義史のB型ワールド

2008年11月2日

ぱっぱ屋でかつめし。味的には極々普通だったけど・・・。

Filed under: かつめし — 代理人 @ 10:30 PM
 
代理人記録
 
この前、初めて行ったラーメン八角グループがチェーン展開する(と言っても今の処、一店しか無いが)「めし炊き名人・ぱっぱ屋」別府店の店内に貼られていたメニューに「加古川名物かつめし」があったので「かつめし」にも力を入れている?当ブログとしては、チェックしないわけには行かない!って事で、早速「ぱっぱ屋のかつめし」を食べる如く、再び行って来た。
 
 
こちらがちょっと前にも行ったばかりの「めし炊き名人・ぱっぱ屋」別府店。お店に着いた時は、駐車場も空いていたのだが、我々の後からも続々とお客がやって来て、何時の間にか、店内はほぼ満席となっていた。ファミリー層や遅くまで働いている?労働者達にそこそこの人気があるお店だとも言える。
 
 
今回の最大の目的は「ぱっぱ屋のかつめし」を食べる事にあるのだが、まずはビールを一杯。ビールのおつまみ用に、前回来た時には品切れで食べれなかった「肉じゃが」をチョイス。最近、居酒屋系に良く行ったが、意外と肉じゃがってメニューに無かったような。結構、肉じゃがには弱いのよねえ。味は、ちょっと甘目だけど極々普通の肉じゃが。ご飯にもぴったり合うんじゃ無いかな?
 
 
こちらが店内のあちこちに大きく貼られた「かつめし」の写真入りメニュー。最初、見た時は、きっと「トンカツ」のかつめしだと思っていたのだが、メニューの中に書かれた説明文を読むと「サーロイン牛を使った・・・」となっている。一応、加古川名物を意識してか、ビフカツを使っているようだ。
 
 
こちらが今回食べた「ぱっぱ屋のかつめし」、780円也。一品料理はカフェテリア形式(大衆食堂形式?)で、既に出来合いの料理を選んでレンジでチンするのがほとんどなのだが、流石に「かつめし」は注文後、調理をするようで出来上がった後、席まで運んでくれる。このお店では貴重な出来立ての料理とも言える。付け合せもボイルドキャベツだし見た目的には、基本通りの加古川かつめしになっている。
 
 
サーロイン牛のビフカツの肉は、こちらもかつめし定番の如く、薄く延ばされた厚さで中までしっかりと火が通っている。特製デミソースも当たり障りの無いオーソドックスな味。全体的には無難なかつめし、と言うのかメチャメチャ普通のかつめしだ。この手のお店としては内容的にも普通だし、値段も780円とお手軽なので、昼ご飯にちょこっと食べるには良いのかも知れ無い。まあ、かつめしが食べたくなって食べに行くお店で無い事だけは確かだけど・・・。

昨日は映画の日って事で「レッド・クリフ」を観て来た。メインの赤壁の戦いは続編で・・・?

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 8:53 PM
 
代理人記録
 
昨日は映画の日と言う事で「レッド・クリフ」を観て来た。流石に土曜日の映画の日、しかも公開初日と言う事もあってか、ほぼ満席に近い。「レッド・クリフ」と言う言葉には馴染みが薄いが「赤壁」と日本語?で現せば直ぐに想像が着く。そう三国志で有名な「赤壁の戦い」を映画化したものだ。しかしこの映画、もう一歩、ぜひ観てみたいと言う気に成らなかった理由は実は今回の作品は「PART Ⅰ」なのだ。PART1って事は、どう考えても映画の見せ場である「赤壁の戦い」自体は、PART2以降・・・、映画を観る前は事前知識を得ない主義なので、全何部作か知らなかったのだけど、映画の冒頭の案内では全2部作との事
 
