義史のB型ワールド

2008年4月27日

じゅうべえと言う名のお好み焼き屋。トマト入ってます。

Filed under: 麺類と粉もん — 代理人 @ 9:46 PM
 
代理人記録
 
ランチにお鮨を食べに行こうと加古川の某鮨屋に行ったのだが、残念ながら定休日。一気に気分は消沈し、もう何でもエエや、って事になり新規開拓すべく、先日行ったら改装中だった明姫幹線沿いの王将近くにあったオムライス店お好み焼き屋さんに変わったと言う事を耳にしたので、その店に行ってみる事に。
 
こちらが以前、オムライス屋だった後に出来たお好み焼き屋「じゅうべえ」。外から見ただけでは看板を付け替えただけで、基本的には、元のオムライス屋さんの時と変わって無いように見える・・・。
 
店内はこんな感じ。以前のオムライス屋には結局一度も行けなかったので、店内が以前と同じなのかどうかは私には判りません・・・。
 
お店入口にはランチメニューを初め、基本メニューを書いた黒板がお出迎え。
 
     
基本メニューはこんな感じ。パッと見、割りとオーソドックスなお好み屋さんのメニューのようだ。
 
オープンして間も無いと思うのだけど、何故か「新メニュー」が既にあったりもする。
 
ランチメニューはこんな感じ。お好み焼き屋なのに、何故か石焼ビビンバとか日替り鍋とかあるのがちょっと不思議。
 
まず一品目は定番の焼きそばから。ソース焼そばなのだが、ちょっとソース控えめ。テーブル席に用意されていた甘目のソースを若干追加して美味しくいただけました。麺は自家製麺では無く、市販品のような麺だったのがちょっと残念。
 
     
二品目は、新メニューとやらに載っていた「国産やわらか豚トロ」。トマトソースとかもあったのだが、とりあえず無難にタレを指定。ビールが飲みたくなるような一品だ。タレ焼きかと思っていたのだが、タレは別に付いて来た。ただ、このタレは結構濃い味。その為、ちょっと付けただけで、豚の味よりタレの味が強くなってしまう。無難に塩焼きで注文した方が良かったかな
 
近頃、明石のステーキ屋のガーリックライスがお気に入りになっている事もあって、御飯物は、ガーリック焼き飯(しょうゆ味)を注文。〆のつもりだったが、メインのお好み焼きより先に運ばれて来た。しょうゆ味ってことで、中華屋さんの焼飯っぽい味付け。流石にステーキ屋さんのガーリックライスと比べると、何だが、まあ普通に美味しい焼き飯だったかな?
 
メインで頼んだお好み焼きは結局、最後に運ばれて来た。注文したのは、10種類の具が入ったミックス焼きとも言えるじゅうべえ焼き。真ん中に玉子の黄身がどーんとトッピングされているのは一目瞭然であるが、お好み焼きの上に何やら赤い色したものが・・・。よくよく見れば何とトマト!お好み焼きにトマトはちょっと珍しい?もしかすると、ここのシェフは以前やっていた、オムライス屋さんと同じ?
 
10種類の具は、このトマトと玉子の黄身を始め、豚肉、ジャガイモ、もち、イカ、海老、ネギ・・・、後はタコとニンニクチップかな?海苔は具のうちなのかどうか不明。トマトは若干冷たいままだったけど、まあ、違和感無く、あるいは今迄食べた事の無い風味で、普通に食べれた。それ以外は、至って普通にお好み焼きって感じではあったけど、とろとろふわふわ感もあって、中々美味しいお好み焼きだったかな?ヤマダ電機向い側にある「わらい」よりはこちらのお店の方がお薦めかも。

1件のコメント

  1. memo

    コメント by しるさん (@tomiaki) — 2012年1月25日 @ 7:28 PM


RSS feed for comments on this post.

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。