義史のB型ワールド

2008年10月2日

日曜日に加古川のうどんやへ行くと大変賑わっていました・・・。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 10:56 PM
 
代理人記録
 
この日は近所の同級生と昼飯を食べに出掛ける事に。しかし家に家具やら電気製品の配達やらがあって、あんまり時間が無い。こう言う時はてっとり早く、ラーメンかうどんやで!って事で、加古川市役所近くのセルフ形式のお店「うどんや」に行く事に。
 
このお店は以前も紹介した通り、今でも結構人気店で、流石に日曜日の昼時って事で、店内は多数のお客さんでごった返してる。当然、店前や店横の駐車場も満車だったのだが、お店の裏にも広い駐車場があったので、どうにか店内に入る事は出来た。
 
今回はちょっと気候が涼しくなって来たって事もあり、温ったかいうどんを食べる事に。とりあえず「うどんや」の人気メニューの一つである「すじうどん」と、少食なんでご飯系はパスしようかと思ったのだが、「炊き込みごはん」が安かったのでセットで注文。
 
こちらが「うどんや」の「すじうどん」、500円也。甘目の出汁にすじを煮込んだ出汁も加わってか、かなり甘目の出汁になっている。すじもトロトロで中々旨い。
 
おうどんなこんな感じ。以前も紹介したが、お店で手打ちしている本格的な讃岐麺だ。ちょっと前に食べたぶっかけうどんの時に比べて温かいうどんだからか、繁雑な時間帯だったからか、ちょっと茹で過ぎたような、柔らか食感だったけど何時のも如く、美味しい。今回はすじうどんって事で、500円と、それなりのお値段だったけど、かけうどんにして好みの天ぷらをトッピングすると結構安く上がるから、やっぱお薦めなお店である事には違い無い。
 
今回セットで食べたのがこちらの「炊き込みごはん」(小)、100円。お茶碗で出て来ると、今は無きラーメン屋「いさちゃん」のお茶碗の焼飯を思い出してしまう・・・。それにしてもサービス価格だと思うが100円はホンマに安い。しかも「炊き込みごはん」と言う呼び名が微妙に嬉しい。世間では五目御飯とか、かやくご飯とか言うけれど、我家ではずっと「炊き込みごはん」だったからねえ・・・。味的にも我家の味に近いような感じで、それなりに美味しかった。うどん共々、満足なランチタイムであった。それにしても、このお店、よう流行ってまっせ!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.