義史のB型ワールド

2008年4月23日

びっくりラーメンが中華そば一番に!お値段も330円に!

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:21 PM
 
代理人記録
 
2000年頃に大阪に誕生した180円ラーメンのお店びっくりラーメン」は、値段の安さにまさにびっくり!って事で、ビジネスマンには好評!大阪で一躍人気のお店になり、私も大阪へ行った時は偶に利用。その後、大阪随所に支店をオープン、更に県外に触手を伸ばし、2003年頃に播磨町店が出来た後も、その勢いは止まらず、加古川に2店、大塩、白浜、姫路と、どんどんとエリアを広げて行ったのだが、そもそも180円と言う薄利多売の営業方針が祟って、利益率が低下、遂に昨年、民事再生法適用となり、一部のお店は閉まっていた。
 
その後、びっくりラーメンチェーンは牛丼の吉野家グループの配下となり、生き残っていた加古川の2店も営業形態を変え、加古川駅前店は「中華そば一番」となった。てな事で、ラーメンネタが多いこのブログとしては気になるので、ちょっと様子見で行ってみた。
 
こちらが「中華そば一番」加古川駅前店。ちなみに「びっくりラーメン」の本当のお店の名は「ラーメン一番」だったので、何か店名がラーメンから中華そばに変わっただけ?と言う気もするが、実際にはお店のカラーがちょっと落ち着いた雰囲気のお店になっていた。
 
こちらが中華そばメニュー。一番安い、醤油味で330円。びっくりラーメンは税込みで189円だったので、141円の値上がり?同じ、格安中華そばチェーンの「幸楽苑」よりも高くなってしまった・・・。しかもとんこつ味に至っては510円と、普通のラーメン屋並のお値段。全然、安いラーメン屋と言う値段じゃ無くなってしまってるような・・・。
 
こちらはセットメニュー。びっくりラーメンでは調理の関係からチャーハンは無くチャーハンもどきのチャーライだったのだが、今度はチャーハンがメニューに加わっている。一番安いセットメニューで520円なので、やはりびっくりラーメンの頃に比べると大分割高感が出て来たような・・・。で、オーソドックスに「半チャーハンセット」、520円を注文。
 
こちらが中華そば(醤油)単品で330円。相変わらずチャーシューは薄切りでしょぼい。スープはびっくりラーメンと違い、鰹節系の風味が加わりちょっと甘目の今流行りの和風・魚介系スープ風になっている。具はしょぼいが、330円ならまあ、許せる範囲の味かな。麺は多分、以前と一緒の細麺。こちらは可も無く不可も無く。
 
こちらは半チャーハン。単品だと200円なので、セットだと10円だけ安い事になる・・・?しかしこのチャーハン、今作ったって感じでは無く、チャーライ同様、作り置きな感じがしないでも無い。(あくまで想像だけど。)しかも、味が塩っ辛い。はっきり言って美味しく無い。辛過ぎるのだ。この日だけの事か、何時もの事かは定かでは無いが、この味だと次にお店に来ても注文する事は躊躇ってしまう味だ・・・。
 
てな事で、180円から330円となり、味も若干、上品になった「中華そば一番」であるが、やはりびっくりラーメン同様、結局は330円の中華そばしか食べ無いような気がする。第一、セットもんの価格は結構高い。このお値段出すなら他のちゃんとした?ラーメン屋さんに行くよねえ・・・。単価を上げたいのは判るけど、内容が伴って無いような気がする・・・。まあ、まだ衣替えしたばかりだし、私も一回しか食べて無いので、まだ評価するには早過ぎるのかも知れないが・・・。
 
 
最期に・・・、在りし日のびっくりラーメンのお姿をどうぞ・・・。これで180円だったんだから確かに安かったよね?

