義史のB型ワールド

2008年8月20日

じょっぴんやで、今回はビーフカレーを食べた。噂通り、ちょいと辛い。

Filed under: カレー — 代理人 @ 10:11 PM
 
代理人記録
 
毎年、お盆の季節に先輩が葡萄を持って来てくれる。今年も自宅まで持って来ていただいたので、そのまま昼食に出掛ける事に。で、久々に自家製カレーで有名な喫茶店「じょっぴんや」に行く事に。前回、30番さん一家?と一緒に行って以来だ。
 
こちらが「じょっぴんや」の入口。時間は午後12時ちょっと前だったのだが、既に店内は8分ぐらいの客で埋まっている。運良く、奥のテーブルに座れたが、この後、我々が帰る午後3時頃まで、奥のテーブルは入替わり立代りお客さんがやって来て、最後まで空席が出来る事は無かった。相変わらず、繁盛しているようである。
 
じょっぴんや」の自家製カレーのメニューはこんな感じ。相変わらず、お値段はちょっと高い。「じょっぴんや」が高砂にやって来た頃から、もう10年以上、このお店に通っているが、ふと思うとカレーを食べる時は、いつも「カツカレー」ばかり食べている。カレーのルーはどのカレーも同じだと思っていたのだけど、噂に寄ると、それぞれのカレーに寄って、若干ルーが違うらしい。って事で、今回は「じょっぴんや」では初めての「ビーフカレー」を食べる事に。
 
先に運ばれて来たのは、カレーにセットで付いているサラダ。ブロッコリー中心の野菜感たっぷりのサラダだ。
 
そして今回、私が食べたビーフカレーはこちら。単品価格で1200円だから、カレーのお値段としては高い。で、ネーミングの通り、沢山のお肉がルーに隠れて沢山乗っている。見た感じはバッチグーですね。
 
ビーフを一個すくってご飯の上に乗せてみた。御覧の通り、結構大きい。ただ、お肉自体は既にスープを取った後のお肉のような、良く煮込まれた感があって、お肉の味としては控え目。私が時々食べるステーキ・カレーのようなお肉のようなジューシーさは無い。まあ、オーソドックスなビーフカレーのお肉だと言えよう。で、一番の注目であるカレーのルーは・・・、確かに辛い。二口位食べただけで、じわーっと汗が出るような感じ。ただ、カツカレーのルーとどう違うのか?って聞かれると、同時に食べたわけでは無いので良く判らない。それとカレーの味自体、ちょっと単調な感じがしないでも無い。大阪近辺だとこれより美味しいカレーが偶にあるのだけど、高砂近辺ではやっぱこのお店が一番なのかなあ・・・。
 
こちらは先輩が食べた何時も?のカツカレー。後から思えば、この時に一口だけでもルーを貰って味比べをすれば良かったかな?
 
このお店はドリンク代も結構高いのだけど、カレーとのセットだと200円で珈琲が飲める。てな事で毎度の事ながら、カレーを食べる時はドリンクとのセットを頼んでいる。今回は真夏真っ盛りって事で、私はアイスコーヒーを飲んだ。
 
このお店はお水を入れる器にもこっている。この辺りがこのお店の人気の秘密かも?
 
てな事で、昨年の8月に30番さんファミリーと一緒に行って以来、約一年ぶりのじょっぴんやであったが、相変わらず人気を誇っている。今回は初めてビーフカレーを食べたが、こうなると他の海老カレーとかコロッケカレーも食べてみたいような気がして来た。ちなみに数年前に一度だけチャーハンを食べた事があるのだが、好きな人にはチャーハンも人気がある。何時か、ブログネタも兼ねてチャーハンも食べてみよう!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.