義史のB型ワールド

2008年10月16日

先日、売り切れで買えなかったのが悔しいので再びケンタッキーへ!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:18 PM
 
代理人記録
 
先日、サンモールのお得なクーポンを利用してケンタッキーの「炭火焼チキンサンド」を食べようとしたら、既に売り切れで買えなかった。普段なら次回のサンモールクーポンが出るまで待つのだが、何か今回は食べてみたい気が治まらなかったので、後日、サンモールへ買物に行った際に買ってみた。
 
まずは新登場の「炭火焼チキンサンド」のご紹介。公式サイトに寄ると「炭火で焼き上げたぷりっと厚切りの鶏モモ肉に、甘辛のてりやきソースをたっぷり絡め、みずみずしい新鮮レタス、とろーりまろやかなKFC特製のマヨネーズソースと一緒に、ふわりとした食感の全粒粉バンズではさんだ、食欲の秋にピッタリな新サンドです。」との事。
 
今回買ったのは「炭火焼チキンサンド」ケンタッキーのクーポン利用で330円。他に、こちらも新登場の「トマトのクリーミーポタージュ」、こちらもクーポン利用で250円。何時もケンタッキーのスープには文句も言いつつ、またまた買ってしまったのだった。
 
まずは「炭火焼チキンサンド」から食べる事に。見た目は良くある照焼バーガー風だが、中身は正真正銘のチキンの照焼だ。これに溢れんばかりのレタスにマヨネーズもたっぷり。基本的には想像した通りの中身とも言える。
 
被りついた中身はこんな感じ。流石、ケンタッキーと言うか、鶏肉はジューシーで肉汁が溢れてる。ちょっと照焼ソースがたっぷり過ぎるけど、こちらも中々旨い。ケンタッキーの鶏系のバーガー類としては一番、私の好みに合ってるかも。ただ鶏の味時代は、普通のケンタのチキンの味とはほど遠い物があるが、これはこれで良いのじゃ無いかな?
 
 
こちらはまたもや懲りずに食べたケンタの新登場のスープである「トマトのクリーミーポタージュ」。公式サイトに寄ると「うま味をギュッと凝縮させたペースト状のトマトと、チーズの風味いっぱいのクリームを合わせたスープに、甘味豊かなたまねぎ、さっぱりとしたダイス状のトマト、コクあるベーコンを加えた、食べ応えのある濃厚スープです。野菜と肉の煮込み料理に使われるブラックペッパーやセボリーなどのハーブが、スープの味わいを引き立てます。」との事。何時もはメニューの写真は綺麗な器で写っているのだが、提供される時は紙容器で、何か誇大広告じゃん!と以前書いた事があるが、今回は、メニューの写真も紙の容器で写っている。
 
実際の「トマトのクリーミーポタージュ」はこんな感じ。相変わらずメニューの写真に比べると量も少なめだし色艶もイマイチ。でも今回のスープはトマトのつぶ?やらベーコンやら、思いの他沢山入っていて、期待して無かった分、中々美味しい。もうちょっと値段が安ければ文句は無いけど、まあこの内容なら十分合格ラインでは無いかな?
 
てな事で、先日は売り切れで食べれなかったので、再チャレンジしてみたのだが、今回は両方とも中々美味しかった。これで値段さえ安ければお薦め出来るのにね
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.