2008年4月22日

恒例の駅弁シリーズ、いかすみ黒めしは意外と旨い!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:52 PM

 
代理人記録
 
先日の西友の駅弁大会では、夕方に行った時、半額にも関わらず大量に売れ残っていた「いかすみ弁当黒めし」であったが、その時は他の駅弁を買ったので、気になりつつも買う事は出来ずじまいであった。しかしB級グルメを冠とする当ブログではこのちょっと怪しげ?な「黒めし」の駅弁を食べてみない訳には行かないでしょ。そう思っていると、トーホーの駅弁大会で再び「黒めし」が売られていたので買ったみた。

駅弁大会のチラシの写真はこんな感じ。公式サイトの開設に寄ると、
 
イカ墨で炊き込んだ、真っ黒めし。真っ黒ご飯の中に隠れてるゲソの食感は癖になる美味さ。盛り付けされたイカ・イカ団子はボリュームたっぷり。イカをまるごと使った黒めし。ぜひ食してみてはイカが!!平成17年6月12日 TBS系「日本列島駅弁88箇所」にて日本一となった駅弁。
 
との事

いかすみ弁当黒めし」のパッケージはこんな感じ。駅弁大会の売り場で、このパッケージを見ただけでは確かに購買意欲が沸くような見栄えじゃないよね。西友の駅弁大会で大量に売れ残ってた訳もこの辺りに一因があったのでは・・・。ちなみにこの駅弁は鳥取駅の駅弁らしい・・・。
 
     
パッケージを開けてみると、中はちょっと上品な竹籠の入れ物になっている。竹籠の蓋を取ると、弁当自体がビニール袋に包まれていた。駅弁でビニール袋に包まれているのを観たのは、これが初めてかも。ある意味、ちょっとしたインパクトがあったかな。

ビニール袋を広げるとこんな感じ。ようやく駅弁!と言うような姿を現す。上から見ただけでは黒めしと言う印象はあまり無い。再び、駅弁屋の宣伝文句を引用すると、

身から墨までイカを丸ごと味わい尽くす

本物の竹を使ったせいろ容器には、新鮮なイカ墨と地元の醤油で炊き上げた黒いご飯が盛られ、その上にイカの照り煮やイカ団子の甘煮が載る。ご飯の中にはゲソを散りばめており、イカ墨の香ばしい匂いとゲソの歯応えのある食感が同時に味わえる。甘辛く煮付けたイカは水を一切使用していないので、旨味がたっぷり凝縮。さらにその煮汁で煮込んだイカ団子も秀逸の味わいだ。

との事。

イカの照り煮が四つも!と思ってひっくり返してみると、半分に切られた物だった。てなことで、実質、イカは二杯分?って事になるのかな?で、このイカも中々風味があって駅弁のイカにしては結構旨い!有名な森駅のイカめしのイカと比べても遜色は無いと思う。団子もイカ風味ってことで、イカ団子のようだ。まさにイカ尽くし!

そして何と言ってもこの駅弁の最大の特徴、と言うか、ネーミングにもなっている「黒めし」はこんな感じ。何時ぞや、ココ壱番で黒カレーってのを食べたが、思わずあのカレーを思い出してしまった・・・。が、この「黒めし」、侮る事無かれ!口に入れてみるとほんのり甘いコクのある炊き込みご飯のような感じ。イカ墨の癖も無く、中々旨い。安っぽい店でイカスミ系の料理を食べると生臭かったり、イカスミの癖があったりするもんだが、そう言ったイカ臭さは一切無い。色が黒く無ければ、イカスミめしだとは気が付かないのでは無いか。私は以前に、加古川プラザホテルにあったフレンチのお店のイカスミのスパゲティは結構好きだったのだが、久々にイカスミを使った美味しい料理を食べた!と言うような感銘を受けた。(ちょっとおおげさかも)。何れにしても駅弁としても、中々美味しい駅弁だったと思う。

これは後から知ったのだが、この駅弁がちょっと美味しかったので、調べてみたらTVで紹介された時は、出演者一同に絶賛された駅弁らしい。私はこの情報を知る前に食べて、旨いと思ったのだから、本当に美味しい黒めしだと思う。願う事ならば、駅弁では無く炊き上げた直後の黒めしを食べてみたい・・・、そんな気にさせる駅弁であった・・・。
 
最後に・・・、その昔、バイクに乗って5日間で走行距離3500kmを走った東北一周ツーリングの際、仙台の民宿の朝御飯に、自家製イカの塩辛をご馳走になったのだが、その時のイカの塩辛も真っ黒だった。地元や手作りで作る本物のイカの塩辛は、イカスミも混ぜる!と言うのが民宿のおばちゃんの説明だった。ただ、当時の私にはやや個性が強すぎる塩辛だったけど・・・。でも美味しいイカスミって結構、旨いのよね。北海道ではイカスミラーメンを・・・、食べ損ねたのだけど・・・

2008年4月21日

恒例の駅弁シリーズ、またまた比内地鶏弁当!今度は身があった!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 11:40 PM
 
代理人記録
 
先日、西友の駅弁大会で買った「秋田比内地鶏のいいとこどり弁当」は内容的に不磨の残る駅弁だった。後日、スーパートーホーのチラシを見ているとまたもや駅弁大会。その中にまたもや「秋田比内地鶏弁当」の文字を発見!

