好み焼を食べて無いので、お好み焼の味は何とも評価出来ないが、次回行く事があったとしてもスタンプラリーの都合上、土山店とか姫路店になるので、きっと高砂店にはもう行く事は無いかも知れ無い・・・

ロックタウン加古川のフードコートも風前の灯・・・。嫌、ロックタウン自体が・・・。

Filed under: 未分類 — 代理人 @ 7:55 PM
 
代理人記録
 
ロックタウン加古川にあるフードコートを覗いてみると、フードコートの要のお店であったお好み焼の「はよし」が無くなり、遂に残すところはラーメン屋の「くーた」のみになっていた。ロックタウン加古川がオープンして二年と半年ほど、オープン当初は、それなりに賑わいのあったフードコートだけど、カレー屋さんが早々に撤退した後、昨年にはうどん屋「釜たま治左衛門」が撤退し、何と無く危ない気配が漂っていたのだけど、やっぱり・・・、と言う感じである。

こちらが残すところラーメン屋「くーた」のみとなったロックタウン加古川のフードコート。ラーメン屋だけでは、この広い空間を到底まかなえるとも思えず「くーた」閉店も時間の問題では・・・、と思ってしまうのであった。
 
ちなみにフードコートだけでは無くロックタウン加古川にある他のレストラン「ミスターバーグ」やお好み焼屋「大阪城」等も、あまりお客の入りが良いように思えないし、その他、ファッションのお店等、既に空き店舗になった箇所も出始めているので、ロックタウン加古川全体が既に危ないような空気が漂っている。しいて言うなら、南側のダイソーとか薬屋、本屋のある一角だけが、そこそこお客が集まっているって事だけが救いなのかも知れ無い。その内、上新電機とてどうなる事やら・・・、と要らぬ心配をしてしまうのであった。

WordPress.com Blog.