てな事で、2時間半ほどの映画だったが予想通り「赤壁の戦い」が始まる前でPART1は終わった・・・。うーん、予想していたとは言え、やっぱ中途半端感は拭えない。そもそも、三国志ってのは物凄く長いドラマで、時々、NHKでも放送されていたが中国でも時々TVドラマ化されているのだが、中国版大河ドラマと言うか、全編をドラマ化するには一年がかりの内容なのだ。今回の映画は、三国志の中盤である「赤壁の戦い」をメインにおいている事から、劉備玄徳と関羽や張飛と出会うシーンとか三国志の一番の人気人物とも言える諸葛孔明を迎える話(三顧の礼)等のエピソードは無く、とりあえず、メインの登場人物は既にありきの状態で、まさに赤壁の戦い直前の様子から映画は始まる。
 
私と三国志の出会いは、元々はNHKの人形劇「八犬伝」を観て「南総里見八犬伝」に興味を持った頃から。「八犬伝」のベースが中国の「水滸伝」にあり、そしてちょうど当時、日本テレビ開局何周年かの記念番組で中村敦夫主演で「水滸伝」が放送された事に始まる。両方ともTVの影響を受け、その後、原作も読んだのだが「水滸伝」を読んだ後、中国にはもっと壮大な話があると聞いて読み始めたのが「三国志」なのだった。しかし「三国志」は登場人物が多いし似たような名前も多い。(「水滸伝」もメインの108人を含め、沢山の人物が出て来るが、108人が梁山泊に集まるまでは、結構、短編の話になっているので読み易い)。しかも、中学校の図書室で借りた年季の入った「三国志」は振り仮名が、例えば「関羽」には「くわんう」みたいに書かれてあって、これまた読み難い。そんな事もあり三国志の原作読破は早々に挫折したのだった。
 
しかしその後、ある漫画雑誌で、横山光輝が「三国志」の連載を開始し、また大学の友人が単行本をずっと買っていた事もあり、漫画では有るものの、三国志を一応、最後まで読む事が出来たのだった。(その後、色んなアニメやドラマも見て来たが、今現在、三国志を映像化したもので満足出来るものは無い。唯一、上に書いた、以前、NHKで放送された全50話ほどある中国製作のドラマは見応えはあったが・・・。)
 
てな事で、私は結構、三国志が好きなのだが特に「赤壁の戦い」の話の下りは特に好きと言うわけでは無い。三国志ファンの多くが一番好きだと思う諸葛孔明が活躍する頃の話の方が好きなのだ。そんな事もあり「レッド・クリフ」にはちょっと興味が薄かったのだが、そこは三国志最大のスケールの戦いである「赤壁の戦い」が現在の技術(ただ、大半がCGっぽいが)で映像化されたと言う点では、やはり見逃す事には出来ない映画だと言える。
 
で、「レッド・クリフ」を観た感想。主役は蜀のキャラクターでは無く、呉の孫権の参謀である周瑜(演じているのは日本でも人気のあるトニー・レオン)。準主役扱いで、我らが諸葛孔明、これが何故か演じているのは日本人の金城武。(日本人は他に中村獅童も出ている。)セリフは全編、中国語(北京語?)なのだが例に寄って吹替えされているのか、口の動きと合っていないような感じ・・・。それは兎も角、冒頭から終盤まで、合戦のシーンは流石に超大作だけあって、物凄い迫力がある。しかし、物語の中身が薄い。諸葛孔明が魏の曹操に対する反撃の為、呉の孫権に助太刀をお願いしに行って、最終的に蜀と呉の連合軍が出来ると言う単純明快、シンプルなストーリー。
 
てな事で、確かに映像のスケールは壮大で、また戦闘シーンもアクション満載、人馬総出で物凄い迫力はあった。まさに映画館の大画面向けの内容となっているのだが、上にも書いたように、肝心の「赤壁の戦い」の前で、映画が終わるし、ある意味、主役であるはずの劉備玄徳の影が薄い事や、曹操がただの悪党になってしまっている点など、不満な箇所も多い。続編公開は来年4月との事。って事は、公開直前に、PART1はTV放送されるだろうから、やっぱりそれを観てから、PART2だけを観に行けば十分だったかも・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.