ん?、この前買った駅弁と同じじゃ無いの?と思ってチラシをじっと見たら、中身が全然違うような感じ。ちゃんと鶏肉もあるし、つくねみたいな物も乗っている。駅弁の名前も「まるごと比内地鶏弁当」と言うらしい。これは前回の失敗を挽回すべく?あるいは比内地鶏の印象をエエ方に回復すべく、この駅弁を買ってみた。

こちらが今回買った「秋田の味 まるごと比内地鶏弁当」、正規価格で購入したので1100円也。この前買った駅弁の正規価格は950円なので、単純に内容を比較するのは失礼かも知れないので、その辺りはご容赦を・・・。

「あきたこまち米を比内地鶏のガラスープで炊きあげたごはんと秋田比内地鶏のそぼろ、スライス、くんせい、肉団子、調理方法の異なる4種のおかずを使用」との事。

中身はこんな感じ。前に食べた弁当と違い、流石に鶏肉が乗ってるとそれだけでもちょっと嬉しい。
 
     
比内地鶏の身のスライスもつくね(肉団子)もそれなりに美味しい。具の下は、炊き込みごはんになっていてこれもまた美味しい。以前の鶏そぼろだけの駅弁よりは、遥かにこちらの方が内容的にも味的にも良いと思う。正規価格で150円の差があるものの、内容的にはその価格差以上の物があると思う。
 
ちなみに前回の「秋田比内地鶏のいいとこどり弁当」も「秋田の味 まるごと比内地鶏弁当」も同じ弁当屋の駅弁のようだ。その割には中身が全然違うような印象を受けたが・・・。前回の詰まらん駅弁は、半額で買ってたのでまあ、後悔度は低かったけど・・・。

ちょっと前に観た映画「クローバーフィールド」!これって、ブレア・・・?

Filed under: 趣味 — 代理人 @ 9:20 PM
 
代理人記録
 
一部で超人気の海外テレビドラマLOST」(私も全話欠かさず見ているが・・・)の製作者で有名なJ・J・エイブラムスが製作した謎の映画と言う事でこれまた話題の「クローバーフィールド」を観て来た。何が謎かと言うと、全米で公開されるまでは一切、内容を秘密にしていて、正体不明の何かが出て来るだけ?と言うことで、話題先行型で盛り上がった映画らしい。
 
その後、全米で公開されるや否や、賛否両論、期待と失望が交錯する、これまた話題の映画となった。日本での公開時は、既に内容がバレては居たものの、全米での話題を引きずってそれなりに流行ってるようだ。
 
個人的には「LOST」を欠かさず観て居る立場としてはJ・J・エイブラムスの製作する謎の映画となれば見逃す訳にはいかない。ってことで、先日観に行って来たのだった。
 
こちらはTVのCMでお馴染みの、破壊された自由の女神の頭が路上に転がっているシーン。この写真は綺麗に写っているが、既にTVや新聞でご存知の方は多いと思うが、実際の映画では、全編全てハンディカメラの映像で、常にゆらゆら手ぶれしている画面だ。その為、劇場に注意書きがあるように、体に合わない人は、乗り物酔いに似た症状になる可能性があるので、覚悟をして見て下さいとの事。
 
そう、これまた知ってる人は知っているあの「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」と同じく、主人公が手に持つハンディカメラで撮影した映像がリアルタイムで進行すると言う内容そのまんま。「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」では行方不明になった3人の若者が残したハンディカメラのビデオの映像・・・、と言う設定であったが、今回の「クローバーフィールド」も、ニューヨークで起こった、この謎の大事件?の後、発見された同じく、ハンディカメラで撮ったビデオと言う設定。
 
ただし、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の場合は超低予算映画で、映像的には森の中を彷徨うシーンがほとんどであったが、この映画では、映像的に結構なお金が掛かっている事と、ちょっと強引なストーリー展開の割りには、そこそこの迫力があり(緊迫感は薄かったような気はするが)、それなりに面白い内容だったように思う。
 
ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の場合、ビデオは本物で、実際に行方不明になった若者が居るとか、事件の起こった町の魔女伝説?みたいなのを解説したホームページ等が出来て、当時の時代を反映して映画とインターネットの両方で盛り上げると言うちょっと凝った手法であったが(実際は全てが作り物。その為、ネットの話題を知らずに映画だけ観ると、思いっ切りがっかりする内容の映画でもあった)、この「クローバーフィールド」の場合、実際に起きた事件!言った所で、誰も信用しないので、そう言う宣伝の打ち方はせず、ただ公開まで中身を伏せて、謎を盛り上げたって感じである。
 
てな事で、映画のストーリー的には、主人公が経験した事だけが映像に収められていると言うことで、映画の全体像は掴み難い、と言うか今回の映画はそんな感じの物。「LOST」で例えるならシーズン初めに出て来た謎の白い怪物とか、真っ黒い煙のような怪物?のようで、その正体は一切不明なまま、と言う設定に似ているような似てないような。 
 
 
てな事で、個人的には「LOST」同様、判ったような判らんような映画ではあったが、これまたJ・J・エイブラムスの手法に巧くのせられたって感じかも。全米ではそこそこヒットした為、続編の製作が決定されたようだが、まさか、今度もハンディカメラの映像!って事は無いだろうねえ。それよりも早くTVドラマの「LOST」の謎を解明して欲しいぞ。ちゃんと納得出来る結末を用意しておいてね、エイブラムス君!

2008年4月20日

出石蕎麦のお店だけど天とじ丼にローストビーフ?

Filed under: — 代理人 @ 10:07 PM
 
代理人記録
 
時々、映画を観に出掛けるワーナーマイカルシネマズ加古川のある加古川サティの中にある出石そばのお店花水木」は、加古川サティが出来た頃に行った事がある程度でそれ以降、永い間行って無かったのだが、先日映画を観に行った時にお店の前を通ると何と無く美味しそうだったので、映画を観る前の腹ごしらえにちょこっと寄ってみた。
 
こちらが私の気を引いた「特別定食」の見本。出石そばのお店なので、そばは当たり前(でも出石そばと言うより、ざるそば風だけど・・・)として、天とじ丼に、何故かローストビーフのサラダが付いているのが、妙に私の好奇心を刺激したのだった。
 
こちらが実際に運ばれて来た「特別定食」、950円。おそばは温かいそばが選べるってことで、出汁の好きな私なので、温かいおそばを選択
 
天とじ丼はこんな感じ。味的には海老の天ぷらも、玉子も、まあ至って普通の天とじ丼って感じ。何かもうちょっと美味しい丼を期待していたのだが・・・。
 
おそばは、お出汁が、ちょっとイマイチ?っぽかったのと、ちょっとそば自体が伸びていたような感じでこちらも何かちょっと・・・、だったかな?正直、ちょっと前に食べたので、ほとんど忘れてしまった。
 
一番食べたかったのがこの「ローストビーフ(のサラダ)」。でもやっぱ、予想通り、こちらも至って普通。まあ、出石そばのお店でローストビーフがメニューにある事自体、ちょっと怪しいもんね。
 
てな事で、店前の見本に釣られて食べてみたが、まあ、どって事無い定食だったかな?出石そばの看板を上げながら、メニューは居酒屋風メニューを筆頭に沢山のメニューがあった。まあ、出石そばだけでは客を呼ぶのは難しいからかも知れないが。久々に行ったお店であったが、次に行くのは、きっとまた忘れた頃だろう・・・

2008年4月19日

久々のおかだラーメン、相変わらず地元民に人気のようで・・・。

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:27 PM
 
代理人記録
 
少し前に私が自転車でこけた場所の近くに一部の人に根強い人気のあるラーメン屋「二代目おかだラーメン」がある。自転車でこけた当日もその後のマクドコーヒー無料の時もお店の前を通ったのだが、お店が閉まっていたり、店内改装してたりしてて、もしかしたら何かあったの?と思ったのだが、後からそれはたまたま定休日に重なっていただけだった。その後、食べに行って見たのだが、その日も運悪く定休日の日。今回、改めて定休日を確認した上で、お店に行って来た。
 
