義史のB型ワールド

2008年10月15日

サンモールにある喫茶店のカレー・・・。まさに家庭の味だあ!

Filed under: カレー — 代理人 @ 11:02 PM
 
代理人記録
 
恒例のサンモールのお得なクーポン(500円以上の買物で100円割引の券)があったので、久々にケンタッキーへ行って新発売の炭火焼チキンサンドを食べようと思ったら、まだ宵の口なのに売り切れとの事。他の物を食べても良かったのだが、ケンタッキーのクーポンを炭火焼チキンの分しか持って行って無かったので、それじゃあお得感が無い。って事で、すごすごと退散。ロッテリアのクーポンも持って来て無いし・・・。しかし気分的にはサンモールのクーポンは使いたいし・・・。で、目に飛び込んで来た?のはケンタッキーの目の前にある喫茶店「ぴっける」。昔は浜田町の、魚亭やつかの近くにあったのだが、数年前のサンモールの改装の時に移って来た喫茶店だ。浜田町にあった時は、ちょこちょこ行ってたのだが、サンモールに移ってからは初めての訪問。このお店に入ろうと思ったのは、当然、サンモールのクーポンが使える事と、前々からカレーの看板が表に出ていてずっと気になっていたからなのだ。
 
 
こちらがサンモール高砂にある喫茶店「ぴっける」。サンモール高砂も全盛期の頃は何軒も喫茶店があったのだが、今は唯一残る喫茶店となってしまった。まあ、近くにロッテリアとケンタッキーがるので、若者やファミリー層はそちらの方へ流れてしまうので、お客の入りもあんまり良い方では無さそう。しかも午後7時過ぎって事もあってか、店主のおっちゃん一人で切盛りしていた。それでも十分まかなえるだけの客数ではあったのだが・・・。で、4種類ほどあるカレーのメニューからオーソドックスなカレーを注文!
 
 
こちらが今回食べた「ビーフと野菜のカレー」、通常は650円だがクーポン利用で550円也。見るからに給食のカレーと言うのか家庭のカレーと言うのかキャンプのカレーと言うのか、何かそんな感じのカレー。良くある喫茶店の業務用の欧風カレーでは無く、手作り感満載の家庭のカレーのようだ。味も想像通り、家庭味。例えば友人宅を訪問した時にご馳走になる、その家のカレーの味!と言うような代物。カレー専門店のような奥深い味わいとはほど遠い味なんだけど、今の私には素朴で懐かしい味。まあ、また食べに行こう!とは思わない味だったけど、店が店だし、まあこんなもんでしょ。
 
 
カレーにはサラダが付いているのだが、ドレッシングが最初からドバーン!と掛かっていて、ほとんどドレッシングの味しかしない。この辺りのセンスの無さは、古びた町のとある喫茶店の様相そのまんまだと言える。
 
てな事で、ケンタッキーの炭火焼チキンサンドのつもりが、高砂に昔からある喫茶店の訪問に変わってしまったのだが、ある意味、お店自体も懐かしく(サンモール店は初めてだが・・・)もあり、カレーも素朴な味で、これはこれで良かったのかも知れ無い。

WordPress.com Blog.