義史のB型ワールド

2008年6月28日

期待の映画「インディ・ジョーンズ4」観て来た。何かX-FILESみたい・・・。

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 8:53 PM
 
代理人記録
 
この夏最大の話題の映画、と言うか今年最大の話題の映画である「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」を観て来た。ご存知、製作総指揮ジョージ・ルーカス、監督スティーブン・スピルバーグ、主演ハリソン・フォード、音楽ジョン・ウィリアムズの最強の組合せの大ヒットシリーズの19年ぶりの新作映画だ。昨年の「ダイ・ハード4」とか今年の「ランボー4」同様、前作から長い間が経ってからの続編製作だ。これは近年、ハリウッドでは映画のネタ不足で続編映画が大流行している事と無縁では無いだろう・・・。
 
 
で、感想。このシリーズのお楽しみの一つは映画冒頭に用意されているミニ・アクションストーリー。今回の冒頭に出て来る巨大な倉庫は、まさに「レイダース/失われたアーク」でアークが保管された倉庫では無いか!しかもエリア51の文字やロズウェル事件などの言葉が出て来る・・・。ん?何か、SFっぽい設定だぞ?って言うか、何かX-FILESに出てきそうな話の展開だし・・・。そう思って観ると、インディがモルダーに見えて来る・・・。さしずめ、復活したマリオンはスカリーって事かいな・・・。
 
って事で、本国でも賛否両論になっているように、今回のストーリーは好き嫌いあるだろうなあ・・・。当然、SF好き、X-FILESを全話観た私には、物凄く面白かったけど、やっぱ過去のインディ・ジョーンズシリーズと比べると違和感は残るかなあ・・・。それに加え、ショーン・コネリー等、インディ馴染みの人は、ほとんど出ない。唯一登場するのは上にも書いたようにレイダースのヒロインでもあったマリオン(カレン・ブラック)のみ。まあ「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」も、インディ意外は誰も出ないから、大した事では無いかも知れないが・・・。
 

 
が、しかし「インディ・ジョーンズシリーズ」の見逃せないシーンと言えば、やはりスター・ウォーズ絡みの小ネタだろう。「レイダース」では飛行機の名前?とか、C-3POとR2-D2の壁画、「魔宮の伝説」ではクラブ・オビワン等、スター・ウォーズファンなら思わずニヤっとしてしまうシーン、一応、今回も用意されていたらしい・・・が、やっぱ映画観てる途中では全然判らんかった。唯一と言えばインディのセリフかな?これはスター・ウォーズでハン・ソロのセリフと一緒。(ただし字幕版だったのでセリフは日本語化されてたが・・・)。今回もR2-D2の壁画?のシーンがあったらしいが、それは全然気が付かなかった。(スター・ウォーズ/エピソードⅠのE.T.のシーンは気が付いたけど・・・。)
 
ちなみに上に書いた冒頭のシーンには一瞬だけアークが映るらしいのだが・・・、判らんかった・・・。その他「パンチョ・ビラ・・・うんぬん」と言うセリフは日本でも放送されたTVシリーズ「インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険」絡みのネタ。って、このTVシリーズを観た人ってあんまり居ないだろうねえ・・・。期待した割りにはちょっとイマイチだったし・・・。私も途中で挫折したので、半分位しか観て無いような気がする・・・。
 
てな事で、19年ぶりに復活したインディ・ジョーンズだが、流石にハリソン・フォードも歳取ったなあと思うし、各シーンもちょっとしつこく、だらだらしてる気もしたが、これも年取ったインディに合わせての監督の演出?らしいので、気にする事は無いだろう。残念なのは、やっぱりインディ・パパことショーン・コネリーにも出演して欲しかったなあ。彼が出てたらもっと笑えるシーンが増えていただろう
 
何やかんやと、最近観た映画の中では一番面白かった。次は、SFネタの本家本元「X-FILES」の映画版第二弾が待っているし、その前には「バットマン・ビギンズ」の続編「ダーク・ナイト」もあるし、これまた期待の「ハムナプトラ3」も公開されるし・・・。この夏は久々に私好みの映画が目白押しなのであった!しかしまあ、相変わらず続編映画ばっかりやな・・・。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.