     
こちらが「二代目おかだラーメン」。わざわざ暖簾に「二代目」と書いてあるように、店主は二代目なのだ。(まんまやね)。噂に寄ると初代のお店は別の処にあったらしい。「二代目」になってからこの地にお店をオープンしたらしい。夫婦でやっているこじんまりとした、めしやさん風のラーメン屋でもある。
 
メニューはこんな感じ。以前はカウンター席の上にずらずらメニューが書いてあったように思うが、今はシンプルに数種類のメニューが書かれてあるだけ。メインはセルフ形式のおでんと、看板でもあるラーメン。ちなみにラーメンのメニューは一種類のみ。チャーシュー麺やら濃口等のメニューは無いが、スープの濃い目、薄い目、麺の硬さ等は注文出来るようだ。
 
おでんも看板メニューってことで、今回は「玉子と大根」を食べた。以前、夕方の時間帯に行ったら、ほとんどおでんの具が残って無いことがあったのだが、流石に昼飯時だと、ほぼ満杯におでんの具があった。上にも書いたようにおでんはセルフサービスで、全ての具が一品80円、お会計も自己申告制で、まさに地元密着型、お馴染みさんで持っているお店だと言える。ちなみに辛子の他、生姜醤油も用意されているのが播州風。上の写真は出汁が黒く写っているが、これは生姜醤油をかけた為、出汁と混ざって上のような色になってしまった。でもこの店のおでんは結構美味しい。本当は夕方の時間帯に行ってビールとおでんと言う組合せで食べた後、ラーメンを食べて帰ると言うのが理想なのだが、営業時間が午後7時までだし、その頃にはおでんの具が残って無いし・・・、って事がこのお店の最大の難点なのかも知れない。
 
おでんの話が長くなったが、ラーメンはこんな感じ。鶏ガラ出汁ベースの昔ながらの中華そばの雰囲気。播州ラーメンほどの甘さは無く、素朴な味だと思う。ちょっと分厚つめのチャーシューは食べごたえもあり、中々美味しい。量的にはおでんを食べた後に食べる?が基本な為か、ちょっと麺の量が少ないように感じるが、この歳になるとこの量で十分かも。個人的には、今時のラーメンに比べると、こってり度とか、スープの奥深さ等に物足りなさを感じ無くも無いが、加古川の翁介や別府のまいど同様、時々食べて見たくなる昔懐かしい醤油ラーメンの王道とも言える。
 
てなことで久々の「おかだラーメン」、しかもこのブログ初のご紹介であるが、平日の昼間でも入替わり立ち代りお客さんが入って来て結構流行っている。ラーメン自体は上にも書いたように、素朴でオーソドックス、昔ながらな味なところが地元民、常連客に支持されているようだ。店主夫婦も良くを出さす無理をせず、午前11時~午後7時までと言う(ラーメンは飲んだ後が旨い!と言われるように、夜から営業を始めるお店が多いにも関わらず)ラーメン屋にしては短い営業時間をみても、常連さん中心の御飯屋さんと言うポジションを守っているような・・・。
 
30番さんのお知り合いの某志方のお店も、こんな風に地元の人に支持されて、それなりにお客さんで賑わえば良いのにね。この店も勉強の為に一度は訪れて欲しいお店の一つかも知れない。

2008年4月18日

恒例の駅弁シリーズ、またもや半額で秋田比内鳥!味も半額やあ!

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 10:58 PM
 
代理人記録
 
西友の駅弁大会は夕方になると売れ残り商品が半額になるので、この日も売れ残り商品をチェックしに西友へ。目ぼしい駅弁は残って無かったが、半額はやっぱりお得なんで今迄食べた事が無い「秋田比内地鶏いいとこどり弁当」ってのを購入!。お値段は半額で475円也。普通の弁当並みのお値段でんな。

こちらが半額で買った「秋田比内地鶏いいとこどり弁当」。秋田にはその昔、東北一週ツーリングや、某会社勤務時代に秋田日帰り出張で行った事があるが、比内地鶏もきりたんぽも食べずに通り過ぎただけだなあ・・・。特に秋田日帰り出張ってのは始発の飛行機で行って最終の飛行機で帰って来ると言う、まさに行っただけ!の強行スケジュールだったので、何か名物を食べる!と言うような余裕は全然無かったもんなあ。
 
