義史のB型ワールド

2008年8月19日

10年ぶり位のキャンプの帰り道、城崎温泉とせんべい三昧?

Filed under: さりげない我家の風景 — 代理人 @ 10:05 PM
 
代理人記録
 
気比の浜キャンプ場を出発して約10分、城崎温泉に到着!今回は私のお薦めする露天風呂(庭園風呂)のある「鴻の湯」へ行く事に。
 
こちらは「城崎温泉元湯」の前での管理人さんファミリーの記念写真。
 
続いて足湯で、足をさっぱり。温泉地に来た!って言う実感が湧いて来ますねえ。
 
こちらが城崎温泉の中で一番古い?と言われる「鴻の湯」。民芸調の趣を持ったこじんまりとした温泉場になっている。流石に温泉に浸かってるとこは写真に撮れなかったけど、ちょっと熱めの露天風呂と大浴場を行ったり着たりで決行、疲れました。我々が入った時はまだ空いてたけど、午後12時廻った辺りから結構、混み始めて来たので、やはりキャンプ帰りのお客さんが結構来ていたのかも・・・。
 
 
鴻の湯」から駐車場に戻る途中、一際賑わったお店を発見!アイスクリームが美味しそうだったのだけど、湯上りって事もあり、ここはやっぱりビールだっせ!って事で、運転手である管理人さんには悪いけど、生ビールをいただく事に・・・。メニューを見てると温泉玉子がセットになったメニューがあったので、迷わず生ビールと温玉のセットを注文!
 
 
   
生ビール&温玉セットはこんな感じ。湯上りの生ビールはやっぱり旨い!温泉の中で売って無いのが勿体無い位。玉子は若干小さいような印象。
 
 
   
こちらが温玉。このお店では自分で温泉玉子を作る事も出来て、温玉専用のエッグカッターも用意されていたが、セットの温玉は既に頭部分の殻がカットされていて、蓋を取る感じで殻を取り、後はスプーンですくって食べるだけ。味的には普通に温泉玉子だったけど、黄味は美味しかったなあ
 
 
この後、城崎温泉を後にし、一路、自宅への道を行く事になるのだが、その前に今まであまり寄った事が無い、城崎温泉駅前通りを通ってみた。お盆と言う事もありかなりの観光客が歩いていて、しかもお土産物やら海鮮丼が食べれるお店等が沢山出来ていた。何か城崎駅前って変わったなあ・・・、と言う印象。次回は城崎温泉に宿泊してじっくりとこの駅前通りを散策してみたいものだ
 
 
 
  
ここからはひたすら自宅方面へ車を走らすだけなのだが、行く前から驚いたのが10年前には無かったようなお土産屋さんや、海産物屋さんが沢山出来ていた。基本的には蟹を売りにしたお店が多かったのだが、季節的にほとんど蟹は無い。帰り道、目に付く土産物屋さんにことごとく寄ってみたものの、これと言って目ぼしい物は無かった・・・。嫌、有り過ぎて選べなかったと言う気もしないでも無い。
 
 
そんな中から行く前から絶対に寄ろう!と決めていたのが和田山IC近くに出来ていた海鮮せんべい但馬」。これと同じ様なお店が淡路にある「たこせんべいの里」。私が淡路に鮨や肉を食べに行った時、必ず寄るお店だ。雰囲気的に淡路の「たこせんべいの里」を真似たのでは無いかと思わせるような工場見学、販売・試食コーナー、無料コーヒーのサービス等、全く一緒と言っても過言で無い。
 
 
   
当然、我々の目的はせんべいを買う事では無く、自由に試食出来るせんべいと無料のコーヒーが目的。せんべいは蟹せんべいや海老せんべいを筆頭に果てはウニやら松茸やら様々な種類のせんべいがざっと見ても30種類以上。これを我々は好きなだけ食べまくり(試食だけ)。これだけでお腹一杯になってしまった位。ただ、お母さんお薦めのイカの姿焼きのようなイカフライは、私と管理人さんが行くと何故か試食用の入れ物が空っぽ。お母さんだけは二度も食べたらしいのだが、後で、再び挑戦してみたけど、やっぱり試食は出来なかった。せんべいの試食は安っぽいけど、このイカの姿焼き風のフライだけはイカを丸ごと使っているので、このお店の中では一番価値が高そうだった。
 
ちなみに、大半の客が我々と同じで、試食と無料コーヒーだけの様な客ばかりで、休憩コーナーは人でごった返していた。後、せんべいよりソフトクリームが良く売れていたように見えたのは気のせいかな?
 
その他、無料コーヒーコーナーには「長寿の水」と言う、地元の名水も用意されていたのだが、あまり冷えても無く、普通にその辺にあるお水だった。この水ならペットボトルの水の方が美味しいかも・・・、って、味うんぬんと言うより、この水を飲むと長寿になると言う事なのかな?
 
 
この後、何処かで昼食を食べて帰ろうと言う話が出て、途中のネーミングが怪しい「コンビニレストラン」とか以前、スキーに良く行ってた頃に利用した「生野飯店」にも寄ってみたのだが、先ほどのせんべいの試食でお腹が満たされてしまい、食欲減退。そんな事もあり、管理人さん邸まで戻って、今回、キャンプで出来なかった焼そばを作って食べる事にした
 
   
こちらが管理人さん邸へ戻ってから私が作った焼そば(私のお薦めで「石ちゃんおすすめ!! 濃厚焼そば)、右側は管理人さんが作った豚バラ肉と玉葱とニンニクの卵とじ。こちらの料理は、親子丼の具が豚肉になったような炒め物だ。ただニンニクの量が多すぎな感じでちょっと味がこってりだったかな?私の作った焼そばは、普通に美味しい焼そば!と言う評価でした・・・。
 
そんな訳で、行く前にはちょっと気になっていた雨も、ほとんど降ることも無く、また帰り道は今までに無いお土産屋さんの連続で、ずっと道中外を見てたので、結局帰りの車の中では一睡もせずに帰って来たのであった。(過去のキャンプの帰りからは考えられない?)でもやっぱ、キャンプは大勢で行く方が楽しいよね。それと、もうちょっと近場でもエエんじゃ無いかい?ってのが代理人さんの感想なのであった・・・。
 
何はともあれ、こうして10年ぶり位のキャンプは目出度く、終焉を迎えたのであった。

WordPress.com Blog.