義史のB型ワールド

2008年7月29日

加古川市役所近くのうどんや!丸亀製麺よりエエかも?

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 11:14 PM
 
代理人記録
 
7、8年ほど前、加古川市役所近くに今となっては記念すべき?とりどーるチェーンが誇る「丸亀製麺」第一号店である加古川店がオープンした、その半年から一年後くらいの時期に、この近くに「丸亀製麺」に対抗したかのように、セルフ形式のうどん屋さんがオープンした。その名も讃岐めん「うどんや」。私も当然の如く?オープンして間も無くの頃、このお店にも行ったのだが、当時の印象として「丸亀製麺」より、こっちのお店の方が美味しかったような気がした・・・。
 
が、しかし、我が一族は元来セルフ形式のお店が嫌い。どーんと席に腰を据えて料理が運ばれてこないと不満タラタラな人種が多い。って事もあり、加古川市役所近辺にうどんを食べに行くと、必ずと言って良いほど「琴平」に行く。だけど、ここんとこ「うどんや」と目の鼻の先にある「まいどおおきに食堂/加古川北在家食堂」に続けて行った事もあり、何と無く久々に行ってみたくなって数年ぶりに「うどんや」に寄ってみた。
 
こちらが讃岐めん「うどんや」。この近辺では「丸亀製麺/加古川店」と人気を二分するセルフ形式のうどん屋さんである。以前、加古川駅近くにカレーうどん専門店「うどん通」を出し、その後、「うどんや」の隣に移転して来た、このブログにも度々登場しているカレーうどん専門店「玉家」も、この「うどんや」系列のお店なのである。って事で基本的には「うどんや」と「玉家」は同じ麺だと思ってたのだけど、若干違うような気もする。それ以上に、セルフ形式と接客形式なので、値段が全然違うのだけどね。
 
数年ぶりに久々に行ったので、ここはオーソドックスに「ぶっかけ並(一玉)・冷」、280円をベースに半熟玉子天と、ちくわ天をトッピング。これに下のおにぎりを合わせて、540円也。値段的にも「丸亀製麺」と大差無い。
 
で、これが「うどんや」ご自慢の手打ち麺。当然、店内で製麺している本格的な讃岐うどんだ。照明の関係か、何と無く黒っぽい色にも見えるが、コシと言い歯応え&食感等、まさに本場讃岐のうどんと比べても遜色の無いうどんだ。まあ、個人的には麺より出汁の方に好き嫌いを影響されるのだが、このお店のお出汁は関西風の甘目で、こちらも中々美味しい。久々だったせいか、余計に美味しく思えた。ちなみに半熟玉子天は・・・、半熟じゃ無かったけど(私の勘違い?)結構旨い。ちくわ天は極々普通のちくわ天だった・・・。
 
関西人?大阪人?なので、やっぱうどんには飯物が必要!って事で、おにぎりも一緒に食べた。おにぎりと言うか、昔長柄の俵型のおむすび。個人的には、うどんとおむすびって最強のコンビだと思うのだけど如何でしょ?
 
てな事で、数年ぶりに行った「うどんや」だが、やっぱ美味しいよね。印象的には「丸亀製麺より美味しいと思うのだけど、そこは会社規模の差で「丸亀製麺」はどんどんと支店を拡大して行く中、「うどんや」はこのお店と隣の「玉家」だけ(だと思うのだけど)頑張ってるのよね。こうなったら舌が味を覚えている間に、元祖「丸亀製麺」一号店にも、久々に行ってみようかな?

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.