義史のB型ワールド

2008年6月24日

鰻の季節ですねえ・・・、って吉野家かっ!

Filed under: — 代理人 @ 11:06 PM
 
代理人記録
 
今年も鰻の季節がやって来た。例年ならば、土用の丑の日の前の、大体5月頃に、別府の将棋屋に行って、その後、土用の丑の日前後に、もう一回行くと言うパターンなのだが、今年は諸事情から5月に将棋屋に行く事は無かった。(土用の丑にはきっと行くと思うけど・・・)
 
それとは関係無いのだが、各牛丼チェーン店でも季節物商品として「鰻丼」を扱いだしたので、昨年に引き続き、吉野家へ「鰻丼」を食べに出掛けてみた。
 
今、吉野家へ行くなら、オープンしたばかりの一番綺麗なお店である「加古川駅前店」へ。前に一度紹介した事があるお店で、カウンター席よりテーブル席の方が多い、新しいスタイルの吉野家である。オープン当初は店内は賑わっていたが、土曜日って事もあるのか、オープン当初に賑わいは無く、店内は閑散としていた。休日に出掛けるには駐車場の無いお店はやっぱり不利なんでしょうねえ。って言うか、平日も流行っているのかどうか怪しいかも。ちなみにお隣の「めしや宮本むなし」は吉野家以上に閑散としていた。やっぱ値上げの影響は大きいのだろうねえ。
 
こちらが吉野家の「鰻丼」のメニュー。ん?昨年よりも若干値上りしているのは、これもご時勢か?相変わらず何処産の鰻かは、書かれて無い。ちなみに単品で530円、セットにすると味噌汁と御新香が付いて580円。って事で、鰻定を注文!
 
こちらが吉野家の「鰻定」、580円也。こう言う事でも無い限り、吉野家の味噌汁を食べる機会は滅多に無い?御新香は例に寄ってミニサイズ。ちょっとケチ臭い処も去年のマンマだ。
 
で、「鰻丼」はこんな感じ。「昨年の吉野家の鰻丼」に比べて何か量が少ないと言うのか、サイズが小さいと言うのか、そんな印象。全体的にタレも少なめだったかな。
 
自体は一応、柔らかくふんわりしている。味はあっさりめ。普通にスーパーで売っている鰻の蒲焼で、作る家庭の鰻丼と大差無い。まあ値段が値段なので、多くを期待しては行けないから、一応、鰻を食べた!ってことに満足すべきかも。
 
って事で、昨年に続いて吉野家の「鰻丼」を食べて見たが、ブログネタも兼ねて、今度はすき家辺りの鰻丼でも食べてみようかな?と思うのであった。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.