義史のB型ワールド

2008年7月9日

ヤマトヤシキ1FのCafeでかつめし!生ビール付いて1000円!

Filed under: かつめし — 代理人 @ 11:21 PM
 
代理人記録
 
JR加古川駅周辺には、以前みんなと一緒に行った事がある「エデン」をはじめ、「かつめし」が食べれるお店が数多くある。その中でもJR加古川駅に一番近いお店と言えば、ヤマトヤシキ加古川店の1Fにあるカフェとランチのお店「ハナフサ」だろう。そごうが出来た頃からあるような、無いような、そんな年季の入ったお店である。
 
こちらが、そのお店「ハナフサ」。お店の東側は改装されて店内でケーキを売っているし、お店の中で食べる事も出来る。しかし真ん中と西側の入口近辺は、昔長柄の喫茶店風で、実際に入ってみると、継ぎ接ぎされたソファシートや、思わず昭和の喫茶店のテーブルか?と思うほど、古びていたりして、一瞬、お店に入った事を後悔するようなお店でもある。ちなみに夕方は出勤前?の夜の蝶のおねえさんが、食事をしていたりして、夜でもお客さんが入っている。
 
で、このお店の前に何時の頃からか「かつめし」の看板があって、前々から気になっていたのだが、場所的に利用する機会が無かったし、一度食べてみようかと思った事があったのだが、夜だとかつめしに生ビールと一品料理が付いて1000円なので、行くなら夜かな?と決めていたので、中々行けなかったのだが・・・、先日、漸く行く事が出来た。当然、オーダーしたのは「ビールセット」也。
 
この日の一品料理は「かぼちゃの煮っ転がし」。具にはかぼちゃの他、鶏肉も入っていて生ビールとの相性もばっちし。かつめしが出来るまでの繋ぎとしても最高だったかな。
 
こちらがハナフサのかつめし。付け合せはボイルドキャベツでは無くレタストマト。レタスには、ドレッシングは無く、その代わり若干塩味が付いているような・・・。サラダ感覚なのかな?かつめしのタレは甘過ぎず、辛過ぎず、酸味も無いあっさり風味。私にはちょっと物足りなかったので、途中からソースを投入してみたら、味も引き締まって美味しいタレとなった。
 
   
ビーフかつのお肉は、若干レアな感じ。上等なお肉ならこの程度のレア感は大歓迎なのだが、このお店のお肉は微妙。肉質的には若干かたくて、一枚肉だと思うけど、食べる部位に寄って肉の味にばらつきがある感じ。それでも全体的には、まずまず美味しいビーフかつだったかな
 
てな事で、ちょっと好奇心に釣られた感もあって、入って見たお店であったが、ビールセットは値段と内容を考えるとお値打ち感はある。が、しかし、店内の何か古びてたテーブル&テープで補修してるソファは、食事をすると言う場所としては食欲を失わせるような空気がある。反対側のケーキを食べるテーブルは小奇麗だったので、次回、このお店を利用する事があるなら、そちらの席に座ってみよう。そっちで、かつめしが食べれるのか、どうかは不明だけど・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.