義史のB型ワールド

2008年7月27日

まいどおおきに食堂で中華そば!あかんで、こりゃ!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:07 PM
 
代理人記録
 
ちょっと前、和歌山出張の際に我々の昼飯屋さんと化していたまいどおおきに食堂」に久々に行った事を書いたが、その時にも書いたように、メニューにある「中華そば」ってのを一回ぐらいは食べてみないと、当ブログのB級グルメの主旨に反する!ってことで、早速に、再び「加古川北在家食堂」に出掛けて行った。
 
こちらが「加古川北在家食堂」。今回はちょっと遠目から撮影。昼間は当然の如く、夜でも結構賑わっている。近くに住むファミリー層が、夕ご飯を食べに来ているようで、子連れの客やお年寄り夫婦などが多い。確かに色んなおかずがあって、めいめいが好きな料理を食べてるので便利なのかも知れないが・・・。
 
で、早々に注文したのが、こちらの「中華そば」、294円也。一品料理のメイン料理と同じ値段設定。注文してから作るので、完成した後、席まで運んでくれる。(うどんなら、繁忙な時は麺類専門の人が居て会計してる間に料理が出来る場合もあったのだが・・・。)ちなみに「中華そば」と一緒に胡椒も運ばれて来た。普段は胡椒を使わない私であったが・・・。
 
で、その「中華そば」の内容だが、これがまた見た目から味まで、思いっ切り安っぽい。雰囲気は今は亡き「180円のびっくりラーメン」のレベルをもう一段下げたような印象麺は玉子麺のようだが、一度湯がいた物を置いてあったような食感で、ふにゃふにゃ、麺延びかけ
 
具のチャーシューはハムみたいな物が一枚乗ってるだけ。スープがこれまた完全な業務用スープで、20年位前のドライブインとか高速のサービスエリアに出て着そうな、あるいはショッピングセンターのフードコートの格安ラーメンのような物。コクも無ければ何の旨みも無いこれで294円はぼったくり価格の何物でも無い。二度と食べる事は無いだろう!
 
でまあ、「中華そば」だけでは寂しかろうと、他に「鶏の照焼」と「小ご飯」も食べた。で結局、700円オーバー。やっぱ安いような高いような、微妙なお値段になる。セルフ形式な癖に何かお得感が無いのよねえ。作り置き料理がメインだし、味的にも普通だし、もうちょっと値段を下げても良さそうな気がするのだけどねえ・・・。
広告

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。