義史のB型ワールド

2008年9月11日

吉野家で牛すき鍋・・・。肉少ないし味付け濃いし・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:18 PM
 
代理人記録
 
24時間復活した吉牛であるが、何時でも食べれると思うと、何か魅力薄。てな事で、最近は吉野家へ行っても牛丼以外のメニューを食べる事が増えた。今回は数年ぶりに「牛すき鍋定食」を食べてみた。
 
こちらが「牛すき鍋定食」のメニュー。すき焼き定食?と思えば480円と言うお値段は安い。ちなみに大阪在住時代、会社の目の前にあったうどん屋の冬のメニューである「すき鍋うどん」は、この手の「すき焼きうどん系」としては我が人生の中でも一番美味しかったかも
 
実際に食べた吉野家の「牛すき鍋定食」、480円はこんな感じ。メインの牛すき鍋には生卵が付いている。味噌汁と御新香は吉野家の定食系の定番のセットになっているのだが、例に寄って、味噌汁は30円レベルの内容。もうちょっと質を上げて欲しいような・・・。それにも増して、毎度感じることだけど、「牛すき鍋」って何か量が少ないような気がするねえ・・・。
 
お肉のアップ!生卵を漬けて食べるってのが前提になっている為か、味付けは非常に濃い。味の濃い料理が好きな外食派の私が食べてもかなり濃い味だ。生卵をちょっと漬けただけでは、この辛さはちょっとやそっとで無くならない。これが東京風のすき焼きの味なのかなあ・・・。それに加え、上でも書いたように、全体的に肉の量が少ない。牛丼の肉の量より少ないような気がする。反対にご飯は普通盛りなんだけど、てんこ盛りに近い。おかげで最期の方はご飯だけがあまってしまったので、残った生卵や、すき鍋の汁を掛けたりして何とかご飯も完食したのだった。
 
てな事で、吉野家で数年ぶりに食べた「牛すき鍋定食」だったけど、以前はこんな濃い味付けじゃなかったと思うのだけどねえ。今回がたまたまだったのか、味が変わったのか、良く判らんけど、次回、「牛すき鍋定食」を食べるのは味の記憶が無くなった10年後位になるのだろう!
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。