     
そんな思い出話とぼやきはさて置き、この駅弁を買おうと決めたのはパッケージに書いてあった「特製スープで煮ること2回・・・」の文字。何と無く特製スープ!って言う言葉に弱い。私がラーメンやちゃんこ鍋が好きな理由の一つにスープ好きってのが根底にあるからだ。

駅弁の中身はこんな感じ。おや?比内地鶏の身の塊が全然無いぞ?何か完全に鶏そぼろ御飯じゃん!比内地鶏の身が食べたいぞお!と、気分的にちょっとショックを受けた?為、すっかり忘れていたが、上の写真の右下にあるのが、パッケージに書かれていた「貴重なササミフライ」。何で貴重なのか、またこのササミも比内地鶏なのかどうか、不明なままだが・・・。

こちらは「2段仕込みの味付鶏肉」のアップ。でも味は普通に鶏そぼろ?としか思えなかったのだが・・・。
 
てなことで半額で買った駅弁であったが、半額で良かった!これを正価で買ってると、目茶目茶がっかりするような内容だもんなあ。やっぱ、鶏肉の身の塊が一切れでも二切れでも欲しかったよなあ。まあこの駅弁も二度と買う事は無いでしょう!

2008年4月17日

恒例の駅弁シリーズ、半額だったので再び「およぎ牛弁当」。きっとこれが最後。

Filed under: 正真正銘B級グルメ — 代理人 @ 9:49 PM
 
代理人記録
 
西友恒例の駅弁大会であるが、夕方の時間帯になると売れ残り商品が半額になる。昼買っても夜買っても同じ商品なので、半額になると結構お得感がある。てなことで、駅弁大会開催中のとある日、売れ残り商品をチェックしに行ってみた。

売れ残り半額商品の中に先日食べたばかりの「およぎ牛弁当」を発見!一度食べたら十分な駅弁ではあったが、半額の600円なら買っても良いかな?と思い、購入する事に。
 
   
およぎ牛弁当」は松江の記念の弁当らしい・・・。序でにおよぎ牛「潮凪牛」の解説も載っていたのでご紹介。

こちらが半額で買った「およぎ牛弁当」。前回食べてからまだ一ヶ月も経って無いので、特に感動も無いですが・・・。

中身もまだ記憶に新しいので、特に感動も期待も無い。それでも肉好きな私なんで、一面に牛肉が散りばめられているだけでも嬉しいけれど・・・。

お肉のアップ!!!感想は前回と同じ・・・。でも半額だと思うとちょっとお得感もあって気分的に美味しくなったような・・・。正価ならもう買う事無いと思っていたけど、半額ならまた買っても良いかな?と思えるような「およぎ牛弁当」なのであった。

2008年4月16日

久々の丸醤屋でキムチチャーハン!クーポン利用でお得?

Filed under: ラーメン — 代理人 @ 10:08 PM
 
代理人記録
 
焼き鳥居酒屋「とりどーる」が展開するうどん屋チェーン「丸亀製麺」が意外と人気を博し、どんどんと店舗数を増やす中、その勢いをかって、お好み焼き屋「粉もん屋」や焼そば専門店「長田本庄軒」等をオープンさせた事は以前からこのブログでも何度か紹介しているのみなさんには周知の事と思う。そんな「とりどーる」がラーメンブームの並にやや遅れて乗っかったのがラーメン屋「丸醤屋」。以前、喜多方ラーメン「坂内・小法師」のあった場所に2、3年前にオープンしたラーメン屋である。ホットペッパーのクーポンに釣られて、またまた行ってしまった。
 
2年ほど前に管理人さん一家と一緒に行った時は休日の昼間と言うことで、行列が出来ていたが、流石に平日の夕方の時間帯では数組のお客さんしかいない。長い間、休日の昼間に行って無いので、今でも行列が出来るのかどうかは不明なままだ・・・。
 

こちらが久々に食べた「丸醤屋」の定番のラーメン。麺かため、スープこってり、ネギ多目と、私が何時も来来亭で注文するときと同じこだわりで注文。前にも書いたが、この店のラーメンは、味や提供スタイルから見てかなり来来亭を意識していると思われる。
 
麺は極細。スープはこってりにしたのでかなりの量の背脂が浮いている。ネギはあちこちで指摘されているように、多目で頼んだ割には、何と無く普通っぽい量に見える。チャーシューの量も以前より減ったような・・・、これは盛り付け方が違うからそう見えるだけかも。味的には、来来亭もどきだし、個人的にはそれなりに好きな味なので、満足出来たけど・・・。
 
