義史のB型ワールド

2008年6月8日

復活した希望軒東加古川店!でも味が・・・???

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 11:56 PM
 
代理人記録
 
姫路発祥のラーメン屋として一時期は他府県まで進出し、結構な勢力を保っていた「希望軒」だが、他府県進出が仇となり、結果民事再生法適用となり、FC店はどんどんと別の名の看板を上げ始めた。先にあった「希望軒」東加古川店(補足:魚住店だったかも?)も「麺屋いちなり」と言う名のお店に変わったのだが、何故か別の場所に、再び「希望軒」東加古川店が出来たのでちょっと行ってみた。
 
こちらが新しくオープンした「希望軒」東加古川店。駐車場も広く、多分、加古川近辺にある「希望軒」の中では一番広いお店では無いかな。
 
     
店内は例に寄ってレトロな看板が飾られている。ただこの店の看板は何と無くアジアンっぽい雰囲気だったが。
 
希望軒」と言えば、ピリカに代表されるちょっと辛い味噌ラーメンで人気になった店で、他に希望軒とんこつラーメンもメインになっているのだが、私が好きなのは背脂が入った「塩味ラーメン」。6年ほど前に、明姫幹線沿いにオープンした加古川店は、当初は夜の限定メニューだったのだが、私のお薦め?だったせいか、今では終日のレギュラーメニューになっている。
 
こちらが今回食べた「塩味ラーメン」、661円也。注文時に背脂の量を聞いてくれなかった為、個人的には背脂が少ない気がする・・・。ちなみに希望軒定番のニラキムチ&生ニンニクも当然の如く、用意された。
 
まずはスープ。うーん、ちょっと薄いぞ。何か一味足りんようなスープだ。背脂の甘味も量が少ないからか、こちらも物足りない。麺は何時もの細麺。最終的にニラキムチを投入して、何か誤魔化しながら完食したが、今まで食べた希望軒の塩味ラーメン(旧・加古川店、加西店、姫路御着店、加古川ホームランスタジアム店)の中では、一番最低だった。お店がオープンしたばかりで、まだ味が安定して無いのかも知れないが・・・。まあ、背脂の量を多目に出来なかったのが、一番のマイナス要因だったかも。
 
ちなみに毎回ランチタイムに「希望軒」へ行くと値段に釣られて頼んでしまうミニチャーハン。今回も思わず頼んでしまいました。以前は希望軒のチャーハンは美味しいと思って食べてたのだけど、この日は塩味ラーメンの印象が悪かったのと、結構、お腹張ってしまったので、大して美味しいとは思えなかった。でもやっぱ、150円のチャーハンとしてはお得だよねえ。
 
って事で、民事再生法適用時は、このまま潰れて行くのでは無いか?と思っていた希望軒だが、何故かまた息を吹き返したのね。反対にFC店から離脱して別のラーメン屋に衣替えした「麺屋いちなり」や「虎と龍」は苦戦しているように見えるのだが・・・。それと、加古川ホームランスタジアム内の希望軒(ホープ軒)は、支店なのか、FC店離脱組なのか、屋号もちょっと違うし、何か怪しいのであった・・・。

WordPress.com Blog.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。