義史のB型ワールド

2008年10月5日

今年も天一の日が来ましたね。4年ぶりに味がさねを食べてみた!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:15 PM
 
代理人記録
 
今年も天一の日がやって来ましたねえ。毎年、この時期になると行っている中華そば・天下一品の恒例の「天下一品祭り」の日だ。天一の日は、ラーメン一杯食べると一杯に付き、ラーメン無料券を貰う事が出来る。ラーメン一杯分のお値段で二杯食べれる計算になるので、お得な日なのだ。
 
ここ数年、毎年、天一の日に天下一品へ行ってラーメンを食べてるが(と言うか、この時期しか行かなくなったのだけど・・・)、天下一品とはもう20数年来の付き合いなのだ。その昔、新入社員の頃、会社の目の前にあった事や、一時期、天一の総本山のある京都に住んで居た事もあり、天一とは馴染みが深い
 
私が京都在住を終えてこちらに戻って来た後、私の後を追って来たようにオープンした天下一品/加古川店も、既にオープンして十数年が過ぎた。上の写真では判り辛いのだが、午後1時前にも関わらず、店内では待ち客が一杯。私も席に着くまで10分ほど待たされた。毎年の事ながら、やはり天一の日は沢山のお客さんがやって来る。みんな良く知っているのね。
 
天一と言えば、コラーゲンたっぷりの独特のこってりスープのラーメンで有名だが、ラーメン無料券で食べれるし、ブログのネタ的にも、同じラーメンばかりだと芸が無いので、今回は4年ぶりくらいに「味がさね」を食べてみる事に。4年ほど前に「味がさね」が新発売になった時に食べた時以来だ。
 
味がさね」の最大の特徴は、別添えで容易された4種類の薬味を、自分流に加えて味の変化を楽しむ事だ。しかし、先に運ばれて来た薬味を見ると何か見た目に美しさに欠ける為、食欲をそそる雰囲気は無い・・・。
 
こちらが今回食べた「味がさね」、税込み価格で800円也。ラーメン単品としてはちょっと高い???スープは天一自慢のこってりスープをベースにしているようだが、どろっとした感じは無く、ややあっさり系。時々、話のネタにでて来る「天一のこっさり」ってのはこんな感じなのかも?
 
具は焼豚では無く豚バラ肉に、最近あちこちのラーメンで見かけるようになった白菜神座のおいしいラーメンが流行って以来、白菜を使うお店が増えて来たように思う
 
折角なので、途中から「揚げ葱、にんにく、肉味噌」等を入れて、天一のお薦めするまさに「味がさね」にして食べて見た。4年前に食べた時にも思ったけど、別に薬味を追加しても然程、美味しいラーメンだとは思わない。単価が800円って事を考えると、ブログネタの為以外では特に食べたくなるようなラーメンじゃ無い事は確かだ。やっぱ天一と言えば、こってりラーメンしか食べる価値が無い?
 
てな事で、約1年ぶりに行った「天一」、そして約4年ぶり位に食べた「味がさね」だったのだが、天一の日って事で、一応、ラーメン無料券を貰えたので気分的には満足。その余勢を買って再び、夜にやって来る事になるのだが、夜の天一は凄まじい事になっていた・・・。その話はまた後程・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.