ちなみにテーブルの上には餃子用の「自家製ラー油」の他に「ラーメン用唐辛子」が置かれているので、途中からスープに投入、ちょっと辛めな味にしてスープを二度楽しむ事が出来る。個人的にはニラ辛子とかキムチ何かも用意してくれると嬉しいのだが・・・。
 
今回食べた定食メニューは「キムチチャーハン定食」、ホットペッパークーポン利用で800円。通常価格は950円なのだが、ホットペッパーのクーポンを利用すると全ての定食が800円になるので、通常価格の高い定食を注文する方がお得なのだ。ちなみに普通のチャーハン定食だと通常価格は850円なので、キムチ分が100円と言う計算になる。
 
で、今回初めて食べたキムチチャーハンはこんな感じ。パッと見、普通のチャーハンだけど、具の中にキムチがふんだんに入っている。ただ、チャーハンにキムチが合うのかどうかはちょっと微妙・・・。これはお店の味付け方に寄るのかも知れ無いが。ちなみに以前、信州方面へスキーに行って居た頃に白馬・八方のペンション街の中にあった居酒屋さんの「味噌キムチ雑炊」は凄く旨かった。居酒屋のオーナーが関西出身者と言うことで、味付けが我々の好みにあっていたのかも知れないが・・・。
 
と言うことで、またまた行った「丸醤屋」であるが、毎月ホットペッパーにはクーポンが付いているのでまた行ってしまうかも。

2008年4月15日

二回目の花見も無事に終わりました。今回もおまけ付き?

Filed under: さりげない我家の風景 — 代理人 @ 9:43 PM
 
代理人記録
 
毎年恒例の管理人さん達との花見だが、今年は桜の咲くのがちょっと早かったので予定を早めて先週に、高砂総合運動公園でやったばかり。しかし例年やっている志方の池のほとりでの花見を楽しみにしている方々も多いって事で、この日曜日に例年通りの場所で再び花見大会をやったのでした。
 
こちらがその時の様子。基本的なメンバーは昨年の花見大会(及び、ここ最近ずっと?)と同じメンバー。この日の為に、単身赴任先の東京から帰郷して来た某シェフも参加。確かに、最近では花見の時しか会わなくなりましたね・・・・・。
 
     
ご婦人側サイドから撮った写真はこんな感じ。ちょっと桜の木に神経を注いだので、ご婦人方はカメラの方見て無いですね・・・。この日の天気予報は下り坂と言う事だったけど、夕方まで雨はもったし、桜の花も思いの他、沢山残ってた方じゃ無いかな。まずは目出度し目出度しってとこでしょ。
 
     
流石にご婦人方が多い事もあり、食い物は結構豪華。その中で、一押しはミニコンロ?まで用意して作ったチーズフォンデュ。それに管理人さんの奥さんの揚げたての串カツ。私は噂の?「中華巻き」?を筆頭に、先週と同じくアスパ高砂の手羽辛等を持参。量的に結構ありましたね・・・。どの料理も美味しかったです。ご馳走さまでした
 
こちらは東京から帰郷して来た某シェフのお土産?の紹興酒。個人的には紹興酒は苦手な方だけど、中々飲みやすい紹興酒でした。こちらもご馳走様でした。
 
こちらは宴の後の御片付けの様子。何時もの事ながら、宴の終わりは寂しい物があります・・・。この後、ゴミの焼却を兼ねてミニキャンプファイヤー・・・、等もあって・・・。
 
何時もはこれにて解散なのだけど、この日は、久々に近くでやっていた管理人さんの義兄のお宅にお邪魔する事になり・・・
 
久々に会ったJさんとか、管理人さんも初対面なのに、えらく意気投合したYさんとかもご一緒に遅い時間まで賑やかに過ごさせていただきました。どうもお邪魔しました。
 
こちらはその時にいただいた「金霧島」とか言うお酒。ちょっとオレンジ色した上等・上品なお味でした。
 
てなことで、この日ははっきり言ってちょっと呑み過ぎたようで・・・、家まで送ってもらったのだけど、帰って来て直ぐにダウンしてしまいました。でも昼も夜も上等なお酒をいただいたせいか、今迄の二日酔いに比べると遥かにましだったです。また、来年の花見で盛り上がりましょう!!!
« 前のページ次のページ »

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.