義史のB型ワールド

2008年6月22日

プレミアコロッケ買えないのでミンチカツ。期待した割りに・・・。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:05 PM
 
代理人記録
 
先日、管理人さん邸を訪問する機会があり、手土産にと久々に伊保のミート&デリカ旭屋に行ってみた。このお店は以前にも紹介したようにネット販売専用の「神戸ビーフプレミアコロッケ」ってのが大人気のお肉屋さんだ。(当然、お肉にも定評があるようだけど・・・。)ちなみに先日、このコロッケの注文を遂に決断して購入しようとしたら、ただ今生産が追い付かないって事で、販売中止になっていた・・・。
 
で、今回はお肉屋さんと言えばコロッケと同様に人気のあるミンチカツを買う事に。実はまだ旭屋のミンチカツは食べた事が無かったのだった。しかしショーケース内を見ると、ミンチカツは既に売り切れの様子。店員のおばちゃんに、確認すると3枚だけならあるって事で3枚注文!店の奥から用意されたミンチカツを見てみてビックリ!ちょっと想像していたミンチカツよりかなりでかい
 
こちらが店内で揚げたばかりの旭屋のミンチカツ、一枚220円也。平べったいトンカツサイズの巨大なミンチカツだ。こんなにでっかいサイズだったとは・・・。5枚買わなくて良かった・・・。
 
ミンチカツが3枚しか無かったので、それじゃあ寂しかろうとコロッケも購入。プレミアコロッケはお店では買えないのだが、前回紹介した神戸ビーフコロッケはお店でも買える。が、夕方って事もあって当然の如く、売り切れ。てな事で、こちらも初購入の普通のミートコロッケ、一個75円也。あれちょっと値上りしてるような気がするのだが・・・。
 
ミンチカツを半分にカット。コロッケと一緒にお皿に盛り付け、早速、食べてみる事に・・・。
 
ミンチカツの切り口はこんな感じ。平べったくて大きかったが、その分、お肉のジューシー差が全く無い。お店で揚げたてを管理人さん邸まで運ぶのに約15分。その感に肉汁を失ってしまったとは考え難いので、旭屋のミンチカツはこれが普通なのだろう。ちなみに衣も分厚く、ボリューム感はたっぷりすぎる位だった。おかげで、ミンチカツ半分とコロッケだけで、結構、お腹一杯になってしまったのであった。
 
ちなみにミンチカツとコロッケを店内で揚げてもらって居る間、手持ち無沙汰から色々と商品を見て居て思わず買ってしまったのが、こちらの「加古川和牛炭窯焼きローストビーフ」。隣に「神戸牛の肉のタタキ」も置いてあり、そちらの方が美味しそうだったのだが、神戸牛か加古川牛か悩んだ挙句、加古川牛のローストビーフを選択したのだった。
 
このローストビーフにはタレは付いて無かったのだが、塩胡椒などでしっかりと味付けされていて、このままで十分美味しかった。肉汁の残ったレアに近いローストビーフで、如何にもお肉を食べている!と言う感じで中々の一品だったと言える。
 
てな事で、旭屋さんのミンチカツは一回食べたらもうエエかな?と言う印象。プレミアコロッケは買えそうにも無いし、それ以上に、証明書付きの高級和牛はもっと買えそうに無い。誰か、私に旭屋のお肉をご馳走してくれえ!
 
 
 
おまけ
 
この日、昨年の浜松のお土産のうなぎ茶漬けも食べたのだが、細切れの鰻ながらレトルト入りで中々本格的なうなぎ茶漬けであった。携帯のバッテリー切れで写真が撮れなかったのだが、ここ数年のお土産商品としては、No1の良いお土産だった。チャンスがあればまた買ってみようと思うのであった。
 

WordPress.com Blog.