義史のB型ワールド

2008年8月5日

東加古川店で、久々に希望軒とんこつラーメンを食べてみた。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 9:48 PM
 
代理人記録
 
ワーナーマイカル加古川で映画を観終わった後、夜食(夕飯?)がてらにラーメンを食べてから帰る事に・・・。特に行きたいお店も無かったのだが、映画館から比較的近くで、まだノーマルのラーメンを食べていない希望軒・東加古川店に行ってみる事に。
 
午後9時半頃で、客は6分ぐらいの入り。そこそこ客は入ってる方かな?今回は、東加古川店では初となる「希望軒とんこつ」を食べてみる事に。思えば、10年位前に、姫路本店で食べて以来、今は無き明幹沿いにあった播磨加古川店、三宮店、加西店、姫路別所店、ホームランスタジアム店と、手近に出来たお店には、必ずと言って良いほど訪問しているのだった。東加古川店訪問は一応、二回目・・・。
 
   
希望軒と言えばぴり辛味噌ラーメンが有名だが、上記した通り、今回は希望軒のもう一つの定番メニューである「とんこつラーメン」を注文。「とんこつラーメン」と言っても博多ラーメン風の白濁とんこつスープとはちょっと違う、ちょっととろみのある希望軒独特のとんこつスープになっている。
 
   
メニューのあちこちに「とんこつスープ」の口上書きが載っている。基本的にはどれも同じようで、微妙に何か違うような感じで・・・。普通、これだけ自慢する場合ほど、実際はイマイチ・・・、と言うパターンが多い物なのだけど・・・。
 
こちらが希望軒・東加古川店の「希望軒とんこつラーメン」、714円也。ノーマルで注文したのだけど、ネギがこれでもか!と言うぐらい乗っている丸醤屋のネギ多目で頼んだ時よりもネギの量は多いぞ。ネギに隠れて見えないけど、その下にはモヤシとチャーシューがトッピングされている。
 
麺とスープはこんな感じ。例に寄って希望軒とんこつ独特の鼻につーんと来る香り?臭い?は健在。何か久々に味わう・・・。麺はこんなに細かった?と思うような極細で、これまたかなりの縮れ麺。こんな麺だったっけ?とろみこってりと言う割りに、個人的にはそんなにとろみを感じ無い。シャーシューは何と無く少な目な印象。ただこの後、ニラキムチと生ニンニクを投入したので、最終的には美味しくいただけました。結構、ニンニクを入れたので、次の日も、何と無くニンニクパワーが満ち溢れてたような一日だった・・・
 
って事で、希望軒・東加古川店二度目の訪問だったのだが、直ぐ近くにある博多ラーメン片岡屋」は行く前に通ると駐車場満車!帰りに通ると車が一台も停まって無い状態と、流行ってるのか流行って無いのか良く判らん状態だった。もしかしたら、帰る頃は閉店時間だったのかも・・・。「片岡屋」のそろそろ、二度目の訪問をする頃かな?

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.