義史のB型ワールド

2008年10月12日

釜飯が食べてみたくて行ってみた居酒屋。何故か大繁盛してた!!!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:27 PM
 
代理人記録
 
たかさご万灯祭2008を駆け足で見て廻った後、例に寄って近所の幼馴染と食事に行く事に。一旦は高砂・中島辺りにある釜めしと焼鳥のお店「かまくら高砂店」に行ったのだが、土曜日の午後8時過ぎって事もあってか、駐車場満車。周辺のお店も含め道路にも客の車だらけ。てな事で、お店に入るどころか、車が停めれないので退散。その次は、尾上にある囲炉裏や?とかに行ってみたのだが、この日は予約客で満席と言う事でこちらも入れてもらえず。気分は釜めし?だったので、ここなら空いてるで、と加古川市役所近くにある「かまくら加古川店」に行ってみた。
 
こちらが釜めし・海鮮・地鶏料理のお店「かまくら」加古川店。外から見るとこじんまりとしたお店に見えたのだが、店内は奥に広く、奥の座敷では団体さんが宴会しているのか、店内は非常に騒がしい。まあ声がでかいと云われる私にはこれだけ賑やかな店内だと声を気にしなくてありがたい面もあるのだが・・・。で、我々はどうにかテーブル席に着く事が出来たが、我々の後も、次々と客がやって来て残りのテーブル席も埋まってしまった。予想以上にこのお店は人気店のようだ。(他に行く店が無かったのかな?)
 
地鶏料理がメイン?っぽいので、とりあえず、鳥皮串を注文。タレ焼では無く塩皮。味は・・・、普通・・・。
 
続いて焼鳥屋さんでは必ず食べる「手作りつくね串」。見た目も普通だし、味も普通。ホンマに焼鳥屋さん?と言う気がちょっとする・・・。
 
続いて揚げ物で「黒毛和牛のミンチカツ」。平べったいミンチカツで、中までしっかりと火が通っており肉のジューシーさは無い。食感はコロッケみたいな感じ。私が食べた方はソースがたっぷりとかかっていて、ちょっとソース辛い。ただ、ご飯と一緒に食べたなら美味しいような気もする。昼間にミンチカツ定食として食べる分には良いのかも。
 
続いて健康的に野菜料理から「焼きナス」。家では、そうめん出汁を掛けて食べていたので、久々に醤油かけの焼ナスを食べたのだが、やっぱり醤油辛い。ナスの味も自体も旨みが少ない。どおって事無い焼ナスだった。
 
最近、あちこちで食べている「串カツ盛り合わせ」。内容は「エビ、ホタテ、肉、椎茸、魚」との事。私は「エビと肉と椎茸」を食べたけど、まあ普通に串カツ。直ぐにちょっと前に食べた「だるま」の串カツと比べてしまうのだが、その差は歴然。まあ、焼鳥屋さんで、串カツを頼む方が間違っているのかも・・・。
 
続いて「レンコンの挟み揚げ」。レンコンは既にカットされていて上に大根おろしが乗っている。肉詰め?と思うのだけど中の具は少なめ。普通にレンコンを食べてるような感じだったかな?
 
このお店は釜めしが看板メニューって事で、当然の如く、最後に釜めしを食べた。今回はお店のお薦めメニューとなっていた「かまくら釜飯」を注文。炊き上がるまで20分掛かるとは云われてたのだが、何と釜はテーブル席に運ばれて来て、良くある宴会の席の鍋の如く客のテーブルの上で炊くだけ。うーん、釜飯って火加減とか、火力とか、色々な要素があって、美味しく炊き上がる物なのだが、何か凄く手抜きの釜飯のような気がする。具は鶏肉中心で、ホタテとか椎茸、人参、ごぼう等と、至ってシンプルな具材。やはり火力が足り無いのかおこげは出来ず。また気が付いたら火が消えていたので、直ぐに食べた為、蒸らし方が不十分だったのか、ご飯はちょっとべちゃべちゃ。味的には悪くは無いけど、特筆旨いと言えるような釜飯では無かった。やっぱ釜飯はプロの手で炊いてもらわんとねえ・・・
 
ちなみにこの日は生ビール三杯飲んだらお腹が膨れて来たので最後は菊正宗の冷酒をいただきました。
 
てな事で、前々から行ってみたかった釜飯・地鶏料理のお店「かまくら」だったけど、看板とは違い、極々、普通の居酒屋。レベル的には町中にある個人営業の居酒屋さんと大差無いような気がする。今後、ランチで利用する事はあるかも知れ無いが、夜に行きたいと思うようなお店で無い事は確かだ。先に入れなかった高砂店の他、東加古川店もあるみたいだけど、きっと内容は似たようなレベルだろう!
 
後、帰り際に次回来店時に生ビールが一杯無料になるチラシをくれたのだが、利用期限が9月末まで。お店に行ったのは9月27日だったので、使える日は後、3日しか残って無い・・・。こんなサービス券貰ってもなあ・・・。何か完全に客を舐めてるような・・・。

昨日は高砂の祭り本宮。その後、同窓生で宴会!定番のメンバーだけど・・・。

Filed under: 祭り — 代理人 @ 1:18 PM
 
代理人記録
 
10月10日、11日と高砂の祭りだった。今年は喪中って事もあり、神社内に入れない?こともあり11日の本宮の、宮出し後の練合せに時間を合わせ祭り見物に出掛けた。例に寄って携帯電話のカメラの写真なので、大した映像は無い。今回は、甥っ子が一眼レフのデジカメを持って撮影していたので、エエ写真があれば後日、ご紹介出来るかも。
 
高砂の屋台の練合せの一つの見ものとなっているのが、農人町戎町迫力ある練合せ。何時もの如く、最前列を陣取ったのだけど、サンテレビのカメラや紙手に邪魔されてぶつかる瞬間は綺麗に撮れなかった。まあ携帯電話のカメラなんで、元々大した写真は取れないのだけど・・・。
 
こちらは祭り中盤、練合わせの一番の盛り上がりの頃の映像。この頃は同窓生ばかりが集まって、宮の壁にへばり付いての観戦
 
高砂の祭りの最大のイベント?が屋台の7台の練り合せ。ただこの頃は既に各町とも、へばっていたので、あんまり長続きしないだろうなあ・・・、の予想通り、ほとんど一瞬だけの練り合せで終わってしまった。まあ取り合えず、やっときました!って感じかな?
 
   
今年は同窓生も沢山集まって来てみんなで一緒に祭り観戦。今年は同窓会も有ったし、その後も似たような集まりがあったりしたので、何か懐かしいと言うよりも、何時ものメンバー?が集まった?って感じがしないでも無い。
 
途中から遥々、管理人さんも駆け付けて来たので、恒例?のツーショット??を一枚・・・。ブログに載せて良かったのかな?
 
その後、駅前の居酒屋に移動して宴会。祭りの時に居なかったメンバーも続々と駆け付け、最終的には総勢20人近い集まりとなり、さながらプチ同窓会の様相
 
その後、10人ほどのメンバーで近所の同窓生の家にお邪魔してちょこっと二次会。電車の都合もあり午前零時を過ぎた頃に解散。中々楽しいひと時であった。きっと来年から恒例のイベントになるのかも・・・。(って、もうなってるみたいだけど・・・。)

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.